セブン銀行カードローンでお金を借りるには?

セブン銀行カードローンでお金を借りるには?

「セブン銀行ってどこの銀行?」と思われる方もおられますが、「セブン銀行」はネット銀行と呼ばれる、店舗を持たない銀行になります。

 

コンビニの「セブン-イレブン」に設置されているATMがセブン銀行になります。

 

ATMはセブン-イレブンだけではなく、同系列のイトーヨーカドーにも設置されていますし、提携ATMでも利用することができます。またATM事業だけでなく、ホームページからカードローンの申込や普通貯金、定期貯金などの銀行業務も行っているネット銀行です。

 

セブン銀行カードローンの特徴

セブン銀行にはカードローンの申込も可能で、多くの借入希望は期待できませんが、日常生活で一時的な借入をしたいという方におすすめのカードローンです。

 

セブン銀行カードローンは収入証明書類が不要な事や、在籍確認がない事など、口コミなどでも人気があるカードローンのひとつです。

 

セブン銀行カードローンは、総量規制の対象外になるので「融資限度額は年収の3分の1以内」と言う制限は受けないので、年収に関係なく融資が受けられます。また、無収入の専業主婦でも借入が出来るので、主婦の方にも人気が有るカードローンです。

 

 

商品スペック

商品名 金利(年率) 融資限度額
セブン銀行カードローン 15.0% 10万円、30万円、50万円型

 

 

申込条件と必要書類

申込条件
  • セブン銀行口座をお持ちの個人の方
  • ご契約時の年齢が満20歳以上満70歳未満の方
  • セブン銀行の審査基準を満たし、なおかつ当社指定の保証会社(アコム株式会社)の保証を受けられる方
必要書類 不要

※ただし、口座を持っている事が条件なので、口座の開設を併せて申し込むと時は、別途本人確認書類(運転免許証または健康保険証、パスポートなど)の写しが必要になります

 

 

申込方法

申込方法は、口座が有る場合と無い場合で違ってきます

 

口座が有る場合はホームページのダイレクトバンキングから申込になります。口座をお持ちでない方は「ローンサービスと同時に口座開設」から申込をします。

 

口座がない場合は、キャッシュカードを受け取り後、本人確認手続きが済んでからの利用になります。

 

申込から融資までの流れ

「口座が有る場合」

ホームページから申込書に記入して送信

申込書が届けば仮審査が行われ、審査結果が伝えられます。

審査結果を確認した後、本審査が行われます。

本審査が終われば、口座へお金が振り込まれます。

 

カードローンと同時にセブン銀行の口座を申し込んだ場合、キャッシュカードは「本人限定郵便」で送られてきます。

 

「本人限定郵便」を受け取る場合は、本人が本人確認書類(運転免許証など本人が確認できる書類)を提示しなければ受け取ることができないので注意が必要です。

 

 

即日融資でお金を借りるには

セブン銀行カードローンで即日融資を受ける為には、口座を持っている必要が有ります。

 

即日融資で借りるには平日の午前9:00~午後20:30、土日祝日は午前9:00~午後15:30までに申込をすれば当日中に融資が受けられます。

 

受付時間帯が長いので、会社帰りに申込をしても即日融資で借りられるというメリットもあります。

 

返済方法

「セブン銀行カードローン」の毎月返済は、毎月27日にセブン銀行の口座から自動的に引き落としが基本になります。返済日が土日・祝日と重なる場合や、銀行の休日にあたる場合は、翌営業日が返済日となります。

 

借入限度額 返済額
10万円 5,000円
30万円・50万円 10,000円

 

カードローンの返済は「借入残高」に対して毎月返済額が決まる事が多いのですが、セブン銀行カードローンの場合は「借入限度額」によって決まるので、借入残高によって毎月返済額が変わるという事はありません。

 

セブン銀行カードローンの審査は厳しい?

セブン銀行カードローンの申込条件は、パートやアルバイト、派遣社員、専業主婦でも申込が可能です。申込には本人確認書類や収入証明書類が不要な事や、融資限度額がそれほど多くないので一般カードローンと比べれば審査が緩いと言えるかもしれません。

 

ただ、セブン銀行カードローンにも審査基準が有るので、その基準をクリアする必要が有ります。

 

審査を通過するために影響するのが、

  • 収入状況
  • 就労状況
  • 他社借入状況

などが重要視されます。

 

当然の事ですが、収入が低い人より、収入が高い程審査で有利で、収入が多ければ、借入限度額も多くなるというメリットもあります

 

「就労状況」は現在就いている業種、勤続年数、雇用形態などが審査で、重要となってきます。短期間で職場を変えている人より、同じ職場で長く働いている人の方が評価は高くなります。最近はパートやアルバイトの方でもカードローンの申込が出来るようになったと言っても、やはり正社員の方が審査に通る可能性は高くなります。

 

審査は信用情報機関の個人情報からも行われます。個人情報には、他社借入状況や利用状況なども記載されているので、他社の借入れ状況もチェックされます。個人情報にはクレジットヒストリーが登録・保管されているので、加盟している信用情報機関から他社の借り入れ金額や、返済状況をチェックします。

 

借入金額が多いとか、すでに3社以上から借入れしている、延滞を起こした事があるという場合は、審査に通るのが厳しくなります。もし、審査に落ちたという方は、他社への申込を考えるのもひとつの方法ですが「なぜ落ちたのか」をよく考えて、先に問題点を解決する事をおすすめします。