アイフルは学生でもお金借りれる?親バレは?金利は?気になる情報まとめ

アイフルは学生でもお金借りれる?親バレは?金利は?気になる情報まとめ

仕送りが送れた時や、アルバイト代が入る前にお金が必要になることがあります。

 

そんな時、待ってもらえるところは待ってもらえますが、友達付き合いやサークルなでお金が必要な時は、どこかで借りるしかありません。

 

一時的な借入はキャッシングがおすすめで「アイフル」なら学生でも条件さえ揃っていれば融資が受けられるので心配ありません。

 

学生は審査に通りにくいと言われる理由

一般的に学生がキャッシングの申込をしても、審査に通るのが厳しいと言われています。

 

その理由として「アルバイトをしていない為に収入なし」という学生や、アルバイトをしていても収入が低すぎるとか、短期アルバイトをしているという学生は審査に通る事が難しくなります。

 

では、学生が「アイフル」でお金を借りるためにはどうすればよいのでしょう。

 

審査に通る条件は定期的な収入がある事

まず、アイフルの貸付対象者は「満20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方」※なお、お取引期間中に満70歳になられた時点で新たなご融資を停止させていただきます。と書いてあるだけです。

 

また、よくある質問の回答では「満20歳以上69歳までの定期的な収入と返済能力を有する「給与所得者、自営業者、パート・アルバイト、派遣・出向・嘱託社員、主婦(専業主婦除く)、学生」の方で、当社基準を満たす方、と書かれているので、

 

満20歳以上の学生で、定期的な収入があれば、問題なく融資が受けられます。

 

ただし、アルバイトをしていればなんでも良いのか、という事になりますが、定期的な収入が必要になるので、短期間のアルバイトや日雇いなど収入が不定期なアルバイトは定期的な収入に該当しません
基本的には、毎月決められた給料日に、一定のアルバイト料をもらっている学生になります。

 

アイフルならいくらまで借りられる?

定期的な収入があれば申込が出来る事は解りましたが、次はいくらまで借りられるのかという事が気になります。

 

「アイフル」は消費者金融なので、総量規制の対象になります。総量規制で「融資限度額は年収の3分の1以内」という制限があるので、多くの借入を希望しても、自分の収入が影響してきます。

 

たとえば、アルバイトの年収が90万円だったとすると、融資限度額は30万円になります。20万円かりたい時は年収が60万円以上なければ借りる事は出来ません。あまりいないと思いますが、すでに他社で借入をしている場合、他社の借入残高は融資限度額に含まれるので、他社借入れ分を差し引いた限度額になります。

 

アイフルの借り方

「アイフル」は最短30分で審査が終了するので、申込をしたその日に借りられる即日融資に対応しています。無人契約機からなら365日何時でも融資が受けられるので、土日や祝日にお金を用意しなければならない時でも心配する事はありません。

 

「アイフル」の申込方法は

  • インターネットから申込む方法
  • 店舗・契約ルームから申込む方法
  • 電話での申込方法

があります。

 

即日融資はどの申込方法を選んでも可能ですが、カードの受け取りは契約ルームや店舗で受け取る必要があります。カードの受け取りを、契約ルームで受け取れば、すぐに利用できるというメリットもありますが、カードが自宅に届いて親にばれたという事もないので、安心です。

 

申込方法で人気があるのは、パソコンやスマホを使ってインターネットから申込む方法で、ネット申込なら24時間365日何時でも申込が出来るので、店舗へ入る姿を見られたくない女性や、昼間は仕事が忙しくて外に出られないという人に人気があります。

 

申込から融資までの流れ

基本的な流れは、まずそれぞれの方法で申込します。
     ↓
申込が終わると審査が行われ、最短30分で審査回答があります。
     ↓
審査結果で融資が可能となれば契約になります。
     ↓
契約が完了すればカードを受け取り、カードを使ってお金が引き出せるようになります。

 

即日融資で借りる場合は、カードの受け取りを無人契約ルームにする事と、申込を済ませて受付完了メールが届いたら、フリーダイヤルで電話を入れて急いでいる事を伝えれば、場合によっては優先的に審査を受ける事が出来ます

 

アルバイトでも在籍確認はある

キャッシングの申込をすると、アルバイトで会っても審査で必ず在籍確認があります。在籍確認は申込書に記入した勤務先に勤めているかを確認する事で、担当者が勤務先へ電話を入れて、間違いなく勤めている事を確認します。

 

在籍確認の電話は担当者が個人名で掛けてくるので、「アイフル」へ申込をした事はばれません。

 

「○○と申しますが□□さんは、おられますか?」というような電話を掛けてきます。

 

電話には本人が出る必要はなく、出勤していない時にかかってきても、電話を受けた人から「今日はお休みです」とか「○○時からの出勤になっているので今はいません」と言うような答えが返ってくればそれで終了します。

 

「普段電話などかかってこないのに」と怪しまれるのが心配なら「クレジットカードの申込をしたから、電話がかかってくるかもしれない」と言っておけば、疑われる事もありません。

 

申込前に整理しておきたい事

「アイフル」は比較的借り易いので人気がある大手消費者金融ですが、申込をすれば誰でも借りられるという事はありません。審査を無理なく通すにはやっておく事があります

 

  1. ひとつめは、先ほども書きましたが「アイフル」は消費者金融なので、総量規制の影響を受けます。総量規制では「融資限度額は年収の3分の1以内」と言う制限があるので、それ以上の融資は受けられません。

     

    あまりないとは思いますが、すでに他社借入が有り、そこですでに3分の1近くまで借りていると、それ以上の融資は受けられないので、そちらの返済を済ませるか、使っていなければ解約しておく必要があります。

  2.  

  3. 二つ目は、案外気が付きにくいのですが、クレジットカードの返済で延滞を起こしていた李、スマホや携帯電話の料金を納めて居なかったりすると、信用情報機関の個人情報に利用状況としてすべて記載されているので、こういうような金融事故を起こしていると審査に通る事が厳しくなります。

     

    キャッシングの利用を考えている時は、これらも解消しておく必要があります。

 

アイフルとレイク 学生が借りやすいのはどっち?

「アイフル」でも「レイク」でも、安定した収入があり、満年齢が20歳以上の学生ならどちらでも申込は可能です。参照:レイクは学生でもお金借りれる?親バレは?金利は?気になる情報まとめ

 

「アイフル」と「レイク」の基本スペックはそれほど違わないので、どちらへ申込をしても同じと思えますが、実は「アイフル」と「レイク」では大きな違いがあります。

 

大きく分けて

  • 「アイフル」は消費者金融系
  • 「レイク」は銀行系

に別れます。

 

消費者金融「アイフル」は総量規制の対象になり「融資限度額は年収の3分の1以内」という制限を受けます。

 

一方銀行カードローン「レイク」は銀行法が適用されるので、消費者金融の総量規制の対象外になり、年収による制限はありません。

 

たとえばアルバイトの年収が120万円あるとして、「アイフル」の限度額は最大で40万円まで借りられるようになりますが「レイク」はこの制限がないので審査に通れば年収の3分の1以上の限度額になる可能性があるので、少しでも多くを借りたい時は「レイク」がおすすめです。

 

また、初回契約時にはどちらも、無利息期間サービスが利用できます。

 

「アイフル」の無利息期間は、契約の翌日から30日間無利息期間サービスが利用できます。「レイク」の無利息期間はふたとおりあり、借入全額なら30日間、5万円以下の借入の場合は契約の翌日から180日間の無利息期間が利用できます。

 

「レイク」の180日無利息期間内なら、半年間は何度でも無利息で借りられるので、あまり多くのお金を借りる予定がなければ「レイク」の無利息期間がおすすめです。

 

まとめ

学生がお金を借りるという時は「どれくらい借りられるか」より「どれだけなら払っていけるか」という事を優先させる必要があります。

 

高額の給料をもらっている人なら別に問題になりませんが、アルバイト収入で学生生活を送っていると、毎月の支払いをどうしようかと悩む事もあります。その上にキャッシングでお金を借りるわけですから、借りたお金の返済が増えてきます。

 

今の生活状況でお金を借りてもきちんと返していけるかを確認する事がもっとも重要になります。

 

借入をする前に、返済シミュレーションなどを利用し、どの程度の借入なら問題なく返済できるかを確認し、それ以上の借入はしないという心掛けが大切です。

 

 

関連記事

学生でもお金が借りられる消費者金融 学生でもお金が借りられる銀行

関連ページ

アイフル増額

×