バンクイックのおすすめ返済方法&返済額についてよくある質問

バンクイックのおすすめ返済方法&返済額について

 

「毎月きちんと返済しているのに、なかなか元金が減らない」と思っていませんか?そんなあなたは、かなりしている可能性大です!

 

カードローンの返済は、いつもの返済額をいつもの日に返せばいいと思っている人が多いと思います。でも実は、ちょっとしたコツを押さえることで、もっと効果的に返済できるんです!

 

たとえば、いつもATMで返済しているなら、口座振替に変更するだけで、毎月のひと手間を省くことができます。

 

「なかなか元金が減らない」と悩んでいる人は、返済額を少しアップするだけで、利息負担を大きくカットできます。

 

バンクイックで借入した時には知らなかった、返済で損をしないためのノウハウを紹介していきます。

 

≪目次≫

  1. バンクイックの返済方法は
  2. バンクイックの返済額は
  3. バンクイックの返済が遅れたら
  4. まとめ

 

 

バンクイックの返済方法は

都合に合わせて選べる3つの返済方法

三菱UFJ銀行のカードローン「バンクイック」は、3つの返済方法の中から自由に選ぶことができます。

 

自動支払い(口座引き落とし)

三菱UFJ銀行の普通預金口座から、返済期日に自動で引き落とされます。

 

ATMでの返済

三菱UFJ銀行だけでなく、提携コンビニATMでも返済が可能です。
利用手数料および時間外利用手数料はかかりません。

 

振り込みによる返済

インターネットから簡単に振り込みできます。

 

3つの返済方法のメリットとデメリット

返済方法 メリット デメリット
自動支払い(口座引き落とし) 引き落とし日(返済期日)を自分で決められる。毎月自動で引き落とされるので、うっかり返済し忘れることがない 「自動支払依頼書」を郵送するなど、手続きが面倒。口座残高が足りないと返済ができない。
ATMでの返済 手数料無料。コンビニなど、近場で返済できる。「35日ごとの返済」と「毎月指定日」から選べる。 毎回ATMに足を運ばなければいけない。ATMが利用できない時間帯は、返済ができない。
振り込みによる返済 時間や場所を選ばずに返済できる。インターネットバンキングの場合、手数料無料になることがある。 振込手数料がかかる。15時以降の振込は翌営業日扱いになる。

 

おすすめの返済方法

どの返済方法を使うのがベストなのかは、それぞれの生活習慣や好みによって変わってきます。ですが、返済を続けていくうえで一番大切なのは、毎月遅れずに返済することです。

 

確実に返済するために最もおすすめなのが、「自動支払い」です。忙しい毎日を送っていると、支払い期日をうっかり忘れてしまうものです。返済を忘れがちな人や、毎月支払い手続きをするのが面倒な人は、「自動支払い」を利用できます。

 

中には、カードローンを利用していることを家族に知られたくないという人もいるでしょう。通帳にバンクイック利用の履歴を残したくない場合や、余裕がある時は多めに返済したい人は、「ATMでの返済」がおすすめです。

 

バンクイックの返済額は

毎月の返済額は自由に決められる?

月々の返済額は、最少返済額以上であれば、自由に決めることができます。

 

 

最少返済額の例
借入残高 最小返済額
10万円以下 2,000円
10万円超~20万円以下 4,000円
20万円超~30万円以下 6,000円
30万円超~40万円以下 8,000円
40万円超~50万円以下 10,000円
50万円超 返済日時点の借入残高10万円ごとに2,000円ずつ増加

 

たとえば、バンクイックでの借入残高が8万円なら、最少返済額は2,000円です。借入残高が31万円なら、最少返済額は8,000円になります。

 

最少返済額が最低ラインなので、それ以上の金額ならいくらでもOKです。

 

お金に余裕がある時はたくさん返済できる?

ボーナス月や、臨時収入が入った時など、お金に余裕がある時にはたくさん返済できます。毎月の最少返済額より多めに返済することを、「繰り上げ返済」といいます。

 

毎月の返済額を抑えることも大切ですが、できるだけ積極的に「繰り上げ返済」をすることで、利息負担をグーンと減らすことができます!なぜなら最少返済額で返済を続けると、返済期間が長くなり、その分多くの利息をはらうことになるからです。

 

 

たとえば、20万円を年利14.6%で借入したとします。
借入金額 借入利率 毎月の返済額 返済期間 利息の総額
20万円 14.60% 5,525円 4年 65,200円
9,659円 2年 31,816円
18,013円 1年 16,156円

 

返済期間が長いほど、利息負担が増えることがわかりますね。「繰り上げ返済」を続ければ、返済期間を短縮することができ、本来払うはずだった利息をカットすることができます!

 

注意点⇒自動支払いで返済している場合、最少返済額以上の引落しはできません。
「繰り上げ返済」したい時は、返済期日以外の日に、ATMか振込で返済できます。

 

返済額の残高はどうやって確認する?

次回返済額や、残高はWEBでいつでも確認できます。バンクイックの「専用会員ページ」にログインすれば、次回返済金額や利用残高、次回返済日の照会等が簡単にできます。

 

残高が少なくなってきたら、「一括返済」をするのもおすすめです!バンクイックで「一括返済」をするのはとても簡単で、「繰り上げ返済」と同様、ATMまたは振込で返済できます。

 

「一括返済」をする場合、支払い期日まで待つ必要はありません。利用残高をすべて返済できるお金が手元にあるとき、すぐに返済できます。

 

注意点⇒利息は日割りで計算されるので、返済をする時は、必ず当日に利用残高を確認しましょう。コンビニATMは硬貨に対応していません。返済額に1,000円以下の端数が含まれている場合は、三菱UFJ銀行のATMもしくは振込で対応できます。

 

バンクイックの返済が遅れたら

バンクイックの返済が遅れそうな時できること

いつもはきちんと返済しているけど、今月はどうしてもお金が足りない……という時には、どうしたら良いのでしょうか。

 

そのままスルーするのではなく、必ず電話で返済が遅れる旨を連絡しましょう。

 

電話では、ただ遅れることを伝えるだけでなく、具体的にいつなら返済できるのかを申告します。返済期日を伸ばせるかどうかの判断はバンクイック側にかかっていますが、今まで一度も返済遅れがないなら、融通をきかせてもらえるかもしれません。

 

返済についての相談窓口:0120-09-5919
受付時間:平日9:00~21:00・土日祝9:00~17:00

 

電話をする前に、手元にカードを用意しておくとスムーズに進みます。

 

返済期日を過ぎてしまった時の対処法

うっかりしていて、気づいた時にはすでに支払い期日を過ぎていた場合にも、まずは連絡を入れましょう。

 

大切なのは、「支払うつもりがある」という姿勢を見せることです。電話をすることで誠意を見せられるだけでなく、もしも返済額が負担になっているなら、返済額の見直しについて相談に乗ってもらうことができるかもしれません。

 

返済が遅れる旨を連絡したら、なるべく早く返済しましょう。いつもは自動引落しを選択している人でも、遅延後の返済は、振込かATMからの返済に限られています。なぜなら、返済遅延をした場合、通常の返済額に遅延損害金がプラスされるからです。

 

遅延損害金は、返済期日を過ぎた時点で自動的に発生します。ですから、遅延分を返済する時には、遅延損害金を含めた金額を振り込むことになります。会員ページで遅延損害金を含めた支払額を確認できるので、きちんと確認してから返済しましょう。

 

返済が遅れたら、信用情報にキズがつくのか

返済が遅れたら、「返済遅延」として信用情報に記載される可能性があります。ただし、一回だけ返済遅れをしただけでブラックリストに載るわけではありません。

 

返済を遅れることは確かにマイナス要因になりますが、1,2回の返済遅れのせいで、新たな審査に通らなくなる、ということはないでしょう。やむを得ず返済遅延したとしても、その後の返済がきちんとしているなら、「なにか事情があって返済できなかったのだろう」と配慮してもらえると考えられます。

 

しかし、頻繁に返済遅延をしていると確実に信用情報にキズがつきます

 

たとえば返済の予定日から2ヵ月以上支払いを無視すると、いわゆるブラックとみなされます。こうなると信用情報にキズがつくだけでなく、現在利用中のカードについても、利用枠の縮小、最悪の場合には利用停止になる可能性があります。

 

利用停止になっても、もちろん返済は続けなければなりません。返済遅延は小さなことではなく、今後の借入に大きな影響を与えることを意識しておきましょう。

 

まとめ

カードローンの返済は多くの場合長期にわたるので、なるべく負担なく、かつ効果的に返済できるのが一番です。

 

利息負担を効果的にカットするために、毎月の返済額をなるべく多めに設定する、またはお金に余裕があるときに「繰り上げ返済」するのがおすすめです。もちろん、生活を圧迫しない程度の返済額というのが大前提です。

 

そして、残高が少なくなってきたら、「一括返済」も検討できます。一括返済に最適なタイミングを見逃さないように、定期的に残高をチェックするといいですね。

 

バンクイックのローンを賢く返済するコツは、受動的に返済を続けるのでなく、何かしらのアクションを起こすことです。自分の力で利息負担を減らせた!という実感があると、無駄な出費を減らして、一括返済を目指そう!というポジティブな感情が出てきます。

 

一日も早く完済するため、返済額の見直しをおすすめします!


×