愛知銀行カードローン「リブレ」でお金を借りるには

愛知銀行カードローン「リブレ」でお金を借りる

愛知銀行は愛知県名古屋市に本店を置く、第2地方銀行です。

 

愛知銀行には

  1. 愛銀ポケットローン「ユー」カードローン
  2. 「リブレ」
  3. 「愛」

という3つの商品が用意されています。

 

それぞれのカードローンは違った特徴が有り、ポケットローン「ユー」やカードローン「愛」は年収制限が有るので、ある程度の収入がなければ利用できません。

 

「リブレ」は申込条件が緩く、年収制限もないので手軽に申込めるカードローンとなっています。

 

愛知銀行カードローン「リブレ」のおすすめポイント

「リブレ」の大きな特徴は、金利が低いという事で、銀行カードローンの平均金利は14.3~14.6%なのに対して「リブレ」の上限金利はわずか13.5%とかなり低めの設定になっているので、他行のカードローンと比べると、当然ながら利息が安く借りられます。

 

さらに借入希望額300万円以下は、収入証明不要なので、おまとめや借り換えにおすすめです。

 

借入や返済を提携ATMで利用する場合、愛知銀行やセブン銀行A、E-netなどのATMは借入・返済は手数料無料で利用できるので、お金を借りても利息以外の経費を支払う事がないというメリットが有ります。

 

 

商品スペック

商品名 金利(年率) 融資限度額
「リブレ」 4.9%~13.5% 100万円、200万円、300万円、400万円、最大で500万円

※Web完結契約は、100万円,200万円,300万円になります。
が基本スペックになっています。利用金利は、審査によって決定します。

 

 

申込条件と必要書類

申込条件
  • 申込時の年令が満20歳以上満60歳以下で、安定継続した収入のある方
  • 居住地または勤務地が当行の営業区域内にある方
  • 株式会社オリエントコーポレーションの保証が得られる方
  • 当行でカードローン口座をお持ちでない方

 

【Web完結契約】では以下の5~7もご利用条件となります。

  • 当行所定の手続きで普通預金口座を開設済の方
  • 電子メールアドレスをお持ちの方

本人確認資料として「運転免許証」または「パスポート」をお持ちの方

必要書類 「本人確認書類」
  • 運転免許証またはパスポート
  • 健康保険証(Web完結契約は不要)

 

「収入証明書」
・源泉徴収票、納税証明書、確定申告書、住民税決定通知書など

※収入証明書類は借入希望額が300万円を超える場合に必要で、その他の場合は不要です。

 

 

申込方法

  1. パソコンやスマホでのインターネット申込
  2. 郵送
  3. FAX
  4. チラシ(裏面をFAX)

のいずれかによる予約審査申込が可能です。

 

 

申込から融資までの流れ

インターネット申込の場合

ホームページにある「Web完結(来店不要)でお申込み」から申込画面へ進み、必要事項を入力します。

(愛知銀行に普通預金口座がある方は、Web完結契約(300万円まで)の場合は、来店不要で契約が可能です。

入力情報を基に仮審査を行い、審査結果は、ご自宅に送られてきます。

(Web完結契約の方は、メールアドレスに審査結果がメールで送られてきます。)

仮審査の結果融資可能となった場合は、来店の上正式審査の申込手続き完了後、審査結果の連絡が電話で伝えられます。

その後、再度ご来店し、契約手続きになります。

(Web完結契約の方は、メールに記載されたURLへ本人確認資料をアップロードしたあと、インターネットで契約手続きを行います。

手続きが完了すればローンカードを後日、ご自宅に郵送します。

(Web完結契約の方は、後日、ローンカードを本人限定受取郵便で送られてきます。)

 

 

即日融資で借りるには

「リブレ」は仮審査の結果が出るまで、1営業日が必要なので、Web契約で申込をしてもローンカードを使っての借入になります。

 

また「リブレ」は銀行口座への振込融資サービスは行っていないので、残念ながら即日融資で借りる事は出来ません。

 

返済方法

毎月10日に借入残高に応じて、返済用口座から引き落としされます。

 

随時返済も可能で、愛知銀行、E-net、セブン銀行などの提携ATMを利用すれば、手数料無料で返済が出来ます。

 

前月返済日時点の残高 返済額
2万円未満 前月返済日時点の残高
2万円以上~100万円以下 2万円
100万円超~200万円以下 3万円
200万円超~300万円以下 4万円
300万円超~400万円以下 5万円
400万円超~500万円以下 6万円

 

 

愛知銀行カードローン「リブレ」の審査は厳しい?

「リブレ」の仮審査は愛知銀行で受け付けていますが、審査は保証会社の㈱オリエントコーポレーションが審査を行っています。

 

申込アイコンから入ると、解りますが、愛知銀行の基本事項の同意書や保証委託約款などをへて、送信ボタンを押すと、㈱オリエントコーポレーションのページに飛ぶ事で解ります。

 

申込書に記入し、送信すると㈱オリエントコーポレーションで仮審査が行われます。仮審査の結果、保証が可能と判断されれば、愛知銀行から審査結果の回答があります。

 

仮審査は㈱オリエントコーポレーションが申込書に記入した属性と、他社借入状況や金融事故の有無、信用情報機関の個人情報の照会などから総合的にスコアリングします。

 

その際、㈱オリエントコーポレーションは、全国銀行個人信用情報センターの情報は照会できないので、愛知銀行が照会し、それと併せて仮審査を行います。

 

特にカードローン審査で重要なのは、勤務年数や年収はもちろん、他社借入件数や借入残高、他社利用状況で金融事故を起こしていないかという事が重要になります。ですから、借入件数や借入残高が多い方や、他社で延滞や債務整理などを起こしている方は、残念ですが審査に通る可能性はまずないと考えなければなりません。

 

「リブレ」の申込条件は年齢60歳までと比較的低年齢層が上限となっています。

 

また、他の銀行カードローンの場合、申込条件として、パートやアルバイト、専業主婦や、年金生活者も申込が可能としているカードローンもありますが「リブレ」の申込条件にそれらが記載されていません。

 

たしかに安定した収入があれば申込は出来るでしょうが、あえてこれらが条件として特記されていないという事は、パートやアルバイトが申込をしても審査は厳しいと思っておいた方がよいかもしれません。


×