アコムVSモビット借りるならどっちがいい?

アコムVSモビット借りるならどちら?

「アコム」は三菱UFJフィナンシャルグループ内の大手消費者金融と知られていますし、「モビット」は三井住友銀行グループの大手消費者金融としてよく知られています。

 

お金を借りる時「アコム」と「モビット」どちらがおすすめなのかその違いを比較してみました。

 

 

≪目次≫

 

 

「アコム」と「モビット」の基本スペック

比較項目 アコム モビット
金利(実質年率) 3.0%~18.0% 3.0%~18.0%
融資限度額 800万円まで 800万円まで
遅延損害金 実質年率20.0% 実質年率20.0%
即日融資 可能 可能
無利息期間 契約翌日より30日間 無し
返済期間・回数 最長9年7カ月・~100回 最長8年10カ月・~106回

 

「アコム」と「モビット」金利を比較する。

 

「金利」はどちらも下限金利3.0%~18.0%となっているので、その差はありません。ただ、3.0%~18.0%の間という事なので、いくら借りればどれくらいの金利になるかという事が解りません。

 

さいわい「アコム」は金利表が用意されているので、借入希望額と金利の関係は明確になっています。

 

「モビット」の場合は金利表が公開されていないので、適用金利は審査で決まるという程度の事しか解りません。

 

契約極度額 適用金利
501万円~800万円 3.0%~4.7%
301万円~500万円 4.7%~7.7%
100万円~300万円 7.7%~15.0%
1万円~99万円 7.7%~18.0%

 

金利表がなぜ必要なのかと言うと、契約極度額が100万円~300万円と決まった場合の金利は7.7%~15.0%%になります。

 

一度この極度額が決まると、たとえば10万円借りても4.7%~7.7%の範囲内になるので、極度額1万円~99万円の7.7%~18.0%を比較すると最大で3.0%の金利差になります。

 

ですから、極度額が多ければ多いほど返済する利息が少なくなります

 

「アコム」と「モビット」融資限度額を比較する。

「アコム」の融資限度額と「モビット」の融資限度額、どちらも最大で800万円なのでその違いはありません。

 

ただ、誰でも800万円まで借りられるかと言うと、そうではなく、「アコム」も「モビット」も消費者金融なので、総量規制の対象になり、融資限度額は幾ら多くても「年収の3分の1以内」に制限されます。

 

たとえば、年収300万円の人は、最大融資限度額は100万円になります。

 

しかし、一般的に初回申込時の限度額は幾ら多くてもよほどの事がない限り、50万円以下の設定になる場合がほとんどです。「それなら融資限度額は100万円にならないのでは?」という疑問が起こりますが、増額申請で限度額を増やす事が可能です。

 

増額は消費者金融に限らず銀行カードローンなどでも利用が可能で、初回借入限度が少なくても、一般的に半年以上、継続した利用をしていれば、増額の案内が届くようになります。増額は自分から申込む事が可能ですが、案内が有れば限度額を増やす可能性が高くなります。

 

増額案内が届いた時、手続きをすれば限度額を少しずつ増やす事が出来るので、増額を重ねる事で、最終的に融資限度額100万円まで増やせます。

 

「アコム」と「モビット」即日融資を比較する。

「アコム」「モビット」とももちろん即日融資は可能です。

 

アコムの即日融資

「アコム」は最短30分で審査回答が得られる公表しているように、審査スピードが早い事です。

 

「アコム」の申込方法は、

  • スマホ・ケータイから申込む方法
  • パソコンから申込む方法
  • 店頭窓口・むじんくんから申込む方法
  • 電話による申込方法
  • 郵送で申し込む方法

が用意されていますが、即日融資で借りたい時は郵送以外を選ぶ必要があります。「アコム」で、振込依頼をするときは平日の午後2時30分までに振込依頼をする必要があります。

 

「三菱東京UFJ銀行」「三井住友銀行」「ゆうちょ銀行」の銀行口座を持っている方は、初回に限り、平日18時までに電話で振込依頼をすれば指定口座への即日融資をしてもらうことができます。その際、18時までに契約を終える必要があるので、17時までに申込みをすれば即日融資の可能性があります。

 

平日以外は「むじんくん」なら365日営業しているので、インターネットから申込を済ませておいて「むじんくん」でカードを受け取り、カードを使ってATMからお金を引き出すという方法も選べます。

 

 

モビットの即日融資

「モビット」の申込方法は「アコム」とそれほど違いはありません。ただ、インターネットからの申込方法は「WEB完結申込」と「カード申込」があります。

 

「WEB完結申込」はあとで詳しくのべますが、申込条件として、三井住友銀行または三菱東京UFJ銀行に口座がある方で、保険証は社会保険か組合保険を持っている方に限られるので正規雇用の社員や公務員だけになります。パートやアルバイト、派遣社員の方は「カード申込」からになります。

 

「モビット」の即日振込をして貰う為には14時50分までに契約や、振込手続きを完了させておく必要があります。

 

「モビット」の場合もローン契約機なら365日稼働しているので土日・祝日も即日融資で借りる事が出来ます。

 

少しでも早く借りたい時はローン申込機から直接申込をするとか、事前に解っていれば前日の夜にインターネットから申込を済ませておき、朝一番にモビットへ電話を入れて急いでいる事を伝え、審査を受ける方法があります。

 

「アコム」と「モビット」無利息期間を比較する。

大手消費者金融の「アコム」「アイフル」「プロミス」などは無利息期間サービスが利用できますが、「モビット」にはこのサービスがないので利用できないというデメリットがあります。

 

無利息期間サービスは、新規顧客獲得のためのサービスで、初回申込に限り利用できます。

 

無利息期間はそれぞれ内容が違い、「アコム」の無利息期間サービスは「アコムは最大30日間金利0円」というキャッチフレーズで宣伝しています。「アコム」の無利息期間は、契約した翌日から30日間となっています。

 

たとえば、契約をした翌日に初回の借入をして、30日以内に返済する時は、借入金だけの返済だけで無利息でお金を借りた事になります。

 

また、契約後10日過ぎて借入をし、返済がそこから30日後になった場合は、20日間は無利息期間が適用されますが、残り10日は通常の利息を支払う事になります。

 

無利息期間は、短期で借りる時にお得感はありますが、長期返済で計画しているような借り方なら、少し時間をかけてでも低金利のカードローンがおすすめです。

 

「アコム」と「モビット」申込条件を比較する。

「アコム」の申込条件は、「20歳~69歳までで、安定した収入があり返済できる能力がある方」となります。

 

「アコム」の申込条件はこれだけなので、成人で安定した収入があれば、正社員だけでなく、パートやアルバイト、派遣社員、兼業主婦のように年収があれば申込が出来ますが、無収入の専業主婦や、年金収入だけの方は残念ながら申込は出来ません。

 

「モビット」の場合、「カード申込」と[WEB完結申込]があり、申込条件もそれぞれ違います。「カード申込」の場合は、満年齢20才~69才の安定した収入のある方(当社基準を満たす方)なら、アルバイト、パート、自営業の方も利用可能です。WEB申込条件

 

「アコム」「モビット」いずれの申込方法で申込をしても、郵送以外は即日融資が可能なので急いでいる時でも心配する必要はありません。

 

「アコム」と「モビット」借入方法を比較する。

借入方法は「アコム」「モビット」どちらもネットの振り込みで借りる方法、提携コンビニATMで借りる方法がありますが、消費者金融の場合、提携コンビニATMを利用すると利用手数料が必要になるので、振込キャッシングをおすすめします。

 

「アコム」は契約完了後会員メニューから振込依頼が出来ます。利用時間はそれぞれ、金融機関によって違ってきます。

 

金融機関 曜日 受付時間 振込実施の目安
楽天銀行 月曜 〜 日曜・祝日 0:10 〜 23:50 受付完了から1分程度
ゆうちょ銀行 月曜 〜 金曜 0:10 〜 9:00 当日 正午頃
9:00 〜 14:00 当日 17:00まで
14:00 〜 23:50 翌営業日 正午頃
土・日・祝日 0:10 〜 23:50 営業日 正午頃
銀行・信用金庫 月曜 〜 金曜 0:10 〜 9:00 当日 9:30頃
9:00 〜 14:30 受付完了から1分程度
14:30 〜 23:50 翌営業日 9:30頃
土・日・祝日 0:10 〜 23:50 翌営業日 9:30頃

 

 

また電話での申込も可能

曜日 受付時間 振込実施の目安
平日 0:10~9:00 当日 9:30頃
9:00~14:00 当日 15:00まで
14:00~23:50 翌営業日 9:30頃
土・日・祝 0:10~23:50 翌営業日 9:30頃

 

「モビット」の借入方法は振込キャッシングとローンカードを使って提携ATMからの借入になります。振込キャッシングを利用する時は会員専用ページ「Myモビ」へ入り、平日9:00~14:50までに振込を依頼すれば最短3分で振込が完了します。

 

振込先銀行の指定はないので、普段利用している口座がそのまま利用できるので、まずは銀行口座を登録する必要があります。登録が完了すれば「Myモビ」から振込キャッシングが可能になります。

 

提携ATMの三井住友銀行ATMは手数料が無料で利用できますが、その他の提携銀行ATMやコンビニATMは利用手数料が必要になります。

 

「モビット」の新しいキャッシング方法として、スマホキャッシングが利用できるようになりました。

 

スマホキャッシングはセブン銀行のみで利用が可能で、使い方は

 

スマホのモビット公式アプリを立ち上げます。

「スマホATM取引」を選び「ご出金」を選択するとカメラが立ち上がります。

ATMの「取引開始」ボタンをして、ATM画面に表示されたQRコードを撮影します。

スマホに表示された「企業番号」と暗証番号を入力すれば、お金が取り出せるようになります。

この方法ならカードレスで利用できるというメリットがあります。

 

 

「アコム」と「モビット」返済方法を比較する。

 

「アコム」の返済方法

  • 口座引き落とし
  • カード返済
  • ネットバンキング返済

が利用できます。

 

インターネットバンキングの申込をしていれば、インターネットからの返済が可能です。

 

ネット返済で利用できるネットバンキングは、三菱東京UFJ銀行や埼玉りそな銀行、三井住友銀行、りそな銀行、楽天銀行」などの都市銀行のほか全国各地の銀行、信用金庫、労働金庫などです。

 

インターネット返済なら手数料が無料になる事や、平日に限らず土日・祝日でも24時間返済が可能です。「アコム」の毎月返済は、最低3,000円(10万円借入の場合)となっているので、無理のない返済が可能です。

 

「モビット」の返済方法

  • 口座振替や銀行振込
  • ATMからの返済

になります。

 

「モビット」の返済で手数料が無料で利用できるのは「口座振替」と「銀行振込」になりますが、手数料無料で振込が出来るのは三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行のみになります。基本的に「モビット」の返済方法が少ない事や、ATMや2行以外の場合は手数料が必要になります。

 

そこで利用したいのが、他行への振込手数料が無料の銀行があるので、そちらで口座を作っておくこともひとつの方法です。

 

たとえば

銀行名 無料になる回数 利用条件
新生銀行 月1回以上 取引状況によっては10回まで
ソニー銀行 月1回 かかった振込手数料を後日キャッシュバック
楽天銀行 月3回以上 ハッピープログラム(※1)に加入後、給与・年金の受取りごとに他行振込手数料が3回無料に
住信SBIネット銀行 月3回 条件なし

 

その他にも、振込手数料が無料の銀行もあるので、調べてみる事をおすすめします。

 

「アコム」「モビット」の最低毎月返済額は、借入残高によって違ってきます。

「アコム」の毎月返済額は、契約極度額が30万円以下の場合は借入金額の4.2%以上、借入極度額が30万円以上の場合は3.0%以上、極度額100万円以上の場合は、3.0%以上、2.5%以上、2.0%以上、1.5%以上のいずれかになります。

 

たとえば、極度額40万円の時、10万円借りたとすると10万円×3.0%=3,000円が毎月最低返済額になります。

 

「モビット」の場合は返済表があるので、それに沿って毎月返済額が変わります。

最終借入限度額 毎月最低返済額
10万円以下 4,000円
10万円超20万円以下 8,000円
20万円超30万円以下 11,000円
30万円超40万円以下 11,000円
40万円超50万円以下 13,000円
50万円超60万円以下 16,000円
60万円超70万円以下 18,000円
70万円超80万円以下 21,000円
80万円超90万円以下 24000円
90万円超100万円以下 26,000円

 

100万円超過の場合、最終借入後残高が20万円増すごとに、返済額が4,000円追加となります。

 

「アコム」と「モビット」審査通過率を比較する。

キャッシングでお金を借りるに為にも審査を通過しなければ意味がありません。「申込をしても審査に通るか心配」と言う方も少なくありませんが、大手消費者金融には「審査通過率」というものを公表しています。

 

「審査通過率」とは、新規で申込をした人のうち、どれくらいの人が審査に通ったのかをあらすもので、通過率が高ければ高いほど借り易いという事になるので、審査通過率が高いところで申込めば「借りられる率も高くなる」という事になります。

 

たとえば審査通過率を見てみると、「アコム」は審査通過率が最も高くて約49%、「プロミス」約44%、「アイフル」約47%、「モビット」は43.0%となっています。審査通過率は業者で違いがありますが、最も審査率の高い「アコム」なら2~3人に1人は審査を通過している事になります。

 

ただし、いくら審査通過率が高くても、申込者がある程度の条件をクリアしていなければ審査に通る事が難しくなります。

 

その条件とは

  • 申込条件を満たしている事
  • 勤務歴は1年以上
  • 他社借入や、クレジットカードなどで金融事故を起こしていない。
  • 借入希望額に値する年収が有る事。

というような条件を満たしていれば、ほぼ審査に落ちる心配はないと言えるでしょう。

 

「アコム」と「モビット」どちらが借り易いかという事ですが、審査通過率から判断すると「アコム」が有利と言えます。

 

「アコム」と「モビット」独自サービスを比較する。

「アコム」「モビット」とも、基本スペックはほぼ同じですが、両社にはそれぞれ独特のサービスがあります。

 

「アコム」はACマスターカードという、クレジットカードも利用できるという事です。「アコム」は無利息期間サービスだけでなく、クレジットカードの申込も可能です。

 

クレジットカードは、クレジット会社や信販会社で申込むのが一般的ですが、アコムACマスターカードは、消費者金融の「アコム」から申込む事が出来ます。

 

「アコム」のACマスターカードの審査は一般のクレジットカードに比べて、審査に通りやすいと言われています。アコムACマスターカードは、ポイントサービスや旅行保険といった付帯特典のない最小限機能がついたカードになっています。

 

このように必要最低限の構成なので、他の一般的なクレジットカードを申込んでも審査に通る自信のない方にとっては利用しやすいクレジットカードになります。

 

また、ACマスターカードに人気があるのは即日発行が可能という事です。一般的なクレジットカードは申込をしてから早くて1週間というクレジットカードが多いので、今すぐ欲しいと言う人にとって、この1週間はとても長くなります。

 

いますぐクレジットカードが使いたいという方は、ACマスターカードの申込をすれば、時間程度でカードが受け取れるので、時間を気にする事がありません。

 

今すぐカードを利用したいという人の目的は様々です。買物をしたいけれど、通販などでの買い物はクレジットカードでないと利用できないという場合もあります。

 

海外旅行では、現金を持ち歩かなくても、クレジットカードが一枚あれば自由に買い物ができるので、クレジットカードを持っておきたいと思う場合もあります。そんな時、即日発行のACマスターカードなら何の心配もありません。

 

アコムACマスターカードの最大の特徴は、最短即日発行が可能で、営業時間は決まっていますが、むじんくんから申込をすれば土日祝日・夜間でも、スピード審査で即日クレジットカードを受け取ることが可能です。

 

申込みの方法は、アコムでキャッシングの申込を済ませた後、電話で「クレジット機能をつけてほしい」と伝えるとその手続きをして貰えますし、審査結果が出てからむじんくんへカードを取りに行くという方法もとれます。

 

一般的なクレジットカードの場合はショッピング機能とキャッシング機能が利用できますが、どちらかと言えばショッピング枠が主体で、キャッシング枠が小さくなる場合が多いです。アコムACマスターカードはキャッシング機能が主体となります。

 

クレジットの利用限度額は最大で300万円、カードローン付きなら、クレジット機能とキャッシング機能併せて最大で800万円までが利用可能です。

 

「アコム」のACマスターカードは、クレジットカードも併せて利用したいという方にとっておすすめのカードです。

 

モビットの独自サービスはWEB完結申込

モビットの「WEB完結申込」は「会社への電話連絡なし」という事で人気のある申込方法です。

 

キャッシングの申込をすると、必ず審査が有ります。審査の段階で申込者が自己申告した勤務先に間違いなく勤めているかを確認する事で、申込書に記入した勤務先に電話を入れて、間違いなく本人が勤めている事を確認します。

 

「この在籍確認の電話が困る」という方も少なくありませんが、モビットの「WEB完結申込」なら会社への電話連絡なしで審査が行われるので、在籍確認の電話を避けたい方に評判となっている申込方法です。

 

「WEB完結申込」の申込条件は

  • 三井住友銀行もしくは三菱東京UFJ銀行に口座がある方。
  • 健康保険証は社会保険証または組合保険の方。
  • 在籍を確認するための、収入証明書(源泉徴収・給与明細・確定申告・所得証明など)を提出できる方。

なら「WEB完結申込」から申込が出来ます。ただし、健康保険証が国民健康保険の方は「カード申込」からになります。

 

「WEB完結申込」は、もちろん即日融資も可能で、午後2時50分までに契約振込手続きが完了していれば、当日の振込みが可能です。
( 審査結果によっては、ご希望に沿えないこともあります。)

 

申込をしたその日に、どうしてもお金が借りたいという人は、わかっている場合は前日の夜など早めに申込みを済ませておけば安心です。

 

「モビット」の審査時間は最短で30分ほどなので、遅くとも出勤時からお昼休み時間までに申込みをして、14時50分までの振込手続きに間に併せる事が重要です。この時間までに間に合えば、ローンカードを使わずに、指定の銀行口座への振込手続きでのお金を振込んでもらうことができます。

 

審査が銀行の営業時間内では間に合わない、という方も心配する必要はありません。申込を「WEB完結申込」で済ませ、仮審査までを終えて置き、その後時間が取れた時にでもローン契約機へ行って本審査を受け、審査が終わればカードを使ってATMからお金が引き出せるようになるので、銀行の営業時間外でも問題ありません。

 

まとめ

「アコム」と「モビット」を比較した時、大きく違うのは「アコム」はクレジットカードの申込も出来るので、クレジットカードを使いたいという方におすすめですし、「会社への電話連絡なしで借りたい「」と言う方はモビットの「WEB完結申込」がおすすめです。

 

キャッシングの申込先を決める時は、どこでもよいという訳ではなく、まず利用目的を明確にして申込先を決める必要があります。


×