「レイク」から「レイクALSA」へ、気になる総量規制の影響は?

「レイクALSA」気になる総量規制の影響は?

 

2018年より新生銀行カードローン「レイク」は新しく新生フィナンシャル株式会社の「レイクLASA」として再び消費者金融としてサービスを始めるようになりました。

 

「レイク」から「レイクALSA」へ移行したことで、大きく影響するのが総量規制です。総量規制で「レイク」と「レイクALSA」がどう変わったのかを紹介します。

 

 

≪目次≫

  1. 総量規制とは
  2. 「レイク」から「レイクALSA」へ、総量規制で何が変わった?
  3. レイクALSAに総量規制の例外貸付はある?
  4. 今後レイクALSAで期待できる事
  5. まとめ

 

 

総量規制とは

総量規制とは返済能力を超えた貸付をしないように消費者金融やクレジットカード会社に規制をかけた法律で、個人の借入総額を年収の3分の1以内と制限を掛けた法律です。

 

例えば年収300万円の人が消費者金融を利用する時の融資限度額は、最大で100万円まで、年収600万円の人なら最大で200万円まで融資もしてもよい事になっています。

 

総量規制は貸付残高の総額なので、業者ごとに年収の3分の1まで借りられるというわけではありません。つまり年収300万円の人が消費者金融で100万円以上の借り入れをしたいと希望しても、それ以上の融資が受けられる事はありません。

 

「レイク」から「レイクALSA」へ、総量規制で何が変わった?

「レイク」は銀行カードローンのため、銀行法が適用されるので総量規制の対象外になっていました。ですから「レイク」へ申し込みをする時、融資限度額は年収に左右されることなく、審査で返済が出来ると判断した場合は、年収に関係なく融資が可能でした。

 

また、総量規制の影響を受けない「レイク」は無収入の専業主婦でも審査に通れば融資が可能でした。

 

「レイクALSA」は消費者金融へ移行したため、総量規制の対象になり、総量規制の「融資限度額は年収の3分の1以内」という制限を受ける事になります。

 

ですから「レイクALSA」では年収の3分の1を超える借り入れはできませんし、すでに他の消費者金融などから借り入れをしている場合はその分、限度額が制限されることになります。

 

レイクALSAに総量規制の例外貸付はある?

消費者金融でお金を借りる時は、すべて総量規制の対象になるのかと言えばそうではなく、総量規制には「除外貸付」や「例外貸付」というような総量の対象外になる貸付けがあります。

 

中でも金融商品としてよく知られているのが例外貸付の「おまとめローン」や「配偶者貸付です。

 

おまとめローン

おまとめローンは複数社からの借り入れを一つにまとめるための商品で、多重債務になっている人のための救済処置として扱われている金融商品です。

 

例えば年収が300万円の人が、複数社から120万円を借入している場合、すでに3分の1を超えている事になります。

 

おまとめローンで1社にまとめたい時、20万円がオーバーしている事になりますが、この20万円については例外規定という事で、審査で返済が可能と判断した場合は融資をしてもよいという事になっています。

 

配偶者貸付

貸金業法の改正前、消費者金融を利用している人は主婦が一番多いと言われていました。消費者金融の改正で総量規制が追加されたことで、消費者金融や信販会社が融資をする時は年収がなければ融資が出来なくなりました。

 

そのため、無収入の専業主婦は総量規制で融資が受けられなくなりました。

 

そこで総量規制では「配偶者と併せた年収の3分の1以下の貸付は可能」というように例外貸付が可能となっているのですが「配偶者貸付」は、主婦(夫)の個人名で申込みはできない事や、配偶者の同意を得なければ申込が出来ないという厳しい条件になっています。

 

この制度を取り入れているノンバンクなら、専業主婦でも融資は受けられますが、審査や調査に時間がかかるので、大手消費者金融は、採算が取れない事から中止、もしくは廃止しています。

 

「レイクALSA」は「おまとめローン」や「配偶者貸付」などの商品は、現在のところ用意されていないので、現状は総量規制の範囲内の融資しか受ける事が出来ません。

 

ちなみに、新生銀行にはカードローン「スマートカードローンプラス」が用意されています。

 

配偶者に収入があれば専業主婦の方でも最高30万円まで借りることができるので、どうしてもお金を借りなければならない専業主婦の方はこちらで審査を受ければ、審査の結果次第で融資を受けられる可能性があります。

 

今後レイクALSAで期待できる事

「レイクALSA」は総量規制の対象になった事は、デメリットととらえる考え方もありますが、むしろ借り過ぎを防いでくれるストッパーと考える事も出来ます。

 

「レイク」から「レイクALSA」へ移行したことで、新たなサービスも開始され、今後はさらに利便性の向上が考えられます。

 

  • 即日融資が可能になった。
  • 選べる2つの無利息期間サービス。
  • スマホ専用アプリ「e-アルサ」のサービス開始。

 

など、「レイク」では自粛せざるを得なかった部分を、消費者金融として多くのサービスが受けられるようになっています。

 

まとめ

一時期銀行カードローンの貸付残高が消費者金融を超えたという時期がありましたが、そのため過剰融資が問題なり、銀行の自主規制が行われるようになったため、銀行カードローンのメリットは「銀行」という名前だけになってしまいました。

 

キャッシングを利用したいという人は、お金の工面に困っていて、出来るだけ早く借りたいという場合がほとんどです。一部のカードローンは即日融資が可能でしたが、現在はそれも期待できません。

 

即日融資が可能なのはレイクALSAやプロミス、アコム、アイフル、SMBCモビットというような貸金業者だけになってしまいました。「レイク」から「レイクALSA」への移行したのは、総量規制の対象になっても、それ以上に、消費者金融の方にメリットがあると判断したからなのかもしれません。


×