アコムVSレイク借りるならどっちがいい?

アコムVSレイク借りるならどちら?

「アコム」は大手消費者金融と知られていますし、以前の「レイク」は、大手消費者金融でしたが、システムやノウハウ店舗、人員を含めすべてを新生銀行に譲渡したので現在は、銀行カードローンとして事業を行っています。

 

「アコム」と「レイク」を比較する時、消費者金融と銀行カードローンならではの違いがあります。

 

 

≪目次≫

 

 

「アコム」と「レイク」の基本スペック

比較項目 アコム レイク
金利(実質年率) 3.0%~18.0% 4.5%~18.0%
融資限度額 800万円まで 500万円まで
遅延損害金 実質年率20.0% 実質年率20.0%
即日融資 可能 可能
無利息期間 契約翌日より30日間 無し
返済期間・回数 最長9年7カ月・~100回 最長5年・~60回

 

「アコム」と「レイク」金利を比較する。

「アコム」の金利はどちらも下限金利3.0%~18.0%、「レイク」は4.5%~18.0%となっているので、「アコム」の方が低い様に思えますが、実際のところ、金利は審査で決まるため一律ではない事、融資限度額の違いによる利息のちがいが出てきます。

 

「アコム」「レイク」とも金利表が公開されているので、表からある程度判断は可能です。

 

「アコム」の金利表

契約極度額 適用金利
501万円~800万円 3.0%~4.7%
301万円~500万円 4.7%~7.7%
100万円~300万円 7.7%~15.0%
1万円~99万円 7.7%~18.0%

 

 

「レイク」の金利表

基準残高 適用金利
1円~999,999円 15.0%~18.0%
1,000,000円~2,000,000円 12.0%~15.0%
2,000,000円~3,000,000円 9.0%~15.0%
3,000,000円~4,000,000円 7.0%
4,000,000円~5,000,000円 4.5%

 

たとえば、融資限度額99万円以下で決まった場合「アコム」は7.7%~18.0%「レイク」は15.0%~18.0%となっているので、下限金利が適用された場合は「アコム」の方にメリットがあります

 

融資限度額が500万円で決まった場合の「アコム」は4.7%~7.7%「レイク」は4.5%になります。この結果からみると、100万以下の借入なら「アコム」がおすすめで高額融資になると「レイク」の方が低金利で利用できることになります。

 

「アコム」と「レイク」融資限度額で比較する。

「アコム」の融資限度額は800万円「レイク」の融資限度額は500万円と違いがあるので、出来るだけ多くを借りたいという時、「アコム」の方が多く借りられますが、ここで大きな違いが出てきます

 

「アコム」は消費者金融なので、総量規制の対象になります。総量規制の対象になるという事は「融資限度額は年収の3分の1以内」と言う決まりがあるので、800万円を借入可能にするためには、年収2400万円(800万円の3倍)が必要になります。

 

さらに、初回借入時の限度額は50万円以下になるのがほとんどで、限度額を増やすためには増額申請を重ねていく必要があるので、実際のところ800万円の限度額はほぼ不可能に近い数値になります。

 

「レイク」は銀行カードローンなので、貸金業法の総量規制は適用されません。其の為、「レイク」の融資限度額は年収の3分の1と言う制限はなく、「レイク」で同じ金額を借りるとしても、「レイク」の審査で融資が可能という判断が出来れば、年収がいくらでも融資が受けられるという違いがあります。

 

ちなみに、口コミなどでは銀行カードローンの場合は、おおよそ年収の2分の1までなら可能なようです。

 

「アコム」と「レイク」即日融資を比較する。

「アコム」も「レイク」も即日融資は可能です。

 

アコムの即日融資

「アコム」は最短30分で審査回答が得られると公表しているように、審査スピードが早い事で人気があります。

 

申込方法は、

  • パソコンやスマホ・ケータイから申込む方法
  • 店頭窓口・むじんくんから申込む方法
  • 電話による申込方法
  • 郵送で申し込む方法

から選べるので、インターネット環境が揃っている方はパソコンやスマホから申込めば24時間何時でも申込が可能です。

 

ネット環境が揃っていなくても、店舗窓口やむじんくん、電話での申込方法でも即日融資は可能です。「アコム」で、振込依頼をするときは平日の午後2時30分までに振込依頼をすれば、即日振込が可能です。

 

また「三菱東京UFJ銀行」「三井住友銀行」「ゆうちょ銀行」の銀行口座を登録した方は、初回に限り、平日18時までに電話で振込依頼をすれば指定口座への即日振込をしてもらうことができます。その際、18時までに契約を終えておく必要があるので、17時までに契約が完了していれば、銀行の営業時間外でも即日融資の可能性があります。

 

最も確実な方法は、インターネットで申込を済ませ、仮審査までを終えておきます。「むじんくん」なら365日営業しているので、インターネットから申込を済ませておいて「むじんくん」で本審査を受け、カードを受けとれば、提携ATMからお金を引き出すという方法も選べます。

 

ネット申込をしてむじんくんでカードを受け取る方法なら、365日何時でも即日融資が可能です。

 

レイクの即日融資

「レイク」の申込方法は「アコム」とそれほど違いはなく、

  • パソコンやスマホアプリから申込する方法
  • 電話による申込
  • 自動契約機からの申込

から選べます。

 

即日融資はパソコンや携帯から申込をすれば、すぐに審査結果が画面に表示されるので、それを確認して申込をすれば、ほぼ確実に即日融資が受けられます。

 

基本的な流れは、パソコンや携帯から申込を済ませ、審査結果を確認してから必要書類をアップロードします。その後本審査を受け、午後14時までに必要書類の確認が出来れば当日中に指定口座へ振込をして貰えます。

 

「レイク」の場合もインターネット申込をして自動契約機で契約する、という方法が一番便利で、無駄な時間を取られる事がありませんし、自動契約機は365日営業しているので、いつでも即日融資で借りる事が出来ます。

 

「アコム」と「レイク」無利息期間を比較する。

大手消費者金融の「アコム」「アイフル」「プロミス」などは無利息期間サービスが利用できますが、「レイク」でもこのサービスが利用できます。無利息期間サービスは、新規顧客獲得のためのサービスで、基本は初回申込をした方に限り利用できます。

 

無利息期間は「アコム」「レイク」それぞれ内容が違い、「アコム」の場合は「アコムは最大30日間金利0円」というキャッチフレーズで宣伝しています。

 

「アコム」の無利息期間は、契約した翌日から30日間となるので、たとえば、契約をした翌日に初回の借入をして、30日以内に返済すれば、元金だけの返済だけを支払えばよい事になります。

 

また、契約後10日過ぎて借入をし、返済がそこから20日以内に返済する場合も元金だけでよいのですが、30日後になった場合、無利息期間は20日間となり、残り10日は通常の利息を支払うというような使い方になります。

 

「レイク」の場合は、2通りの無利息期間が用意されているので、どちらかひとつを選ぶ事が出来ます。

 

ひとつめは「5万円以内なら180日間無利息」と言うサービスで、給料日前にちょっと足りない時などに利用すれば、5万円以内なら180日間無利息で借りられますし、180日の間なら何度でも「借りては返す」を繰り返しても、利息は無料です。

 

もうひとつは「借入全額30日間無利息」があります。

 

こちらの場合は、契約した翌日から30日以内に返済すれば、いくら借入をしていても無利息で利用できるというサービスが利用できます。

 

「アコム」「レイク」とも適用開始は契約をした翌日からになります「アコム」の場合は無利息期間サービスを選ぶという事は出来ませんが「レイク」は二通りの中から選べるので、無利息期間サービスは「レイク」の方がおすすめと言えます。

 

「アコム」と「レイク」申込条件を比較する。

「アコム」の申込条件は、「20歳~69歳までで、安定した収入があり返済できる能力がある方」となります。

 

「レイク」の申込条件も、年齢が満20歳以上70歳以下の国内に居住する個人の方で、新生フィナンシャル㈱)の保証が受けられる方となっており、どちらもパートやアルバイト、派遣社員などで安定した収入が有れば申込は可能です。

 

「アコム」と「レイク」の違いは、「アコム」は保証会社の保証は必要ありませんが、「レイク」の場合は、「レイク」の審査を受け、新生フィナンシャル㈱で保証してもらえる方でないと利用できないという違いがあります。

 

「アコム」と「レイク」必要書類を比較する。

キャッシングの申込は、事前に用意しておけば審査がスムーズに進みます。申し込みで必ず必要になる書類は本人確認書類と、場合によっては収入証明書類が必要になります。

 

どこへ申込をしても必要なのが本人確認書類で、「アコム」の場合は運転免許証、免許証を持っていない場合は、個人番号カードや健康保険証を本人確認書類として利用できます。

 

「レイク」の場合は運転免許証、運転免許証を持っていない場合は有効な健康保険証やパスポート、個人番号カード(マイナンバーカード)、外国の方は在留カードまたは特別永住者証明書を用意する必要があります。

 

そのほか条件によって収入証明書類が必要になります。

 

「アコム」の場合は借入限度額が50万円をこえる場合や、すでに借入が有り、その借入残高と借入希望額の合計が100万円を超える場合は、別途収入証明書類として源泉徴収票、直近1カ月の給与明細書、税額決定通知書、所得証明書などが必要です。

 

「レイク」の場合は100万円以下の借入希望額の場合、収入証明書類(源泉徴収票、納税通知書、所得証明書、直近2カ月の連続した給与明細書など)が必要になります。
ちなみに借入希望額が100万円以下の場合は不要です。

 

どちらにも共通する書類として、申込書に記入した住所と証明書類に記載された住所が違う事がありますが、本人を確認するために住民票や公共料金の領収書(電気、ガス、水道、固定電話,NHKのいずれかひとつ)を用意しておく必要があります。

 

「アコム」と「レイク」申込から融資までの流れを比較する

最近はインターネット申込が主流になっているので、ネット申込で比較してみます。

 

アコムの申込から融資まで

「アコム」のホームページへ行き「インターネットから簡単!お申し込み」から入ります。

同意書に同意し、お客様情報を入力し、送信します。

送信が完了するとメールでURLが知らされるので、そこからログインし「書類等の提出方法」を読んで必要書類をアップロードします。

審査が完了すれば「契約手続きのお願い」というメールが届くので、それを確認して同意すれば毛客は完了となります。

注意が必要なのは、手続きメールは送信日の22:00までとなっているのでそれまでに同意する必要があります。

平日の午後2時までなら銀行振り込みが可能ですし、それ以外の時間や土日・祝日の場合はむじんくんから本審査を受けて、カードを受け取るという方法も利用できます。

 

レイクの申込から融資まで

レイクの申込方法はいたって簡単で、「レイク」のホームページにある「お申込開始」から入り、貸付条件を確認した後続けて、同意書にチェックをいれたあと、個人情報の入力をします。

パソコンやスマホの画面上に審査結果が表示されるで、それを確認し、本人確認書類をアップロードします。

審査が終わればインターネットの即日振込、または自動契約機から契約します。

契約が完了すれば指定口座への振り込みや、自動契約機で契約を済ませ、カードを受け取れば、提携ATMなどからお金が引き出せるようになります。

 

即日融資で借りる時はどちらも午後2時までには契約を済ませておく事や、銀行の営業時間外や土日・祝日の場合はむじんくん、自動契約機を利用すれば365日即日融資が可能になります。

 

「アコム」と「レイク」返済方法を比較する。

 

「アコム」の返済方法

  • 口座引き落とし
  • カード返済
  • ネットバンキング返済

が利用できます。

 

インターネットバンキングの申込をしていれば、インターネットでの返済が可能です。

 

ネット返済で利用できる銀行は、三菱東京UFJ銀行や埼玉りそな銀行、三井住友銀行、りそな銀行、楽天銀行」などの都市銀行のほか全国各地の銀行、信用金庫、労働金庫などです。

 

インターネット返済なら手数料が無料で利用できる事や、平日に限らず土日・祝日でも24時間返済が可能です。「アコム」の毎月返済は、最低3,000円(10万円借入の場合)となっているので、無理のない返済が可能です。

 

「レイク」の返済方法

  • Web返済
  • レイクや提携ATM
  • 自動引き落とし
  • 銀行振込

から選べます。

 

「レイク」のWeb返済は、三井住友銀行やりそな銀行、楽天銀行、ゆうちょ銀行なら手数料無料で24時間何時でも返済が可能です。

 

また、「アコム」の場合、提携ATMの利用は、1万円以下は108円、1万円以上は216円の手数料が必要ですが、「レイク」提携ATMのセブン銀行、イーネット、ローソンATMなら手数料無料で利用できるので、無駄な経費を支払う事がありません。

 

「アコム」「レイク」ともの最低毎月返済額は、借入残高によって違ってきます。「アコム」の毎月返済額は、借入限度額が30万円以下の場合は借入金額の4.2%以上、借入限度額が30万円以上の場合は3.0%以上、限度額が100万円以上の場合は、3.0%以上、2.5%以上、2.0%以上、1.5%以上のいずれかになります。

 

たとえば、限度額が40万円の時、10万円借りたとすると毎月返済額は、10万円×3.0%=3,000円以上が毎月最低返済額になります。

 

「レイク」の場合は返済表があるので、それに沿って毎月返済額が変わります。

最終借入限度額 毎月最低返済額
10万円以下 3,000円
10万円超20万円以下 5,000円
20万円超30万円以下 7,000円
30万円超40万円以下 9,000円
40万円超50万円以下 12,000円
50万円超60万円以下 15,000円
60万円超70万円以下 18,000円
70万円超80万円以下 20,000円
80万円超90万円以下 23000円
90万円超100万円以下 25,000円

 

「アコム」と「レイク」会員サービスを比較する。

キャッシングの契約が終われば「アコム」ならアコムの会員サービス、「レイク」にはレイクの会員サービスが利用できるようになります。

 

「アコム」の会員サービスで出来る事は

  1. インターネットからの借入や返済が可能
  2. eメールサービスに登録できる
  3. プッシュホンサービス24が利用できる
  4. 明細などの受け取りができる

その他暗証蛮行の変更や、サービスの利用法などの説明があります。

 

インターネットからの借入や返済が可能

「アコム」の会員は、インターネットバンキングが可能で、24時間365日、登録先の金融機関の口座へ最短1分で口座へ振込をして貰えます。

 

インターネット返済は、Pay-easy(ペイジー)が利用可能で、インターネットからの手続きを済ませておけば、指定の金融機関口座からアコムへ返済ができるサービスです。日頃忙しくてATMへ行く時間が取れないという方などにおすすめの利用方法です。

 

eメールサービスに登録できる

「アコム」会員サービスにあるeメールサービスは、eメールを使って返済日などの通知をしてくれるサービスです。

 

eメールサービスに登録すれば、返済日の3日前、当日、返済期日経過後もお知らせのメールが届くので「返済日を忘れていた」というようなうっかりミスが防げます。

 

プッシュホンサービス24が利用できる

「アコム」のプッシュホンサービス24とは、指定の電話番号に電話を掛けて、借入の申込や残高照会、返済期限の照会などが出来るサービスで、インターネットが利用できない方におすすめのサービスです。

 

明細などの受け取りができる

「アコム」の会員ページにログインすると各種明細書が確認できるサービスで、はじめて契約される方は、審査完了後に受信した「契約手続きのお願い」メールから登録が可能です。すでに契約が完了している方は、会員ログイン後のページで手続きが可能です。

 

書面の受取方法を「アコムホームページで確認」を選ぶだけで簡単に設定できます。明細書等の受け取りサービスを登録すると、利用明細書などが自宅に送られてくることがなくなるので、家族にばれるという心配がなくなります。

 

「レイク」の会員サービス

即日振込が可能

会員サービスに登録し、平日14時45分までに会員ページから手続きをすればその日の内に指定口座へ振込をして貰えます。

 

ウェブ返済サービス

インターネットバンキングを利用している方なら、会員ページから登録しているインターネットバンキング口座を指定すると24時間いつでも手数料無料で返済が出来るようになります。

 

インターネット板金具で登録できる銀行は、三井住友銀行、りそな銀行、楽天銀行、ゆうちょ銀行などから、「Pay-easy(ペイジー)」を利用して、金融機関口座から当社指定の銀行口座への振込み返済が可能になるサービスです。

 

お知らせメール

お知らせメールは、日頃忙しくしている方のおすすめのサービスで、お知らせメールを登録すれば「返済日の3日前」「返済日を過ぎたあと」にメールで連絡が入るので、返済日を忘れていたという事がなくなります。

 

また、「契約限度額の変更手続き」などのお知らせを受けることも出来るので、メールが届けば増額申請が出来るようになります。

 

口座管理メニューが利用できる

口座管理メニューは契約内容や利用可能額、現在の利用残高の確認をするために利用したり、次回の返済日の確認や、事前に解っている時は返済日の変更も可能です。

 

WEB明細サービス

WEB明細サービスは、1カ月間の取引内容をPDFファイルでダウンロードできるので、自宅に書類が郵送されてくることがありません。

 

その他会員情報の変更や限度額の変更、カードの停止依頼、会員ページから変更する事が可能となっています。

 

まとめ

 

大手消費者金融の「レイク」と銀行カードローン「レイク」を比較した時、どちらもメリットが有ればデメリットもあります

 

重複する事になりますが、結論から言えば

  1. 下限金利は「アコム」の方が低いが、上限金利はどちらも同じ
  2. 限度額は「アコム」の方が高い
  3. 審査時間はどちらもほとんど同じ
  4. 「レイク」は銀行カードローンという安心感がある。
  5. 「レイク」は総量規制の対象外

と言う事になると思います。

 

下限金利は「アコム」の方が低いが、上限金利はどちらも同じ

一見金利を見ると「アコム」の方が低い様に思えますが、初回借入時は上限金利が適用されるので「アコム」も「レイク」もほとんど同じになります。

 

限度額は「アコム」の方が高い

確かに融資限度額は「アコム」の方が高いですが、融資限度額一杯で誰でも借りられるわけではありません。「レイク」は総量規制の対象になるので「融資限度額は年収の3分の1以内」という制限を受けます。

 

ですから、最大限度額800万円を借りようとすれば、少なくても年収2,400万円以上必要になります。

 

一方「レイク」は銀行カードローンなので総量規制の対象外になるので、審査に通れば年収に関係なく限度額が決まるので、高額融資の可能性も出てきます。

 

審査時間はどちらもほとんど同じ

審査時間はどちらも30分程度と公表しているので、平日の午後2時までに契約や手続きが完了していれば、当日振込も可能です。むじんくんや自動契約機があるので、銀行の営業時間外や、土日・祝日でも即日融資が可能です。

 

銀行カードローンという安心感

「レイク」は本来消費者金融であったのが、システムやノウハウ、店舗、人員全てを新生銀行に譲渡して、新たに銀行カードローンとして発足したカードローンです。

 

そのため、消費者金融のメリットもあれば、銀行カードローンのメリットも備わっているので、銀行カードローンでありながら、消費者金融のメリットも持ったカードローンです。

 

「アコム」と「レイク」、スペックや会員サービスを見る限りほとんど同じなので、どちらがおすすめかは利用者がどう使うかで判断する必要があります。

 

ただ、「アコム」はACマスターカードの申込が出来る事や「レイク」の無利息期間は2種類から選べる、というような独自のサービスもあるので、それらを含めて、自分が使いやすい方を選べばよいのではないでしょうか。

 


×