アコムの金利はどれくらい?利息を安くする方法はある?

アコムの金利はどれくらい?

「アコム」は三菱UFJフィナンシャルグループの傘下にある大手消費者金融で、クレジット機能を備えたアコムカードもあり、初めてキャッシングを利用する方に人気があります。

 

アコムは大手消費者金融の中でも、審査通過率が最も高く、申し込みをした人の約半数の人が審査に通っているカードローンです。

 

アコムの申し込みを考えている人にアコムの金利や融資限度額などのスペックや審査について紹介しますので、参考にして下さい。

 

 

≪目次≫

  1. アコムの基本スペックと申し込み条件
  2. 返済シミュレーションで利息を調べる
  3. アコムの返済方法
  4. 利息を減らすには繰り上げ返済がおすすめ
  5. まとめ

 

 

アコムの基本スペックと申し込み条件

アコム
金利 3.0%~18.0%
融資限度額 最大800万円
申し込み条件
  • 20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方

※安定した収入が有れば、主婦や学生でもパート・アルバイトなどで安定した収入が有れば、審査のうえご利用が可能です

 

アコムの金利は「年3.0~18.0%」となっていて、借入限度額によって金利が変わります。

 

上限金利18.0%というのは、消費者金融では一般的な金利水準で、プロミスの17.8%以外は、大手消費者金融はすべて18.0%の設定になっています。

 

アコムの下限金利は3.0%と低くなっていますが、これは融資限度額が最高限度額800万円に近付くにつれて、金利も3.0%に近くなっていきます。

 

 

この金利は、法律上、利息制限法で元金の額が10万円~100万円未満の場合に決められている金利の上限が18%なので、消費者金融は18%に設定しているところが多いです。

 

申し込み条件も、他の大手消費者金融とほとんど同じで、基本的に満年齢20歳以上で安定した収入があれば、パートやアルバイト、派遣社員などでも申し込みができます

 

返済シミュレーションで利息を調べる

カードローンでお金を借りた時「どれくらいの利息を支払うのかが気になるところですが、金利を調べるのに最も簡単な方法は、アコムの返済シミュレーションを利用すれば簡単にわかります。

 

アコムのホームページに「ご返済シミュレーション」があるので、それを使って計算することが出来ます。

 

たとえば、10万円を18,0%の利率、12回払いで返済する時、借入ご希望金額に10(万円)、借入利率に18(%)、ご返済回数に12(回)と入力して「シミュレーションする」ボタンを押せば計算され、毎月返済額は9,167円と表示され、返済計画表には返済回数ごとの利息などが詳細に知ることが出来ます。

 

回数 返済額 元金 利息 残高
累計 110,100 100,000 10,011
9,167 7,667 1,500 92,333
2 9,167 7,783 1,384 84,550
3 9,167 7,899 1,268 76,651
4 9,167 8,018 1,149 68,633
5 9,167 8,138 1,029 60,495
6 9,167 8,260 907 52,235
7 9,167 8,384 783 43,851
8 9,167 8,510 657 35,341
9 9,167 8,637 530 26,704
10 9,167 8,767 400 17,937
11 9,167 8,898 269 9,039
12 9,167 9,032 135 7
13 7 7 0 0

 

アコムの返済シミュレーションは、返済回数で毎月返済額が調べられますが、プロミスの返済シミュレーションは、返済期間で調べる方法や毎月の返済額で調べる方法、借入可能額シミュレーションなどがあるので、返済方法などの条件を変えてシミュレーションすることが出来ます。

 

アコムの返済方法

アコムには2種類の返済方法があり、返済方法によって利息が違ってきます。

 

返済方法は

  1. 「35日毎」
  2. 「毎月指定日」

の2種類から選ぶことになります。

 

35日毎

返済日の翌日から数えて35日ごとに返済していく方法で、初回利用時は借入日の翌日から数えて35日以内が初回の返済日になります。この返済方法は、30日間無利息サービスが利用できるため、基本的にはこちらの返済方法の方が利息は少なくなります。

 

ただし、長期間の返済で、支払い期日ギリギリに返済をする場合は、「毎月指定期日」よりも支払いのサイクルが遅くなるため、利息が高くなってしまう事もあるので、35日単位ではなく毎月決められた返済日に返済する「毎月指定期日」がおすすめです。

 

毎月指定期日

「毎月指定期日は」利用者が自由に毎月の返済日が決められる返済方法です。ただし、口座振替を利用する場合は、毎月6日に設定されます。長期間の返済になる場合は、こちらの返済方法の方がお得になる場合があります。

 

また、「毎月指定期日」は、毎月決まった日を自分で決めて返済をしていくので、「返済日を忘れていた」というような、うっかり忘れのリスクが少なくなります。

 

利息を減らすには繰り上げ返済がおすすめ

アコムの返済日は先ほど述べた通り「35日ごと」と毎月決まった日「約定返済着」にから選ぶことになりますが、毎月の決まった返済以外に臨時で返済することも可能です。

 

返済日以外に返済したお金は、すべて元金の返済に充てられます。

 

ですから、その元金に対して返済しなければならない利息も一緒に減るので、総返済額を少なくすることができます。

 

一般的に、繰り上げ返済は、通常の指定口座からの返済以外に、提携コンビニのATMから何時でも返済できます

 

ただし、繰り上げ返済はタイミングが重要で、無理な繰り上げ返済をしたために、新たな借り入れをしなければならなくなったという事もあるので、繰り上げ返済をする時は、お金に余裕がある時がおすすめです。

 

また、金融機関によって、繰り上げ返済に手数料がかかる場合や、事前に連絡が必要な場合もあるので、事前に繰り上げ返済が可能かどうかを確認する必要があります。

 

まとめ

アコムの金利は3.0%~18.0%となっているので借り入れ限度額を増やさなければ金利が下がる事はありませんが、限度額を増やす方法として増額申請があります。

 

増額は、優良顧客と認めた人にアコムから増額の案内があるので、その時に申請すれば増額が可能になり、限度額に応じて金利も下がります。

 

また、増額は「アコムで継続して利用している方」や「アコムでの返済遅れはしたことがない方」「他社からの借り入れもしっかりできている方」なら、自分から申請する事もできるので、一度アコムの担当者に増額が可能か相談してみる事をおすすめします。


×