実際に利用した人の口コミで分かるレイクの評判

レイクの口コミ評判は?体験談から見えてきたこと

新生銀行カードローン「レイク」は新しく新生フィナンシャル㈱の「レイクALSA」としてサービスを開始しました。

 

「レイク」でカードローンを利用していた方はそのまま「レイクALSA」へ引き継がれますが、銀行カードローンから消費者金融へと変わった事で、WEBサイトや口コミなどでも多くの書き込みが見られます。

 

口コミの中にはよい評価をしている書き込みや、悪い評価をしている書き込みも見られますが、ある報告によると86%の人が満足していると回答しているようです。

 

「レイクALSA」の情報や実際に利用した人の声などを紹介しますので参考にして下さい。

 

 

≪目次≫

  1. レイクALSAとは
  2. レイクALSAの商品概要
  3. レイクALSAのメリットデメリット
  4. まとめ

 

 

レイクALSAとは

「レイク」は1975年に消費者金融業「株式会社パーソナル。リース」から社名を「株式会社レイク」に変更したのが始まりです。消費者金融から2011年に新生銀行カードにすべてを譲渡し、銀行カードローン 「レイク」に生まれ変わりました。

 

今回、銀行カードローン「レイク」から消費者金融の「レイクALSA」として新生フィナンシャル㈱の商品として新たなスタートを切りました。

 

「レイクALSA」の名前の由来は、新生銀行カードローン のころから培ったブランド名「レイク」の名称に、「Agility=はやい」「Linked=つなげる」「Security=あんしん」「According to our vision=私たちのビジョン」の頭文字をとって「ALSA」を組み合わせたものです。

 

レイクALSAの商品概要

融資限度額 1万円~500万円まで
貸付利率(実質年率) 4.5%~18.0%
申込条件 満20歳~70歳(国内居住の方)
遅延損害金(年率) 20.0%
ご返済方式
  • 残高スライドリボルビング方式
  • 元利定額リボルビング方式
ご返済期間・回数 最長8年・最大96回
担保・保証人 不要

 

銀行カードローン「レイク」と消費者金融「レイクALSA」の商品概要で商品スペックや金利、返済方法などはそのまま引き継いでいます

 

大きく違うのは、銀行カードローン「レイク」の場合は「保証会社の保証が受けられる方」というのが申し込み条件の一つになっていましたが、「レイクALSA」はこの条件がなくなりました。

 

ですから、安定した収入があればパートをしている主婦やアルバイトをしている学生でも申し込みがしやすくなったと言えるでしょう。

 

レイクALSAのメリット・デメリット

 

「レイク」から「レイクALSA」に変わった事で銀行カードローンでは出来なかったメリットがあれば、消費者金融になったためのデメリットもあります。

 

 

レイクALSAのメリットは

2種類の無利息期間はそのまま

「レイクALSA」のメリットは、「レイク」で利用出来た2種類の無利息期間サービスがそのまま利用できる事です。

 

一つは、借入金額が全額30日間無利息で利用できるサービスと、5万円までの借入金額なら180日間無利息サービスのどちらか一つが選べるというサービスです。

 

無利息期間サービスを設けている消費者金融の場合、ほとんどが30日間だけ無利息期間サービスとなっていますが、2つの無利息期間サービスから選べるのは「レイクALSA」だけです。

 

借入金額によって無利息ローンをうまく使い分ければ、最終的な返済金額を減らす事が可能です。どちらの無利息サービスを利用するかは、借入金額や返済期間によって変わってきます。

 

迷った時はレイクALSAの公式サイトでシミュレーションができるので、試してみる事をおすすめします。

 

男性 20代

レイクALSAで契約して本当に良かったと思う点は、利息が180日間無料だという点です。わたしの場合は、飲み代などが足りない時に少しだけ借りて、給料が入ったらすぐに返済するというスタイルで利用しています。

 

毎回すぐに返済するのですが、その度に利息を支払っていては利息だけでものすごい金額になってしまいます。

 

その点レイクALSAさんは、すぐに返済すると利息が不要なので本当に重宝しています。飲み代以外にも、旅行などや買い物などをし過ぎて現金が足りなくなった時などにも、ちょいちょい利用しています。

 

当然そのような時も、その後給料が入ったら速やかに返済するようにしていますので、本当に便利だと思っています。

 

 

即日融資が可能になった

銀行カードローン「レイク」は午後2時までに手続きを完了していれば即日振込みが可能でしたが、2018年から審査内容が厳しくなったため、即日融資が出来なくなりました。

 

「レイクALSA」はその審査基準に該当しないので、即日融資が可能になりました。

 

パソコンやスマホ、携帯電話から24時間365日いつでも申込みできるので、「日ごろ忙しくて申し込みが出来ない」という方も、会社の隙間時間や自宅に帰ってからゆっくり申し込みすることが出来ます。

 

夜のうちに審査の申し込みを済ませておけば、翌日の昼までに審査回答がある事や、平日午後2時までに申し込みと必要書類の確認が出来れば、その日のうちに指定口座へ振り込みをしてもらえるので、急にお金が必要になっても心配することはありません。

 

30代女性

前から友人と約束していた旅行があったのですが、資金が少し足りなくて、30日間無利息サービスを利用してレイクALSAから借りました。

 

カードローンは初めてだったのですが、あっという間に自動契約機の前で操作するだけですぐに借りられたので、ほんとうにビックリです。

 

借入は10万円でしたが、次の給料が入ったら10万円払う予定なので、実際は無利息でお金を借りられた事になります。

 

レイクの良かったところはすぐ借りられるところ。それが人によってはデメリットかも。30日間無利息も、うまく利用すれば賢い使い方が出来るかもしれません

 

 

スマホATM取引が便利

「スマホATM取引」とは、スマホを使って提携ATMに情報を入力するだけで、ローンカードがなくても借入や返済ができるサービスのことです。最近では「スマホキャッシング」という呼び方をします。

 

「レイクALSA」はスマホアプリ「e-アルサ」をスマホにインストールする必要があります。インストールが完了すればカードレスで、スマホアプリからセブン銀行ATMでお金の借り入れが出来るようになります。

 

スマホアプリが利用できるようになると、契約後はスマホを使って、最寄りのセブン銀行ATMからお金を借りられます。つまり振込時間を気にせず、とにかく当日中に「レイクALSA」の契約を完了してしまえば、深夜でもすぐにATM操作で借入れすることが可能になります。

 

男性 30代

消費者金融のコマーシャルは多いのですが、コマーシャルのイメージが一番よかったのがレイクALSAだったので決めました。私の周りにコンビニは多いのですが、あまり、コンビニATMで消費者金融のカードを出したくないし、家族には言っていません。

 

ですから、スマホアプリの「e-アルサ」はカードを普段持ち歩かなくてもよいのでカードでばれることないので安心して利用しています。

 

また、最初の借入なら3ヶ月間、無利息というのもかなり助かりました。一時的にお金が必要だったのですが、3ヶ月で返済することが出来たので、まったく利息がかからずに借りることができました。

 

特に不満な点はありませんし、それ以降もちょくちょく利用しています。ローンカードが不要という点が使いやすいです。

 

 

レイクALSAのデメリット

融資限度額は年収の3分の1以内

「レイク」の場合は、銀行カードローンだったので、総量規制の対象外になり、年収による制限はないので、審査に通れば年収になく限度額が決まっていました。

 

レイクALSAは消費者金融としてサービスを始めたので、総量規制の対象になります。総量規制では「融資限度額は年収の3分の1以内」という制限があるので、年収に応じて借り入れ限度額が決まります。

 

ですから、パートやアルバイトをしていても収入が低ければ、それに応じて融資限度額も少なくなります。

 

男性 20代

定職に就かず、アルバイトで生計を立てていますが、ちょっとお金が足りなくなったので、レイクALSAへ申し込みをしました。

 

好感が持てたというか助かった点は、他社からもいくらか借り入れがある状態なので、正直審査に通るかどうかは不安でしたが、無事借りることができて助かりました。

 

仮審査から本審査までの時間も短く済み、店舗に行く必要なく借りられたところもありがたいですね。

 

悪い点を挙げるとすれば、希望額通りの融資は受けられなかったという点。僕はとりあえず10万円の融資を申し込んだのですが、結果的には6万円しか借りられませんでした。他社から借り入れがあったのと、年収が少なかったのが原因だと思っています。

 

 

専業主婦は利用できない

専業主婦がお金を借りたい時は、配偶者貸付制度を取り入れている消費者金融か、専業主婦専用の商品を用意している銀行カードローンのみになります。

 

レイクALSAは消費者金融なので、融資を受けるには収入がある事が条件になるので、無収入の専業主婦は融資が受けられません

 

女性 45歳

毎月の生活費が不足気味で、金欠の状態になっている時、ママ友にバーゲンに行こうと誘われました。それで、即日融資に対応してくれるところを探してキャッシングをする事にしました。

 

いざ申込をしてみたら、「収入のない専業主婦は借りられない」と言われショックでした。5万円ほど借りたかったのですが、収入がなければ借りられないという事を初めて知りました。

 

パートをしていると申し込みが出来るようなので、友達にパート先を紹介してもらい、@パートに行くようになれば、改めて申し込みをしてみようと思っています。

 

まとめ

レイクALSAでは「e-アルサ」などのスマホアプリも登場し、プロミスの「アプリローン」やSMBCモビットの「スマホATM取引」と同じサービスが利用できるようになり、利便性が大きく向上しています。

 

レイクALSAは、銀行カードローン「レイク」のメリットをそのまま引き継ぎ、消費者金融のメリットを生かした消費者金融です。カードローンの申し込みを考えている方は、レイクALSAも候補のひとつに加えてはどうでしょうか?


×