「アロー」は大丈夫?金利、審査、口コミ評判スペック情報

「アロー」の金利、審査、口コミ評判スペック情報

「キャッシングのアロー」を展開する株式会社アローは愛知県名古屋市に本店を置く消費者金融です。個人向け融資と借り換えローンを主力商品としています。

 

会社名 株式会社アロー
略称 アロー
法人/個人 法人
事業内容 消費者金融業
所在地 愛知県名古屋市中川区高畑2-144高畑KMビル5階
電話番号 052-353-9900
登録番号 愛知県知事(3)第04195号
加盟団体 日本貸金業協会会員第04195号

 

個人向け融資も借り換えローンもネット申し込みに特化しているのが「キャッシングのアロー」の特徴で、ネット申込を中心に全国展開している中小消費者金融です。

 

アローの商品は

  1. 「フリープラン」
  2. 「借り換えローン」

が有ります。

 

フリーローンの基本スペック

商品名 フリーローン(使途目的は自由)
融資限度額 最大で200万円まで
利率 15.0%~19.94%
返済方式 元利均等返済(1~120回)
担保・連帯保証人 原則不要

 

借り換えローンの基本スペック

商品名 借り換えローン
融資限度額 最大で200万円まで
利率 15.0%~19.94%
返済方式 元利均等返済(1~120回)
担保・連帯保証人 原則不要

 

中小消費者金融の中でも「キャッシングのアロー」は、審査時間は最短45分最短即日融資を実現する優良消費者金融です。

 

 

申込方法

申込方法はインターネット申込が可能なので、店舗へ出かける事なく全国どこからでも申込が可能です。

 

申込の大まかな流れ

パソコン・スマホで申込画面から申込

担当者から申込内容の確認電話があります。

最短45分で電話またはメールで審査結果の連絡があります。

契約が完了すれば最短1時間で指定口座へ振込されます。

 

審査の時間帯や本人の属性によって違いがありますが、借入までの時間は最短でも1時間は必要です。

 

申込には、本人確認書類として運転免許証が必要になりますが、運転免許証がなければ健康保険証を本人確認書類として利用できます。

 

 

返済方法

平成26年からリボルビング方式を取り入れたので、追加融資は限度額の範囲内であれば新たに申込をする必要がなくなりました。

 

返済方法は、銀行振り込みだけになので、大手のようにコンビニATMから返済するという事が出来ません。唯一デメリットと言えるのが返済方法で、返済方法が銀行振り込みだけと言うのは、働いている人にとっては不便な一面があると言えます。

 

提携コンビニATMなら24時間いつでも返済が出来ますが、キャッシングアローの場合、返済は期日よりも余裕を持っておく必要が有ります。本来予定していた日に銀行にいけなかったため返済が遅れてしまうと、電話連絡(事務的な確認の電話)がかかってくるので返済遅れには注意が必要です。

 

「審査で可決か秘訣はどこで決まる?」

キャッシングアローの審査は、何段階にもわかれているようです。具体的には、申込みがあれば、すぐ独自審査が行われます。その後に、電話でのヒアリング審査があり、それが終わると会社への在籍確認の連絡があるので、在籍確認があれば可決と考えてもよいようです。

 

ちなみに、口コミ情報では、キャッシングアローの場合、書類を送付する段階でもう借り入れは可決されているそうです。ただし、書類の内容と申告した内容が違う場合は、否決となる事もあります。もし審査の結果否決という場合は、ヒアリングによる本人への連絡がそもそもこないというのが通常のようです。

 

そして次の段階で振り分けられるのはヒアリングです。この時には身分証明書(免許証や保険証など)や給与明細などの年収確認用の書類をFAXで提示するよう求められます。ここでだす書類が完璧ならば、その後に否決されてしまうということは少ないようです。

 

この場合の完璧というのは、安定した収入がある事や、確定申告書など、年収が有る事を証明できる書類が用意できるという事で、この部分をクリアして在籍確認の段階まで進んだ場合、よほどの事がない限り、審査に通る可能性は高いと思って間違いありません。在籍確認は最終的なもので、文字通り「確認する」というだけで行われるようです。

 

金融ブラックでも借りられる?

株式会社アローは「過去に自己破産・債務整理された方もまずはご相談下さい」と公言しています。

 

金融ブラックになってしまうと、大手の消費者金融なら即審査落ちですが、このように公言しているのはあまり例のないことです。

 

現在、申込はホームページからのみの受付けになっており、電話での申込は出来ません。アローによると、過去に金融事故のあった方は、『備考欄』にその事を記載すると、審査がスムーズになるとの事です。

 

但し、現在他社の支払が遅れている場合や、無職、健康保険に未加入、未成年及び71歳以上の方、確定申告等年収証明が提出できない自営業の方は、残念ながら契約出来ません。

 

ただ、申込者が過去に延滞や債務整理をしたことが有るとしても、現在の生活状況や収入状況によっては積極的に貸出しをしているので「金融ブラックになっているからダメだろう」と決めずに、一度申込をしてみる事をおすすめします。