アコムVSアイフル借りるならどっちがいい?

アコムVSアイフル借りるならどちら?

消費者金融でお金を借りたいと思った時、「大手消費者金融ならどこでも同じ」という意見もあります。

 

テレビコマーシャルでもよく知られている「アコム」と「アイフル」も同じように思えますが、サービス内容や利率、申し込み方法、審査基準など、あらゆる方面から比較するとそれぞれにメリット・デメリットがあります。

 

そこで、消費者金融でキャッシングを考えている方のために「アコム」と「アイフル」どちらがお得かを比較してみたので、参考にしてください。

 

 

≪目次≫

 

 

「アコム」と「アイフル」の基本スペック

比較項目 アコム アイフル

(キャッシングローン)

金利(実質年率) 3.0%~18.0% 4.5%~18.0%
融資限度額 800万円まで 500万円まで
遅延損害金 実質年率20.0% 実質年率20.0%
即日融資 可能 可能
無利息期間 契約翌日より30日間 契約翌日より30日間
返済期間・回数 最長9年7カ月・~100回 最長11年11カ月・~143回

 

「アコム」と「アイフル」金利を比較する。

「アコム」の金利は3.0%~18.0%、「アイフル」は4.5%~18.0%となっています。

 

「アコム」には金利表があるので、目安としていくら借りたらいくらの金利になるかが解ります。

 

 

「アコム」の金利表

契約極度額 適用金利
501万円~800万円 3.0%~4.7%
301万円~500万円 4.7%~7.7%
100万円~300万円 7.7%~15.0%
1万円~99万円 7.7%~18.0%

 

「アイフル」の場合、金利表がなく補足として「借入金額50万円までは年18.0%、借入金額100万円~300万円は年15.0%、借入金額300万円超は年12.0%で借入れされ、約定日制(毎月25日などの一定日)にて返済する場合を想定しております。」と利息制限法で定められた金利が書かれています。

 

どちらにしても詳しい金利や融資限度額7.7%~15.0%、「アイフル」は18.0%となります。

 

単純に金利だけを比較すると「アコム」の方が低い金利と言えますが、キャッシングの初回申込時はよほどの事がない限り、上限金利の18.0%が適用されるので、実際のところそれほど差はありません

 

金利表がなぜ必要かと言えば、「アコム」を例にとると。基本スペックは3.0%~18.0%と書かれていますが、金利表があればいくら借りればどれくらいの適用金利になるかがわかります。

 

適用金利は借入れをした時の金利に反映されるので、たとえば99万円以下なら最大18.0%ですが、100万円~300万円の範囲内なら7.7%~15.0%の範囲となっています。同じ50万円を借りても99万円以下の限度額の場合は最大18.0%の金利適用になり、限度額300万円の時は最大で15.0%と、3.0%の開きが出てきます。

 

ですから、申込をする時は、限度額がいくらでその時の金利はいくらかを確認して比較する必要があります。

 

「アコム」と「アイフル」融資限度額を比較する。

「アコム」の融資限度額は800万円、「アイフル」の融資限度額は500万円と差がありますが、最大融資限度額はそれほど気にする必要はありません。というのも「アコム」「アイフル」は消費者金融なので、総量規制の対象になります。

 

総量規制で「融資限度額は年収の3分の1以内」という制限を受けるので、例えば「アコム」で800万円借りるには年収が24,00万円必要ですし、「アイフル」で500万円借りようと思えば年収1,500万円必要になります。

 

現実としてこれだけの年収が有れば、お金を借りる必要はないでしょうし、ほかに借りる方法を考えるでしょう。融資限度額は、自分の年収で融資限度額が決まるので、基本スペックの融資限度額がいくら多くても、借入する際の比較項目にはなりません。

 

また、初回申込時の融資限度額は幾ら多くてもよほどの事がない限り、50万円以下の設定になる場合がほとんどです。

 

「それなら融資限度額は年収の3分の1まで増えないの?」という疑問が起こりますが、増額申請をすれば限度額を増やす事が可能です。増額は限度額を増やすための方法で、消費者金融や銀行カードローンなどでもほとんどが増額可能となっています。

 

ですから、初回の借入限度が少なくても、せめて半年以上、継続した利用をしていれば、キャッシング会社から増額の案内が届くようになりますし、自分から申込む事も出来るようになります。増額案内が届いた時、続けて手続きをすれば限度額を少しずつ増やす事が出来るので、増額を重ねる事で、最終的に年収の3分の1まで増やせます。

 

「アコム」と「アイフル」即日融資を比較する。

「アコム」「アイフル」両社とももちろん即日融資は可能です。

 

アコムの即日融資

「アコム」は最短30分で審査回答が得られると公表しているように、審査スピードが早い事で人気があります。

 

「アコム」の申込方法は、

  • パソコンやスマホ・ケータイを使ってホームページから申込む方法
  • 店頭窓口・むじんくんから申込む方法
  • 電話による申込方法
  • 郵送で申し込む方法

から選べますが、即日融資で借りたい時は郵送以外を選ぶ事がポイントです。

 

「アコム」で、即日振込を依頼するときは平日の午後2時30分までに契約手続きを完了している必要があります。

 

ネットバンキングから借入を申込めば初回に限り、平日18時までに電話で振込依頼をすれば指定口座への即日融資をしてもらうことができます。その際、18時までに契約を終える必要があるので、17時までに申込みをすれば即日融資が可能です。平日以外の土日祝日に即日融資も可能なので心配ありません。

 

「むじんくん」なら365日営業しているので、インターネットから申込を済ませておいて「むじんくん」で本審査を受けてカードを受け取り、カードを使ってATMからお金を引き出すという方法もあるので、365日即日融資は可能です。

 

 

アイフルの即日融資

「アイフル」の申込方法は

  • インターネット申込
  • アイフル店舗・契約ルーム
  • 電話での申込方法

があり、どの方法を選んでも即日融資が可能です。

 

最近は24時間申込が可能なインターネット申込に人気があります。インターネットから申込を済ませ、申込が完了した後受付完了メールが届くので、メールが届いたら指定フリーダイヤルへ電話を入れて急いでいる事を伝えれば、優先して審査が行われるので安心です。

 

「アイフル」には独自の申込方法があります。契約ルームに設置されている「てまいらず」があります。

 

無人契約機だと、機械の操作がわからないとか、操作が不安になる場合もありますが、「てまいらず」はそのような方々のために導入された申込方法で、カードの発行について、聞きたいことや、確認したいことなどがあれば、その都度オペレーターに電話で質問できるので、申込に際しての心配事は解消される申込方法です。

 

契約が完了すれば、その場でカードが発効されるので、そのカードを使ってATMからお金を引き出せるようになります。

 

「アコム」と「アイフル」無利息期間を比較する。

大手消費者金融の「アコム」や「アイフル」は30日間無利息期間サービスが利用できます。

 

このサービスは、新規顧客獲得のためのサービスで、初回契約時に限り利用できます。「アコム」と「アイフル」の無利息期間サービスはほとんど同じです。

 

無利息期間の利用開始は、どちらも契約した翌日から30日間となっています。たとえば、契約をした翌日に初回の借入をして、30日以内に返済すれば、借入金だけの返済だけで利息を支払う必要がありません。

 

また、契約10日後に借入をし、そこから30日後に返済した時は、20日間は無利息期間が適用されますが、残り10日は通常の利息を支払う事になります。もちろん、20日以内に完済すれば利息は不要です。

 

無利息期間がどれくらいお得感があるのか、10万円を金利18.0%、毎月返済額3,000円で借り入れをし、無利息期間を30日として返済シミュレーションで比較すると、無利息期間を使った場合、利息合計は35,909円になります。

 

無利息期間がない場合は利息総額39,939円となり、無利息期間を使えば約4,000円程度利息が少なくなります。金額が大きくなればなるほど、お得感がありますが、長期返済で考えている場合は、無利息期間を利用した方が得か、金利の低いところで借りる方が得かの判断をする必要があります。

 

「アコム」と「アイフル」申込条件を比較する。

「アコム」の申込条件は、「20歳~69歳までで、安定した収入があり返済できる能力がある方」となります。

 

「アコム」の申込条件はこれだけなので、成人で安定した収入があれば、正社員だけでなく、パートやアルバイト、派遣社員、兼業主婦のように年収があれば申込が出来ますが、無収入の専業主婦や、年金収入だけの方は残念ながら申込は出来ません。

 

「アイフル」の申込条件は、「満20歳~70歳(国内居住の方)」とだけ書かれているので、「アコム」同様、パートやアルバイト、派遣社員、兼業主婦でも安定した収入があれば、申込が可能です。ちなみに申込に必要な書類がありますが、基本的には本人確認書類として運転免許証、や健康保険証、パスポートなどの写しが必要になります。

 

借入残高が50万円を超える場合や、すでに他社で借入が有る場合、その借入残高との合計が100万円を超える場合は、別途収入証明書類(源泉徴収票や所得証明書、確定申告書、直近1~2ヶ月の給与明細書など)を用意しておく必要があります。

 

「アコム」と「アイフル」借入方法を比較する。

 

借入方法は「アコム」なら

  • ネットキャッシング
  • 電話での振込依頼
  • むじんくんや店舗のATM
  • 提携銀行やコンビニATM

から借入が可能です。

 

「アイフル」は

  • ネットキャッシング
  • 電話での振込依頼
  • アイフルATM
  • 提携銀行
  • コンビニATM

から借入が可能です。

 

 

どちらもネットの振り込みで借りる方法、提携コンビニATMで借りる方法がありますが、消費者金融の場合、提携コンビニATMを利用すると利用手数料が必要になるので、振込キャッシングをおすすめします。

 

 

「アコム」は契約完了後会員メニューから振込依頼が出来ます。利用時間はそれぞれ、金融機関によって違ってきます。

 

金融機関 曜日 受付時間 振込実施の目安
楽天銀行 月曜 〜 日曜・祝日 0:10 〜 23:50 受付完了から1分程度
ゆうちょ銀行 月曜 〜 金曜 0:10 〜 9:00 当日 正午頃
9:00 〜 14:00 当日 17:00まで
14:00 〜 23:50 翌営業日 正午頃
土・日・祝日 0:10 〜 23:50 営業日 正午頃
地方銀行/信用金庫 月曜 〜 金曜 0:10 〜 9:00 当日 9:30頃
9:00 〜 14:30 受付完了から1分程度
14:30 〜 23:50 翌営業日 9:30頃
土・日・祝日 0:10 〜 23:50 翌営業日 9:30頃

 

ただし、曜日ごとに振込時間は受付時間によって変わるので、事前に確認しておく必要があります。

 

電話での依頼も平日、土日・祝日0時10分~23時50分の間で振込依頼が可能ですが、こちらも曜日ごとに受付時間ごとに振込実施の時間が違うので確認しておく必要があります。また電話での申込も可能で、「アイフル」の借入方法も「アコム」とほとんど同じです。

 

提携銀行は三菱東京UFJ銀行、イオン銀行、西日本シティ銀行、親和銀行などで、利用できる提携コンビニATMはセブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、サンクス、ミニストップ、ポプラ、スリーエフ、デイリーヤマザキATMが利用可能です。

 

「アイフル」のネットキャッシングは、銀行の営業時間の関係で、平日の14時半頃までに振込の依頼手続きを済ませないと、振込が翌日になってしまう場合があります。初めてアイフルを利用する時にネットキャッシングを希望する時は、平日の午前中に申込を済ませておく事がポイントです。

 

また、15時以降に即日融資を希望する場合は、契約ルームが便利です。自動契約機は22時まで営業しているので、銀行の営業時間外になってもその場でカードが受け取れるので、カードを使えばATMでお金が引き出せます。

 

「アコム」と「アイフル」返済方法を比較する。

 

「アコム」の返済方法は、

  • 口座引き落とし
  • カード返済
  • ネットバンキング

で返済ができます。

 

インターネットバンキングの利用申込をしていれば、インターネット使った返済が可能です。インターネット返済なら手数料が無料になる事や、平日に限らず土日・祝日でも24時間返済が可能なので、銀行の営業時間を気にする事がありません。

 

「アコム」は、会員サービスのWeb明細を利用していないと、ネット返済や口座振替で返済した場合、利用明細が送られてきます。家族にばれずに、キャッシングしたい人は、借入れ・返済ともATMを利用すれば明細書が送られてこないので安心です。

 

「アイフル」の偏差方法は「アコム」と違いはありません。キャッシング会社によっては、口座振替の手続きがかなり面倒な場合もあります。口座引落しの場合、決められた日に引き落としされるので、口座の管理をしなければならない事もあって、ATM返済を利用している人も多いです。

 

アイフルのATMでは「カードなし返済」ができるようになっています。

 

名前や生年月日の入力で返済が出来るのでカードを忘れていても返済する事が出来るので、カードを取りに帰らなければならないという事がありません。

 

「アコム」「アイフル」の最低毎月返済額は、借入残高によって違ってきます。「アコム」の場合は借入残高の4.2%以上とか3.0%以上という形で計算する必要があります

 

たとえば、契約極度額が30万円以下の場合は借入金額の4.2%以上、借入極度額が30万円以上の場合は3.0%以上、極度額100万円以上の場合は、3.0%以上、2.5%以上、2.0%以上、1.5%以上のいずれかとなっているので、極度額40万円の時、10万円借りたとする10万円×3.0%=3,000円が毎月最低返済額になります。

 

「アイフル」の場合は返済表があるので、それに沿って毎月返済額が変わります。

借入直後残高 返済額
サイクル制 約定日制
10万円以下 5,000円 4,000円
10万円超~20万円以下 9,000円 8,000円
20万円超~30万円以下 13,000円 11,000円
30万円超~40万円以下 13,000円 11,000円
40万円超~50万円以下 15,000円 13,000円
50万円超~60万円以下 18,000円 16,000円
60万円超~70万円以下 21,000円 18,000円
70万円超~80万円以下 24,000円 21,000円
80万円超~90万円以下 27,000円 23,000円
90万円超~100万円以下 30,000円 26,000円
100万円超~300万円以下は10万円毎 1,000円ずつ加算
300万円超~310万円以下 51,000円 47,000円
300万円超~490万円以下は10万円毎 1,000円ずつ加算
490万円超~500万円以下 70,000円 66,000

 

サイクル制とは「返済日の翌日から35日後が次回返済日になる」と言う返済方法で、「約定日」とは自分の都合の良い日を決めて、その日に返済するという方法です。

 

たとえば借入残高が10万円の場合、サイクル制の方は5,000円、約定日制の方は4,000円が最低返済額になります。

 

「アコム」と「アイフル」審査通過率を比較する。

キャッシングは申込をすると必ず審査が有ります。融資が受けられるのか、融資が可能ならどれくらいまで貸せるのか、その時の金利いくらなのかという事は審査によって決まります。この審査基準はそれぞれのキャッシング会社で違い、審査に通りやすいところや通りにくいところが出てきます。

 

審査に通りやすいか通りにくいかを判断するために「審査通過率」というものがあります。

 

「審査通過率」とは、新規で申込をした人のうち、どれくらいの人が審査に通ったのかをあらすもので、通過率が高ければ高いほど借り易いという事になります。

 

「アコム」と「アイフル」の審査通過率

 

「アコム」は

新規申込数 新規顧客数 審査通過率(%)
2016年1月 36,272 16,496 45.5
2016年2月 37,032 17,417 47.0
2016年3月 44,626 20,668 46.3
2016年4月 39,804 18,798 47.2
2016年5月 46,122 22,234 48.2
2015年合計 462,434 221,791 47.9

 

最も高かったのは2016年5月の48.2%が最も高く、この時申込をした人の約半数近くの人が審査に通ったという事になります。

 

「アイフル」は

新規申込数 新規顧客数 審査通過率(%)
2016年1月 29,046 13,558 46.7
2016年2月 31,856 15,216 47.8
2016年3月 40,109 18,949 47.2
2016年4月 34,125 15,673 45.9
2016年5月 37,109 17,458 47.0
2015年合計 388,541 180,666 46.5

 

「アイフル」の審査通過率は平均して46%~47%となっています。

 

ちなみに、銀行カードローンの中でも新生銀行カードローン「レイク」の審査通過率は高い方と言われていますが、それでも34%~35%なので、「アコム」「レイク「」の審査通過率がいかに高いかがわかります。

 

診察通過率を比較した場合、わずかですが「アコム」の方が借り易いと言えるかもしれません。

 

「アコム」と「アイフル」独自サービスを比較する。

「アコム」と「アイフル」、基本スペック融資限度額を除いてほとんど同じなので「どちらを選んでも同じじゃない?」思う方も少なくありません。

 

しかし、「レイク」「アイフル」とも独自のサービスを持っているので、比較する時はそれらも含めて比較する事がポイントです。

 

「アコム」はローンカードにクレジット機能が付けられる

「アコム」はACマスターカードという、クレジットカードが利用できるというメリットがあります。一般的にクレジットカードは、クレジット会社や信販会社で申込みをしますが、消費者金融「アコム」でクレジットカードの申込が出来ます。

 

一般のクレジットカードは、ポイントサービスや旅行保険といった付帯特典がついていますが、アコムACマスターカードは、のない最小限機能がついたカードになっています。

 

ACマスターカードは必要最低限の構成なので、他の一般的なクレジットカードを申込んでも審査に通る自信のない方でも安心して申込が出来るクレジットカードとなっています。

 

一般的なクレジットカードは申込をしてから早くて1週間というクレジットカードが多いのですが、ACマスターカードは申込から1時間程度で利用できるようになります。「いますぐクレジットカードを使いたい」という方は、ACマスターカードの申込をすれば、最短1時間程度でカードが受け取れるので、時間を気にする事はありません。

 

クレジットカードの利用方法は人によって違いがあります。買物をしたいけれど、通販などでの買い物はクレジットカードでないと利用できないという場合もあります。

 

海外旅行へ出かけた時は、クレジットカードが一枚あれば、現金を持ち歩かなくても自由に買い物ができるので、クレジットカードを持っておきたいと思う時もあります。

 

そんな時でも、即日発行のACマスターカードなら何の心配もありません。「アコムACマスターカードは、むじんくんから申込をすれば土日祝日・夜間でも、スピード審査で即日クレジットカードを受け取ることが可能です。

 

アコムでキャッシングの申込を済ませた後、電話で「クレジット機能をつけてほしい」と伝えるだけで、審査結果が出てからむじんくんへカードを取りに行くという方法もとれます。

 

一般的なクレジットカードはどちらかと言えばショッピング枠が主体で、キャッシング枠が小さくなる場合が多いです。アコムACマスターカードはキャッシング機能が主体となり、クレジットの利用限度額は最大で300万円、カードローン付きなら、クレジット機能とキャッシング機能併せて最大で800万円まで利用することが出来ます。

 

「アコム」はクレジットカードも併せて利用したいという方にとっておすすめのカードです。

 

アイフルは多くの商品から選ぶ事が可能

 

アイフルの金融商品

商品名 金利(年率) 融資限度額
キャッシングローン 4.5%~18.0% 500万円
かりかえMAX 12.0%~17.5% 500万円
おまとめMAX 12.0%~15.0% 500万円
事業者サポートプラン(無担保) 6.0%~18.0% 500万円
事業者サポートプラン(不動産担保) 6.8%~12.0% 100万円~1億円
SuLaLi 18.0% 最10万円
ファーストプレミアムカードローン 4.5%~9.5% 100万円~500万円
目的別ローン 9.8%~17.0% 100万円

 

キャッシングローン」が一般的なカードローンですが、

  • 「かりかえMAX」
  • 「おまとめMAX」
  • 「事業者サポートプラン」

は総量規制の「例外」になるので、審査に通れば年収の3分の以上の借入も可能なカードローンが利用できます。

 

「SuLaLi」は女性専用のカードローンで、限度額10万円と少し低めの設定になっていて、少しだけお金が足りないという時におすすめの商品です。

 

「ファーストプレミアムカードローン」は満23歳~59歳の方で一定の年収がある方で、「アイフル」を初めてご利用される方なら9.5%という低金利でカードローンが利用できます。

 

「目的別ローン」は用途が決まっていれば利用できる商品で、キャッシングローンと比べても1.0%程度低金利で利用できます。

 

このように「アイフル」には様々な商品が用意されているので、利用目的などが決まっていれば、その目的に適したカードローンが選べます。

 

アコムVSアイフル アルバイト・パートが借りやすいのはどっち?

キャッシングでお金を借りたいと思った時は、申込をする前に、サービス内容や利率、申込み方法、審査基準などを比較して、出来るだけメリットが大きいと考えられるキャッシング会社から借りたいものです。

 

中でも「アコム」と「アイフル」はパートやアルバイトでも比較的借り易いと人気のある消費者金融で、どちらで借りる方がよりメリットがあるかを比較してみました。

 

アコム アイフル
金利 3.0%~18.0% 4.5%~18.0%
融資限度額 800万円 500万円
即日融資
申込条件 ※主婦(※専業主婦不可)や学生(20歳以上で安定した収入があれば利用可能)、パート・アルバイトの方でも可 満20歳以上の定期的な収入と返済能力がある方
無利息期間 契約の翌日から30日 契約の翌日から30日

 

違いがあると言えば、金利と融資限度額ですが、この違いは初回借入時に影響する事はありません。

 

下限金利を見るとアコムの方にメリットがあるように見えますが、初回借入時の金利は特別な場合を除いて、上限金利の18.0%が適用されるので、下限金利は比較する必要はありません

 

また、融資限度額もアコムの方が多く借りられると思いがちですが、アコムとアイフルは消費者金融なので、総量規制の対象になっています。

 

其の為、総量規制で「融資限度額は年収の3分の1以内」という制約があるので、融資限度額は収入によって決まるので、融資限度額より「いくらの年収が有るか」という事が重要になります。

 

違いがあるとすれば、アコムの自動契約機の設置数は1065台、アイフルは625台なので、利便性を考えると、アコムがおすすめです。

 

また提携銀行への振込に違いがあります。

アコムは楽天銀行が提携銀行への振込は18時までに完了させれば当日中の振込が可能ですし、楽天銀行に口座があれば24時間何時でも振込が可能です。

 

アイフルは提携している銀行がないので、振込をするには平日の14時10分までに振込依頼を完了させておく必要があります。

 

他の大手消費者金融も含めて比較すると、違いが出てきますが、アコムとアイフルを比較した時、利便性においてアコムの方にメリットがあります。

 

 

まとめ

「アコム」と「アイフル」を比較した時、大きく違うのは「アコム」は三菱UFJフィナンシャルグループの傘下にある大手消費者金融です。「アイフル」は唯一銀行グループに属していない、独立系消費者金融になります。

 

多くの大手消費者金融は、貸金業法の改正後、銀行グループの傘下に入った「アコム」や「プロミス」「モビット」、銀行カードローンに吸収された「レイク」などがありますが、唯一独立系としてどこにも属していないのが「アイフル」です。

 

では銀行系と独立系はどう違うのかといえば、ほとんど大差はありません。唯一言えるのが、銀行系は銀行グループの傘下にあるので安心という面がありますが、銀行傘下の消費者金融になっても適用されるのは貸金業法であり、どこを使っても消費者金融を利用する事になります。

 

さらには、主力商品のカードローンの金利や限度額も、ほとんど変わりがなく、銀行傘下にあるという事はある程度の制限も受けますが「アイフル」はどこにも属していないので、独自の事業展開が可能です。

 

どちらがおすすめかと言えば、多くの商品から選べるという事だけを考えれば「アイフル」がおすすめですし、安心面を重視したいという方は「アコム」がおすすめという事になります。


×