アイフルの利息はどれぐらい?他社比較と利息を下げる方法

アイフルの利息はどれぐらいなの他社と比較検証!

 

お金を借りる時に一番気になるのは「利息」ですよね。特に消費者金融で借りると高いイメージがありますが、アイフルの利息は他社に比べてもごく平均的です。

 

わずかな差の利率を気にするよりも、最終的にどうやって利息を安くおさえるか?という工夫をする方が実は効果が高い上に手っ取り早いのです。

 

利息の他社比較やシュミレーションを交えながら、利息を安くおさえてアイフルを賢く利用する方法をくわしく伝授します。

 

 

アイフルの利息は高い? 他社比較

アイフルの利息は高いのか?

 

他社比較で検証していきます。

 

アイフルではじめて借りる時の利息は18%

気になるアイフルの利息と借入限度額は以下のようになっています。

 

  • 利息 年3.0~18.0%
  • 借入限度額 800万円

 

アイフルの金利表(目安)
契約金額 金利
100万円未満 18%
100万円~300万円 15%
301万円~800万円 12%

 

アイフルの年利は3~18%とかなり幅がありますが、これはアイフルには借り換えや事業サポートなど様々なローンプランがあるからです。

 

借入金額が高くなると金利も下がりますが、100万円以上借りる場合は別として、はじめて借りる場合の利息は18%です。

 

他社と利息比較

 

他社の消費者金融と比較してみました。
借入先 利息
アイフル 3.0%~18.0%
アコム 3.0%~18.0%
SMBCモビット 3.0%~18.0%
レイクALSA 4.5%~18.0%
プロミス 4.5%~17.8%

 

アイフルも他社も最高金利はほぼ18%で統一です。消費者金融の中ではほとんど利息の変化はありません。アイフルの金利は他社と比べてもごく平均的で、特にはじめて借りる場合の変化はこれと言ってありません。

 

ちなみに以前、消費者金融の間ではグレーゾーンと言われる金利の問題が発生しました。それにより2010年の法改正によって上限金利が引き下がったため、今から借りる人は利息制限法に定める上限金利以上の利息を取られる心配はありません。

 

銀行カードローンと比較

クレジットカードのキャッシングも利息は18%ぐらいなのであまり変わりませんが、銀行カードローンの場合は大体14%ぐらいの金利なので、それに比べるとアイフルなど消費者金融の利息は少し高い印象です。

 

みずほ銀行カードローン 2.0%~14.0%
三菱UFJ銀行カードローン 1.8%~14.6%
セブン銀行カードローン 14.0%~15.0%
三井住友銀行カードローン 4.0%~14.5%

 

銀行のカードローンと消費者金融とは適用される法律が違います(貸金業法と銀行法)。

 

銀行カードローンにはこんな特徴があります。
  • 総量規制がない
  • 保証会社の保証が必要
  • 原則即日融資が不可能
  • 無利息期間がない

 

この中で大きいのは銀行カードローンに無利息期間がない点です。アイフルには無利息期間が30日間あるので、これでかなり利息は安くなります。

 

銀行カードローンの方が利息が4%ほど安いですが、20~30万円までの借入ならばきちんと毎回返済すれば無利息期間があるので利率の差を感じさせません。

 

そして銀行カードローンは在籍確認も確実に行われますが、アイフルは書類審査でOKしてくれることもあります。

 

総合的に判断すると、高額のローンでなければ銀行カードローンより即日で借りられるアイフルの方に軍配が上がると判断できます。

 

アイフルの利息の計算方法

利息の金額は次の計算式で算出します。

 

利息金額=借入残高×利率÷365日×借入日数

 

1日あたりだとどれぐらいの利息を払うのか、次の計算式で分かります。
1日あたりの利息=借入残高×利率÷365日

 

具体例: 借入残高20万円、利息18%の場合
1日あたり利息約98.6円=借入残高20万円×利率18%÷365日

 

20万円の残高がある場合、1日あたりの利息は約98.6円になります。当然ですが、返済して残高が減ると1日あたりの利息も減っていきます。

 

アイフルの利息シュミレーション5・10・20・30・40・50万円

具体的に借入金別に金利をいくら払うのかシミュレーションしました。

 

あくまで目安の金額となりますが、借入金額ごとにどれぐらい利息を支払うのか一目で分かります。

 

最低返済額で返済した場合の利息シュミレーション

借入金額ごとに、利息は18%、17.5%、15%の3パターンで毎月最低返済額で返済した場合のシュミレーションです。

 

借入額 利率 利息額 返済期間 毎月返済額
5万円 18.0% 5,782  1年2ヶ月 4,000
17.5% 5,599
15.0% 4,702
10万円 18.0% 26,263 2年8ヶ月 4,000
17.5% 25,281
15.0% 20,639 2年7ヶ月
20万円 18.0% 52,553 2年8ヶ月 8,000
17.5% 50,578
15.0% 41,301 2年7ヶ月
30万円 18.0% 88,696 3年0ヶ月 11,000
17.5% 85,232 3年0ヶ月
15.0% 69,160 2年10ヶ月
40万円 18.0% 182,521 4年5ヶ月 11,000
17.5% 174,140 4年5ヶ月
15.0% 136,715 4年1ヶ月
50万円 18.0% 251,073 4年10ヶ月 13,000
17.5% 238,995 4年9カ月
15.0% 185,875 4年5ヶ月

※以下の条件で算出しています。

  • 約定日制(毎月一定の返済額)
  • 借入後残高スライド元利定額リボルビング返済方式

 

返済額を上げた場合の利息シュミレーション

毎月の返済額を最低返済額より上げた場合、どれぐらい利息を減らすことができるのかシュミレーションしました。

 

借入額 毎月返済額 利息額 利息差額 返済期間 利率
5万円 4,000 5,782 0  1年2ヶ月 18%
5,000 4,574 △ 1,208 1年0カ月
6,000 3,807 △ 1,975 0年10ヶ月
10万円 4,000 26,263 0 2年8ヶ月
5,000 19,774 △ 6,489 2年0ヶ月
6,000 15,937 △ 10,326 1年10か月
20万円 8,000 52,553 0 2年8ヶ月
10,000 39,562 △ 12,991 2年0ヶ月
12,000 31,887 △ 20,666 1年8か月
30万円 11,000 88,696 0 3年0ヶ月
13,000 71,027 △ 17,669 2年5ヶ月
15,000 59,353 △ 29,343 2年0ヶ月
40万円 11,000 182,521 0 4年5ヶ月
13,000 140,539 △ 41,982 3年6ヶ月
15,000 114,672 △ 67,849 2年11ヶ月
50万円 13,000 251,073 0 4年10ヶ月
15,000 198,350 △ 52,723 3年11カ月
17,000 164,469 △ 86,604 3年4か月

 

少額の借入ならがんばって多めに返済しても大きくは変わりませんが、借入金額が多くなると利息の差もとても大きくなります

 

アイフル利息を安くする方法5つ

シュミレーションを見ていただくと利息をおさえるコツが何となく分かってきたと思うのですが、さらに詳しく利息を安く抑えるポイントを絞って具体的に説明します。

 

とにかく繰り上げ返済or一括返済

高い利息を少しでも安くおさえるためには1日でも早く返済することが大事です。毎回の決まった支払い以外にどんどん自分で繰り上げて返済することを心がけると利息もかなり減ります。毎回の支払いを通常どおりしておけば、あとは追加分をいつ・どれだけ返済してもOKです。

 

もちろん、まとまったお金が入れば一括返済がベストです。一括返済の目途がたった場合はアイフルに連絡して金額を確認してから返済しましょう。

 

月返済額を上げる

 

これは上のシュミレーションのとおりで、月返済額を上げるとどれだけ効果的なのかよくわかると思います。毎回の返済額を可能な限り最初から上げておきます。

 

お金に余裕のある時だけ繰り上げ返済しようと思っても、なかなかできずに結局そのままというパターンも多いです。

 

最初の返済計画の時点で、毎回の返済額を高めに設定しておけば返済期間も短くなり、もちろん利息も安くなります。

 

とは言え無理をすると返済が滞るばかりか返済遅延による遅延損害金まで払うはめになるので、確実に払える金額にしておくことが大事です。

 

遅延損害金の計算

アイフルの遅延損害金は年利20%。残高×20%÷365日×延滞日数という計算です。

 

30万円の残高がある場合、2日支払いが遅れた場合は
30万円×20%÷365日×2日=約328円

 

30万円を2日遅れただけでも328円の遅延損害金がかかります。
けっこう高いので要注意です。

 

支払いが遅れそうな場合は事前にアイフルに電話で相談しましょう。

 

目的別ローンで利息を下げる

アイフルには目的別ローンというものがあり、例えば突然の身内の不幸でお葬式代が必要になった、とか怪我や病気で治療代が必要になった時など、きちんとした目的があってお金を借りる場合には通常よりも低い金利でお金を借りられる可能性があります。

 

目的 利率
冠婚葬祭 ブライダル 13.0% ~ 17.0%
お悔やみ 9.8% ~ 12.0%
医療 デンタル 13.0% ~ 17.0%
メディカル 9.8% ~ 12.0%
ホスピタル
ケア
出産
日常生活 教育 9.8% ~ 12.0%
家具 13.0% ~ 17.0%
インテリア
カーライフ
ライセンス
引越し
レジャー トラベル 13.0% ~ 17.0%

 

無利息期間30日をすべて使う

アイフルははじめての契約後、無利息期間が30日あります。これは実際にお金を借りた日から30日間ではなく、契約した日の翌日から30日間になります。

 

契約後にお金を借りないまま放置していると無利息期間が終わってしまいますので、契約後すぐにお金を借りて無利息期間30日をフルに使った方が有利です。

 

無利息期間中は借入限度額の範囲内ならいくら借りても無利息です。

 

利息以外のお金を払わない

利息を安くする方法とは直接関係ありませんが、せめて利息以外のお金は払わない努力はできます。つい払ってしまいがちなのが手数料。

 

高くないとは言え、ちりも積もれば…ということがあるので、近くのアイフルATMをチェックして毎回手数料無料のアイフルATMで返金にするか、返済方法を口座振替に切り替えましょう。

 

アイフルの利息は交渉できる?

最初から利率を交渉して下げることができたらそれが一番簡単な方法です。しかし現実は、はじめて借入する人がいきなり交渉して金利を下げることは不可能です。

 

金利の交渉できるパターンとしては、アイフルと契約後に

  • 毎回確実に返済して信用の高い顧客になる
  • 増額の案内をアイフル側から提案される

 

こんな場合に増額契約の時に18%より低い利率の交渉ができる可能性があります。ですが、細かい利率を気にするよりも早めの返済が、効果が高くて簡単です。

 

超低金利「ファーストプレミアムカードローン」は借りられる?

アイフルには「ファーストプレミアムカードローン」という低金利ローンがあります。ぴったり合えば低金利でお金を借りられるかもしれませんが、かなり厳しい条件があります

 

  • アイフルがはじめて
  • 借入金額が100万円以上
  • 満23歳~59歳
  • 一定収入がある(年収300万円以上)
  • WEB限定

 

これらの条件に当てはまるかも?と思った人は、公式HPでチェックしてみてください。

 

アイフルの利息まとめ

アイフルの利息は他社と比べても高くはなく、はじめて借りる人は18%が適用になります。利息に関して消費者金融の中で大きな差はありません

 

銀行カードローンだけはおよそ14%と低めですが、高額借入でなければ無利息期間がある分そこまで利息の差は開かない上に、アイフルの方が早くて手続きも簡単でおすすめできます。

 

利息を抑えるために早めの返済を心がければ18%の利息をぐっと安くおさえることも可能です。条件に合えば低い利率のアイフルのローンプランで借りられるかもしれません。


×