学生カードローン「カレッジ」を利用する時に知っておく事

学生カードローン「カレッジ」でお金借りるには?

学生ローン「カレッジ」は高田馬場にある学生ローン専門店で、1977年に設立以来41年の実績を誇る学生ローンの中でも古くから多くの学生が利用してきました。学生ローンを利用する時は「まずどんなローンなのか」を十分に理解したうえで利用する必要があります。

 

学生ローン「カレッジ」について調べてみたので、利用したいと思っている人は参考にして下さい

 

 

「カレッジ」の会社概要

会社名 株式会社カレッジ
略称 カレッジ
法人/個人 法人
所在地 東京都新宿区高田馬場2-17-1伊勢浪ビル305号
電話番号 03-3205-1105
登録番号 東京都知事(8)第01345号
加盟団体 日本貸金業協会会員第000787号

 

基本スペック

「カレッジ」は消費者金融なので、総量規制の対象となり、融資限度額は50万円以下または年収の3分の1以内になります。

 

利用可能額 ~50万円(成人前の学生は10万円以内)
利率 15.0%~17.0%(実質年率)
返済方法 元金返済自由設定方式
担保・保証人 不要

 

また「カレッジ」は未成年の学生でも融資が可能ですが、その場合の最高融資限度額は10万円までになります。ちなみにカレッヂ自体の融資限度額は50万円です。

 

申込条件と必要書類

「カレッジ」の申込条件は、高卒以上の大学生や短大生、予備校生、専門学校生で、アルバイトなどで収入を得ている学生なら申し込みが可能です。

 

ただし、未成年の学生は最大で10万円が限度額になります。

 

必要書類は来店で申し込む場合と電話やインターネットからの申し込み方法で用意する書類が違ってきます。

 

来店申し込み

来店での申し込みの場合は

  1. 学生証
  2. 運転免許証または健康保険証のいずれか

(免許証の交付を受けていない学生や、健康保険証が用意できない場合は「カレッジ」に電話を掛けて、別途本人確認書類について問い合わせしてみましょう。

 

「カレッジ」の営業時間は、平日10:00~18:00.土曜日は10:00~14:00の間に来店して申し込みをしなければなりません。第二、四土曜日と日曜祝日は休みなので、営業時間に注意する必要があります。

 

電話またはWEBからの申し込み
  1. 学生証
  2. 免許証・保険証のいずれか1点(ない場合は、パスポート+住民票でもOKです。)
  3. 銀行のキャッシュカード
  4. 公共料金の領収書又は請求書

(電気、水道、ガス、NHKの受信料などの領収証や請求書がない場合は、クレジットカード、アパートの契約書などがあれば可能です)

 

電話やWEBから申し込む場合は、審査が通った事を確認した後、書類送信フォームがあるので、そちらから必要書類を送信します。確実に融資を受けるためにも送信完了後は「カレッジ」へ電話を入れて、書類が届いているかを確認しておきましょう。

 

申込方法

「カレッジ」の申し込み方法は、

  • WEBで申し込む方法
  • 来店での申し込み方法
  • 電話での申し込み方法

から選ぶことが出来ます。

 

WEB申し込みは全国どこからでも24時間365日いつでも申し込みが出来ます

 

即日融資は可能?

どうしても今日中にお金が必要という場合「カレッジ」は即日融資に対応しているので心配する事はありません。来店申し込みの場合は、必要書類を持っていけばすぐに審査を受けることが出来るので、即日融資で借りる事が出来ます。

 

WEB申し込みや電話での申し込みをした場合は、申し込み完了後に「カレッジ」へ電話を入れて、確認をする必要があります。申し込み完了後は審査が行われるので、審査を通っていれば、書類の送信フォームから必要書類を送ります。

 

平日の14:20までに必要書類が確認できれば、当日振り込みでお金が借りられます。

 

返済方法

「カレッジ」の毎月の返済日は、自分の都合の良い日を指定することができます。返済金額は「最低お利息をご入金いただければ、元金は自由返済です」となっているので、無理のない返済をする事ができます。

 

ただし、返済期間が長くなればなるほど、利息を含めた総返済額が多くなってしまうので、少しでも早く完済することをおすすめします。

 

「カレッジ」の返済方法は、銀行振込や現金書留なら来店不要ですし、カレッジカードを作ればカードを使ってセブン銀行ATMから融資や返済が可能になります。

 

学生ローン「カレッジ」のメリット

一般的に学生ローンの場合、借り入れや返済は振り込みや来店での利用が普通です。

 

専用ATMがある

カレッジは学生ローン業者の中でも、唯一専用ATMを店舗内に設置しています。つまり、希望すればATM専用のローンカードが発行されますが、利用は来店できる学生に限定されるものになります。

 

ただ、ATMは365日午前7:00~午後23:00まで残高照会や追加融資、返済が可能で、ATM手数料も無料という充実したサービスが学生の人気を集めているようです。

 

新カレッジカードならセブン銀行ATMの利用が可能

来店できる学生ならローンカードを発行してもらえれば専用ATMが利用できますが、地方に住んでいる学生の場合はローンカードが利用できないため、利便性がかなり悪くなります。

 

「カレッジ」は平成29年4月より自社のATMの提供に加え、全国のセブン銀行(セブンイレブン)でもATMの利用が可能になっています。

 

現在、消費者金融の中でコンビニATMが利用できるのは大手消費者金融のサービスですが「カレッジ」もセブン銀行ATMで借り入れや返済が出来るようになったので、新カレッジカードがあれば、地方の学生でも便利なコンビニキャッシングが出来るようになっています。

 

ただし、利用はひとまず現在カレッジカードを利用中の学生は優先的にセブン銀行でも使えるカード「新カレッジカード」に切替えてもらえるそうです。手続きはインターネットで簡単にできますし、手元にあるカレッジカードがそのまま使えるので安心です。

 

注意が必要なのは、「カレッジ」専用ATMの利用手数料は無料ですが、セブン銀行ATMを利用する時は、1万円以下は108円、1万円以上は216円の利用手数料が必要になります。大手消費者金融の提携コンビニATMも同じ利用手数料が必要なので、仕方がない事かもしれません。

 

まとめ

学生ローンを取り扱っている業者の多くは中小消費者金融です。そのため大手のような自動契約機を設置しているとか、会員サービスも充実していない業者がほとんどです。

 

その中でも学生ローンの「カレッジ」は、自社ATMを持っているので夜間や休日にでもキャッシングや返済が可能という利便性に優れています。また、基本金利は17.0%なので、大手消費者金融より有利な借入ができます。

 

「カレッジ」は社会人になっても引き続き取引できるので、大学を卒業したからといって解約する必要はありません。新しく大手消費者金融へ申し込みをする事を考えた場合「カレッジ」の契約をそのまま残しておく事をおすすめします。


×