クレジットカードキャッシングVSカードローン借りるならどっちが良い?徹底比較!

クレジットカードキャッシングVSカードローン借りるならどっちが良い?

 

カードローンとクレジットカード、どちらもお金が必要な時にいつでもお金が借りられる便利なカードですが、基本的にカードローンとクレジットカードは別物なので、利用にあたってはその違いを理解しておく必要があります。

 

カードローンとクレジットキャッシングは別物

カードローンはその名の通り消費者金融や銀行で取り扱っているカードローンの事で、お金を借りる事を目的としているカードなので、融資限度額は100万円~1,200万円までのカードローンが有ります。

 

クレジットカードは、ショッピングで利用する事を目的としたカードで、カード自体にショッピング機能とキャッシング機能を付け加える事が出来ます。主たる目的が買い物なので、お金を借りる機能としてのキャッシング枠は、“おまけ”のようなものなので一般的に50万円以下の設定になっています。

 

このキャッシング枠は希望すれば付ける事が出来ますし、不要であれば省く事も出来ます。

 

古くから利用しているクレジットカードは、本来キャッシング機能がついていませんでしたが、キャッシング機能が付けられるようになってからは、本人が知らなくても自動的にキャッシング機能が付くようになったカードが多いです。

 

自分の持っているクレジットカードにキャッシング機能がついているかどうかは、毎月の明細書を確認するとショッピング枠がいくら、キャッシング枠がいくら、今月の利用額はいくらと言うように書かれているので、請求書を見れば分かります。

 

カードローンとクレジットカードの審査の違い

 

カードローンは消費者金融や一部の信販会社、銀行で申込が出来ます。カードローンの審査基準は銀行カードローンとノンバンク(消費者金融と信販会社)は適用される法律が違います

 

ノンバンクのキャッシングは貸金業法の総量規制の対象になり、銀子カードローンは銀行法が適用されるので、総量規制の対象外になります。

 

ちなみに、総量規制はノンバンクが融資をする時「融資限度額は年収の3分の1以内」と言う制限を受けるので、いくら多くても限度額が年収の3分の1を超える事はありません。銀行カードローンは、総量規制の対象外になるので、融資限度額は年収による制限はありません。

 

そのため、銀行は独自の審査基準を持ち、審査に通ればいくらでも融資が可能なので、融資限度額が500万円~1,200万円という高額融資が可能になっています。消費者金融とクレジットカードのキャッシング枠は、総量規制の対象になるので、融資限度額は審査によって決まりますが、いくら多くても年収の3分の1を超える事はありません。

 

クレジットカードの審査は2通り?

クレジットカードは

  1. ショッピング枠
  2. キャッシング枠

があり、それぞれに適用される法律が違います。

 

ショッピング枠の審査に適用されるのは「割賦販売法」という法律です。

 

ちなみに、この法律は健全なクレジット(=分割払い)取引、消費者の利益保護を目的として定められた法律の事で、抽象的ですが、この“健全”というキーワードにおいて、利用限度額が算出されます。クレジットカードの申込時に、年収をベースにした支払可能見込額が計算され、そこから利用限度額が設定されます。

 

支払可能見込額とは、次の計算式から算出されます。

支払可能見込額=(年収・預貯金額)-(生活維持費)-(年間請求予定額)

 

生活維持費とは、「生活維持費の算出方法」という法令によって決められている費用で、その人が生きていく上で最低限必要の費用のことです。

 

 

具体的には

世帯人数 住宅費用が櫃用ない場合 住宅費用が必要な場合
世帯人数1人 90万円 116万円
世帯人数2人 136万円 177万円
世帯人数3人 169万円 209万円
世帯人数4人以上 200万円 240万円

 

世帯人数とは配偶者や家族など一緒に生計を共にしている人数のことで、これを元に支払可能見込額を算出しています。

 

たとえば、年収450万円で賃貸に二人で暮らしている人で、他社からの借入が50万円ある人の場合、支払可能見込額は450万円(年収)-177万円(生活維持費)-年間請求予定額(50万円)=223万円となるので、限度額は最大でも220万円となります。

 

ちなみにリボ払いや分割払いの場合は、この限度額に90%を掛けた金額が枠として設定されるので、220万円×90%=198万円まで利用できる事になります。

 

キャッシング枠の審査は、貸金業法が適用されるので、融資限度額は年収の3分の1以内と言う制限を受けます。

 

カードローンのメリット・デメリット

消費者金融のメリット・デメリット

消費者金融の最大のメリットは、融資が受けやすくスピード審査が可能な事です。

 

急にお金が必要になったときでも、指定時間内に契約が完了すれば、すぐに口座へ振込をして貰えますし、ローンカードが1枚あればいつでも提携ATMからすぐに借りられます。また、土日・祝日でも無人契約機は営業しているので、365日即日融資で借りる事が出来ます。

 

消費者金融のデメリットは、銀行に比べて金利が高いという事です。さらに、借入期間が長くなればなるほど返済総額が増えてしまうので、繰上げ返済などを併用して、できるだけ短期間で返済する事を考える必要があります。

 

銀行カードローンのメリット・デメリット

銀行カードローンのメリットは「低金利」と「安心感」です。

 

消費者金融は銀行にお金を借りて資金源としているため、金利を払わなければならないので、必然的に消費者金融の金利は銀行カードローンに比べて金利は高くなります。

 

「安心感」という面から比較すると、消費者金融はテレビCMなどで有名タレントを使い、イメージ転換をはかっていますが、いまだに払拭されていないところもあります。

 

「消費者金融を利用するのは少しためらいがある」という人がいまだにいる事と比べて、銀行でお金を借りるという事にさほど抵抗感がなく、消費者金融に比べて安心感があるといえます。

 

クレジットカードキャッシングのメリット・デメリット

クレジットカードはショッピング機能だけでなく、希望すればキャッシング枠を設定することが出来ます。

 

「ショッピングで利用する事は多いが、キャッシングで利用した事はない」と言う方もおられますが、このキャッシング枠の使い方が解っていれば、急にお金が必要になった時でも安心です。

 

クレジットカードキャッシングのメリットは、主に以下の2つと言えます。

 

お金を借りる必要がなければキャッシングをする事はありませんが、イベントや冠婚葬祭、車の修理代など、急に現金が必要になった時、キャッシングの審査を受ける時間がないという場合、キャッシング機能があれば、新たに審査を受ける事もなく、すぐにお金が借りられます

 

もう一つのメリットはクレジットカードのキャッシングは、海外旅行などでも現金を持ち歩く必要がなく、現金が必要になった時は一時的にATMからお金を引き出し、日本に帰国後返済するといった事が可能なので、現金を持ち歩かなくても良いというメリットがあります。

 

さらに、クレジットキャッシングは、旅行をするときは、審査を受けなくても一時的に利用限度額を増やすことが出来るので、キャッシング枠が少額になっていても心配する事はありません。

 

一方、「お金を借りる」わけですから、キャッシングには下記のようなデメリットが容易に想像できます。

 

クレジットキャッシングのデメリットは

  • 金利が比較的高めな事や、長期借入には不向き
  • キャッシング枠を頻繁に利用すると信用度が下がる事がある

というようなデメリットがあります。

 

一般的にクレジットカードのキャッシングの平均的な金利は、年利、15.00%~18.00%と消費者金融とほとんど同じですが、クレジットカードによっては20%と法定金利の上限が設定されているところもあります。

 

銀行カードローンの平均金利14.5%前後なので、銀行カードローンと比べると、高い金利で借りる事になります。其の為、長期返済で借りる場合は不向きで、クレジットキャッシングを利用する時は、出来れば一括返済が出来る程度の借入にしておく事をおすすめします。

 

クレジットカードのキャッシング枠は、あくまでも補助的に付帯させている機能なので、キャッシング枠だけを頻繁に利用していると、次に新しくクレジットカードを持とうとする時、審査に通りにくくなってしまう事があります。

 

クレジット会社としては、あくまで補助的な便利機能として附帯させているので、クレジットの機能よりもキャッシングをメインで利用するような人に対しては、信用度が低くなります。

 

カードローンなら、頻繁に利用してきっちり返済する人ほど、信用度が高くなりますが、クレジット会社のキャッシング機能は、便利だからと頻繁に利用することは利用者にとって大きなデメリットになります。

 

まとめ

カードローンはお金を借りるためのカードで、クレジットカードは買い物にもキャッシングにも利用できるという便利なカードですが、どちらのカードもメリット・デメリットがあります。

 

カードローンのメリットとクレジットカードのメリットを理解して利用すれば、日常生活においても、便利なツールとして利用できます。

 

クレジットカードだけで両方の機能を利用する事は、デメリットになる事もあるので、出来る事ならキャッシングはカードローン、ショッピングはクレジットカードと、使い分けする事をおすすめします。


×