ビジネスローン一覧比較:即日審査可能なおすすめローンはどこ

ビジネスローン比較!即日審査可能なローンは?

 

事業をしている人にとって、悩みの種は資金調達や資金繰りではないでしょうか。予定していた入金が遅れたため、急いで資金を調達しなければならなくなったり、思ってもいなかった親会社が倒産してしまったりすると、お金に余裕が有れば何の心配もありません。そうなってしまうとお金をすぐに用意しなければなりません。

 

公的機関や銀行からの融資が受けられれば一番良いのですが、公的機関で借りるには時間がかるのですぐには間に合いません。また、銀行で借りようと思うは審査が厳しく、こちらも簡単には融資してもらえません。

 

公的機関や銀行でなくても、今すぐ資金が必要と言う時は、ビジネスローンや事業主ローンの利用を検討する事をおすすめします。

 

ビジネスローンや事業主ローンは銀行と違い、無担保、無保証人で借入が可能で、早ければ申し込みをしたその日に融資が受けられるビジネスローンもあります。

 

ビジネスローンは銀行や信販会社、消費者金融で取り扱っています。それぞれに特徴が有り、メリット・デメリットが有るので、それらをよく理解してから申し込み先を決める事が大切です。

 

 

≪目次≫

  1. ビジネスローンとは
  2. ビジネスローンのメリット
  3. ビジネスローンのデメリット
  4. ビジネスローンの選び方
  5. 銀行カードローンも選択肢のひとつ
  6. まとめ

 

 

ビジネスローンとは

一般的なカードローンは、個人を対象にした金融商品で、利用目的は基本的に自由なので何に使っても問題ありませんが、例外として、利用目的が投資やギャンブル、事業目的の利用は出来ない事になっています。そのため、中小企業の経営者や個人事業主が、事業資金として一般的なカードローンを利用する事は禁じられています。

 

一方、ビジネスローン(事業者ローン)は、事業者だけを対象とした金融商品のことを指します。基本的に事業目的の融資は、銀行が得意とする金融商品ですが、ビジネスローンは銀行だけでなく、ノンバンク(消費者金融や信販会社)の事業主ローンもあります。

 

ノンバンク系のビジネスローンは一度契約を済ませておけば、限度額の範囲内なら何度でも借入が出来るので、緊急でお金が必要になっても心配する事はありません。

 

ビジネスローンのメリット・デメリット

ビジネスローンのメリット

ビジネスローンは他の融資方法に比べ、メリットとなるのは、なんといっても、即日融資で資金が用意できるところもあるという事で、審査も迅速で、無担保・保証人無しで融資が受けられ、最短、即日融資が実行されるといった点から、銀行融資と比べると、非常に利便性は高いのがメリットです。

 

審査スピードが早く、即日融資も可能

審査の速さは業者によって違いがありますが、ビジネスローンの審査は、他の融資方法と比べると非常に早く、最短60分程度、遅くても3営業日以内に融資が受けられるというビジネスローンが多いです。

 

なお、融資された資金は、口座へ振り込みをして貰えることや、カードを使って提携コンビニATMなどから即座にお金が引き出せるようになります。

 

無担保・無保証で借りられる

ビジネスローンは、銀行融資や不動産担保ローンと違って、担保や保証人を用意する必要がありません。その代わり、利用限度額は、利用者の信用度にもよりますが、数百万円程度が限度です。

 

それ以上の資金が必要であるならば、ビジネスローンではなくて、不動産担保ビジネスローンなど、別の融資制度の利用を検討する必要が有ります。

 

資金の使い道は自由

ビジネスローンは、経営者の方が利用する事業性資金のためのローンなので、事業に使う資金であれば、具体的な利用目的は問われません。運転資金や季節資金として、自由に使うことができるという自由度は、ビジネスローンのメリットのひとつです。

 

総量規制の対象外

ビジネスローンは総量規制の「例外項目」にあたるので、審査で返済できると判断すれば年収の3分の1以上の借入も可です。

 

たとえば、審査で返済余力があると判断されれば、年収が300万円もいかなかった場合でも100万円以上の融資が可能になる場合もあります。

 

ビジネスローンのデメリット

メリットだけ見ると「使い勝手」が非常によいビジネスローンですが、当然、裏にはデメリットも潜んでいます。

 

金利が高い

ビジネスローンは、公的融資や銀行融資に比べると金利が高めに設定されています。

 

金利の高さはビジネスローンの最大の弱点で、「年利4-~18%、審査により決定」と表示されている場合が多いのですが、実際の適用金利は、利用者の信用度審査によって決定されます。

 

上限金利ぎりぎりの金利にされてしまうことも多く、特に、初回の契約時は、ほぼ金利の上限金利になると思っておいた方がよいでしょう。

 

融資可能額は利用限度額ではない

キャッシング会社にもよりますが、融資の上限は500万円程度と銀行融資に比べると少ない額です。ただし、お金が借りられるのは、この上限額いっぱいで借りられる訳ではない、というところに注意が必要です。

 

いくら融資してもらえるかは、利用者の返済能力、事業規模、必要運転資金額などから総合的に判断されるので、最大融資限度額が500万円となっていても、実際の融資限度額はそれより低くなるのが一般的です。ですから、借入希望額より減額されることもありますし、結果的に、必要金額に満たない場合もあります。

 

ビジネスローンの選び方

ビジネスローンの借入先を決める時、それぞれのビジネスローンを比較してから申し込み先を決める事が重要です。

 

比較ポイントは

  1. 融資条件や融資対象者
  2. 担保・保証人の有無
  3. 融資までのスピード
  4. 金利の比較
  5. 融資限度額
  6. 融資期間や返済回数
  7. 借入方法と返済方法

などを比較検討する事が大切です。

 

 

融資条件や融資対象者

ビジネスローンは銀行系やノンバンク系など、多くの申し込み先がありますが、融資条件や融資対象者に該当するかの確認が必要です。

 

また、ビジネスローンは、法人名義での契約や個人事業主での契約など様々ですが、申し込み者(代表者)の年齢制限や業歴1年以上と言うような条件設定になっていることもあるので、貸付条件を確認しておく必要があります。

 

特にビジネスローンは「個人事業主向け」、「経営者向け」という表記がされていますが、あくまで代表者や経営者の個人での申し込みに対応しているので、法人名義で申し込みむ時は、法人名での申し込みが可能かどうかも調べる必要があります。

 

担保・保証人の有無

ビジネスローンは、基本的に担保や保証人が不要であることですが、法人での契約の場合は代表者が連帯保証人となることがあります。

 

しかし、新たに第三者を保証人にする事もなく申し込みが出来るので、自社でローンを完結させることが可能です。

 

融資までのスピード

自己資金が不足しがちという場合は、申し込みからどれぐらいの時間で融資を受けられるのかが極めて重要になります。銀行や公的機関では、融資までに数週間から数ヶ月かかることもありますが、ビジネスローンの場合は、最短即日から数日間で手続きを完了させることができます。

 

ただし、個人向けのカードローンと異なるのはビジネスローンへの申し込みには本人確認書類の他にも用意しなければならない書類があり、決算書類や確定申告書などの資料を用意する必要があります。

 

書類の準備などに時間を取られていては、審査時間に影響を受けるので、申し込み前に書類を用意しておくことがポイントです。また、契約機や店舗がない金融業者で融資を受ける場合は、契約書やカードが郵送となるため、時間ロスも計算する必要があります。

 

金利の比較

多くのビジネスローンは上限金利が年率18.0%に設定されており、消費者金融の個人向けカードローンと変わりません。

 

金利を比較する時のポイントは、上限金利で比較する事がポイントですが、下限金利も抑えておく必要があります。なぜなら、ローンの利用実績や借入額が大きくなると、金利を低く借入する事も可能になるからです。

 

融資限度額

法人向けのビジネスローンは、個人向けのカードローンよりも高い融資限度額となっています。ビジネスローンは、最大融資額を500万円から1,000万円に設定しているところも多く、事業規模によってどれくらい融資が必要なのかを把握しておくことが大事です。

 

事業性を主とした融資は、「融資限度額は年収3分の1以内」という総量規制の対象にはならないので、限度額に規制される心配はありません。

 

融資期間や返済回数

基本的に返済期間が短ければ短いほど、金利を抑えることができます。しかし、事業資金は金額が大きくなる事もあり、できるだけ長期間でゆとりを持って返済したいと思いますが、借入期間の間は利息が発生します。

 

ただ、自身で資金計画を立てて、繰り上げ返済などを利用して、早めに返済すれば余計な利息を減らす事が可能です。

 

借入方法と返済方法

コンビニや銀行に設置されている提携ATMからローンカードを使って借入や返済ができると大変便利システムになっています。一般的に、提携ATMを利用するには手数料が必要になります。出来る事なら、ATMの利用手数料が無料で使えるカードローンをおすすめします。

 

また、多忙な経営者にとっては、銀行口座への振込融資が可能かという事も重要ポイントの1つになります。

 

銀行カードローンも選択肢のひとつ

銀行カードローンは、基本的に事業性資金を用途として利用できませんが、事業主の生活費の補てんに使うのであれば何の問題もありません。

 

個人のお金を事業にお金をまわしているせいで生活が困窮している場合、事業資金ではなく生活資金で借りる、という考え方もあります。

 

おすすめの銀行カードローン

オリックス銀行

カードローン

三菱UFJ銀行

カードローン

三井住友銀行

カードローン

700万~800万円 1.7%~4.8% 4.0%~4.5%
600万円~700万円 3.5%~5.8% 4.5%~5.0%
500万円~600万円 5.0%~6.0%
400万円~500万円 4.5%~8.8% 1.8%~6.1% 6.0%~7.0%
300万円~400万円 6.1%~7.1% 7.0%~8.0%
200万円~300万円 5.0%~12.8% 7.1%~9.6% 8.0%~10.0%
150万円~200万円 9.6%~12.6% 10.0%~12.0%
100万円~150万円 6.0%~14.8%
100万円
100万円未満 12.0%~17.8% 12.6%~14.6% 12.0%~14.5%

 

などが有り、高額融資になればなるほど、金利が下がるというメリットが有ります。

 

たとえば、300万円の借入した場合、オリックス銀行カードローンは5.0%、三菱東京UFJ銀行カードローンは7.1%、三井住友銀行カードローンは8.0%なので、ビジネスローンの18.0%と比べると、いかに低い金利かがよくわかるはずです。

 

まとめ

ビジネスローンは公的機関の融資や銀行で事業資金を借りるという事は、時間もかかりますし、審査も厳しくなります。ビジネスローンは借り易いというメリットが有りますし、即日融資で借りられる商品もあります。しかし、ビジネスローンは金利が高く、長期で利用するには適していません。

 

ビジネスローンは公的機関や銀行の事業資金が借りられるまでの、つなぎ融資と考えるべきです。融資が必要になったら、手遅れになる前に、公的融資→銀行→ビジネスローンの順番で検討する事をおすすめします。

関連ページ

アコムの返済を滞納してしまった。時効はある?払えなくなった時どうすべきか?
プロミスの返済を滞納してしまった。もう借り入れできない。そんな時どうする?
レイクの返済を滞納してしまった。差し押さえはある?延滞の電話や裁判について
アイフルの返済を滞納してしまった。督促状はくる?そんな時どうすべきか?
モビットの返済を滞納してしまった。もう払えない。督促状が!そんな時どうすべきか?
NHK受信料は払わなくていい?差し押さえは?契約解除の方法とは?
借用書の書き方│知って損なし!公正証書の作成手順
国民健康保険料を滞納し続けるとどうなる?徹底調査!
リボ払い地獄対策方法│地獄に落ちないために知っておきたいこと
学生が国民年金保険料を免除するには?
教育ローンをおすすめ低金利で借りるか奨学金を借りるか、どちらが良い?
自動車ローンの盲点とは?損しないために押さえるべきこと
失業保険受給中にアルバイトはできるの?その条件は?
つなぎ融資とは?金利の安い銀行の選び方
生活福祉資金貸付制度の審査条件とは?申し込み方法やメリット・デメリット
水道代を滞納してしまった。督促状が!時効はある?そんな時どうすべきか?
電気代を滞納して止まってしまった。払えない。。そんな時どうすべきか?
ガス代を滞納してしまった。停止予告はある?供給停止に!そんな時どうすべきか?
家賃を滞納してしまった。立ち退きさせられる?そんな時どうすべきか?
クレジットカードの返済を滞納してしまった。裁判はある?期間は?そんな時どうする?
自動車税を滞納してしまった。車検はできる?廃車にする?そんな時どうすべきか?
市民税・住民税を滞納してしまった。差し押さえられる?そんな時どうすべきか?
ソフトバンクの携帯料金を滞納してしまった。そんな時どうすべきか?
auの携帯代を滞納してしまった。そんな時どうすべきか?
ドコモの携帯代を滞納してしまった。いつ止まる?そんな時どうすべきか?
介護保険料を滞納してしまった。差し押さえられる?そんな時どうすべきか?
住宅ローンを滞納してしまった。差し押さえ、競売、、そんな時どうすべきか?
WOWWOWの視聴料を滞納してしまった。そんな時どうすべきか?

×