アコム 返済方法は 一括払いか分割払いどちらがおすすめ?

アコムのおすすめ返済方法は 一括払それとも分割払い?

 

カードローンでお金を借りると、翌月から返済が始まります。返済方法はそれぞれに違いがありますが、「アコム」には多くの返済方法が用意されているので、自分の環境に合わせた返済方法が選べます。

 

アコムの返済方法や手数料がかからない返済方法など併せて紹介します。

 

 

≪目次≫

  1. アコムの返済方法
  2. アコムの返済日は2通り
  3. 利息を減らすには繰り上げ返済がおすすめ
  4. 毎月返済、一括返済、分割返済どれがおすすめ?
  5. 借りる前に返済計画を立てる事が重要
  6. まとめ

 

 

アコムの返済方法

アコムの返済方法は

  1. 「口座振替」
  2. 「銀行振り込み」
  3. 「インターネット返済」
  4. 「提携ATMからの返済」
  5. 「店舗からの返済」

の5つから選ぶ事が出来ます。

 

多くの返済方法の中から自分の環境に合わせた返済方法が選べるので、近所にアコムの店舗がないとか、キャッシングできるATMがなかったとしても安心してアコムが利用できます。

 

ただし、返済方法によっては手数料が必要になる場合があるので、しっかり把握しておかないと思わぬ損をしてしまうこともあります。

 

口座振替

口座振替は返済日を気にすることがないので、返済遅れなどが発生することがありませんどこの銀行口座でも振替が可能ですし、口座振替なら手数料は不要なのでかかりません。

 

最初の手続きが少し面倒ですが、自分の口座にお金を入れておくことで引き落とされるので返済日を気にすることはありませんが、口座に残高がなくて引き落としが出来なかったという事もあるので、口座の管理に注意が必要です。

 

銀行振り込み

銀行振り込みは一番手数料がかかってしまう返済方法です。

 

アコムの場合、三菱UFJ銀行系列なので、三菱UFJ銀行を利用する場合、3万円以下は216円、3万円以上は4323円、その他の銀行からの振り込みは3万円以下なら432円、3万円以上は648円もの手数料を支払う必要があるので、できれば避けたい返済方法です。

 

インターネット返済

インターネット返済は24時間365日、パソコンやスマホ、携帯から銀行振込で返済することができる便利なサービス。「インターネットバンキング」の申し込みが必要ですが、インターネットからの返済は全て振り込み手数料無料で利用できます。

 

最初の手続きが多少面倒ですが、手数料無料でATMを探し回らなくてもよいというメリットがあります。急ぎで返済したい場合や、ATMが近所にない場合はインターネット返済が最もスピーディで簡単です。

 

うっかり返済を忘れそうになっても、スマホからでも簡単に返済できるので、インターネットバンキング対応の銀行口座にしておくことをおススメします。

 

提携ATMから返済

カードを使ってコンビニや銀行ATMからの返済はどこにでもあるので便利ですが、提携ATMを利用する時は、1万円いかは108円、1万円以上は216円の利用手数料をしはらうことになります。

 

このように、提携ATMを利用する時は手数料が必要になるので、多少面倒でもインターネット返済に切り替えるか、口座振替にした方が断然オトクです。

 

アコムの返済日は2通り

アコムには2種類の返済方法があり、返済方法によって利息が違ってきます。

 

返済方法は

  1. 「35日毎」
  2. 「毎月指定日」

の2種類から選ぶことになります。

 

毎月指定期日返済

「毎月指定期日」は利用者が自由に毎月の返済日を決められる返済方法です。

 

「毎月指定期日」は、毎月決まった日を自分で決めて返済をしていくので、「返済日を忘れていた」というような、うっかり忘れのリスクが少なくなります。ただし、口座振替で返済する場合は、毎月6日に設定されますが、長期間の返済になる場合は、口座振替なら手数料が不要なのでお得感があります。

 

35日返済

返済日の翌日から数えて35日ごとに返済していく方法で、初回利用時は借入日の翌日から数えて35日以内が初回の返済日になります。この返済方法は、30日間無利息サービスが利用できるため、基本的にはこちらの返済方法の方が利息は少なくなります。

 

ただし、長期の返済予定で、支払い期日ギリギリに返済をする場合は、「毎月指定期日」よりも支払いのサイクルが長くなるため、利息が高くなってしまうので、35日単位ではなく毎月決められた返済日に返済する「毎月指定期日」がおすすめです。

 

利息を減らすには繰り上げ返済がおすすめ

 

アコムの返済日は先ほど述べた通り「35日ごと」と毎月決まった日「約定返済着」にから選ぶことになりますが、毎月の決まった返済以外に臨時で返済することも可能です。返済日以外に返済したお金は、すべて元金の返済に充てられます

 

ですから、その元金に対して返済しなければならない利息も一緒に減るので、総返済額を少なくすることができます。

 

一般的に、繰り上げ返済は、通常の指定口座からの返済以外に、提携コンビニのATMから何時でも返済できます。

 

ただし、繰り上げ返済はタイミングが重要で、無理な繰り上げ返済をしたために、新たな借り入れをしなければならなくなったという事もあるので、繰り上げ返済をする時は、お金に余裕がある時がおすすめです。

 

また、金融機関によって、繰り上げ返済に手数料がかかる場合や、事前に連絡が必要な場合もあるので、事前に繰り上げ返済が可能かどうかを確認する必要があります。

 

返済方法は毎月返済、一括返済、分割返済どれがおすすめ?

アコムでお金を借りた時の返済方法は、借り入残高によって決められた毎月返済額を支払う方法や、一括返済などがあります。

 

一部、インターネット上では「分割返済も可能」という書き込みも見られますが、これはおそらくACマスタカードの返済方法がリボ払いとなっているのでそれと勘違いしているのかもしれません。

 

毎月返済

毎月返済は、借り入残高によって毎月最低返済額(ミニマムペイント)が決まっていて、最低でもそれだけは支払わなければなりません。

 

アコムの毎月返済額がいくらになるのかは下記の表で決まります。

 

ご契約極度額 一定の割合
30万円以下の場合 借入残高の4.2%以上
30万円超、100万円以下の場合 借入残高の3.0%以上
100万円超の場合
  • 借入金額の3.0%以上
  • 借入金額の2.5%以上
  • 借入金額の2.0%以上
  • 借入金額の1.5%以上

 

例えば30万円以下は借り入残高の4.2%以上となっているので、10万円かりた場合は、10万円×4.2%=4,200円→1,000円単位となるので最低でも5,000円を返済する事になります。

 

一括返済

利息を最も少なくする方法は、早い時期に一括返済をしてしまう事ですが、一括返済をする時は、タイミングが重要になります。

 

もちろんアコムも一括返済が可能で、まとめて返済が出来ればそれ以降の利息は不要になりますが、無理をして一括返済をした場合、翌月にはまたお金が足りなくなってしまい、改めて借り入れをするという事があります。

 

ですから、一括返済をする時は、お金に余裕がある時にする必要があります。一括返済なら利息が少なくなりますが、無理なく利息が減らせる繰り上げ返済をおすすめします。

 

繰り上げ返済

繰り上げ返済は、お金に余裕が出来た時、毎月返済額に上乗せして支払う方法で、繰り上げ返済は提携ATMからいつでも返済が可能ですし、毎月返済以外に支払ったお金はすべて元金返済に充当されるので、元金返済が早く進みます。

 

元金返済が早くなるという事は、借入期間が短くなるので利息を含めた総返済額を少なくすることが出来ます。繰り上げ返済は、無理をする必要がなくお金に余裕が出来た時だけ繰り上げ返済をすればよいので、生活に負担がかかるという事はありません。

 

借りる前に返済計画を立てる事が重要

カードローンでお金を借りる時重要なのは「借りたら何とかなる」というのではなく、「毎月どれくらいの返済が出来るか」を知る事が重要になります。

 

そのためには、アコムのサイトに用意されている返済シミュレーションを利用して、どれくらい借りたら毎月返済額はいくらになるかという事を知って、返済計画を立てる事が大切です。

 

たとえば、先ほどの例で10万円かりた時、24回払いで計算すると、毎月返済額は4,992年→5,000円になり利息合計は19,8083円になります。返済回数を12回にすると毎月返済額は9,167円以上となり、利息合計は10,011円になるので返済回数を減らす事が出来れば利息が少なくなります。

 

ちなみに「プロミス」の返済シミュレーションは、返済回数以外に毎月返済額をどれくらいにすれば、返済回数が何回で、利息合計はいくらというシミュレーションが出来るので、「プロミス」の返済シミュレーションも試してみる事をおすすめします。

 

まとめ

アコムの毎月返済額は低めの設定になっているので、返済が出来なくなるという事は考える必要はありません。しかし、長い間利用を続けていると、時には返済することが難しくなる事もあります。

 

本来はどんな理由があるにしても、返済が遅れるという事はあってはならない事ですが、どうしても返済が難しい場合は、返済期日が来る前にアコムのコールセンターに電話をして今月の返済が難しい旨を相談することをおすすめします。

 

これまでの返済実績によっては、今月の返済額のみ減額してもらえる場合もありますし、最低返済額が支払えない場合は、利息だけの返済でもOKにしてもらえたという口コミ情報もあります。

 

しっかりと返済を続けていれば、このような対応をしてもらえる可能性もあるので、日ごろから遅れることなく返済を続けることが大切です。


×