50万円借りるならどこがいい?

50万円借りるならどこがいい?

「プロミス」という名前は、消費者金融を使った事が無い人でも名前だけは聞いた事がある人も少なくありません。

 

「プロミス」は三井住友銀行グループの傘下にある大手消費者金融で、口コミなどでも大変人気が有ります。

 

「プロミス」の人気が有る理由は様々ですが、大手の消費者金融というのは多くの人が選んでいるという事であり、そうなると必然的に使い勝手が良いというメリットがあります。

 

プロミスに人気が有るのは

高い理由として金利が低いという事が挙げられます。

 

「プロミス」の金利は同じ大手消費者金融の「アコム」や「モビット」などよりも低金利でお金が借りられます。

 

銀行カードローンは金利が安いという事がメリットですが「プロミス」の金利は新生銀行カードローン「レイク」よりも低金利で、オリックス銀行カードローンと同じ金利となっています。

 

カードローン 金利 最大融資限度額
消費者金融 プロミス 4.5%~17.8% 500万円
アコム 3.0%~18.0% 800万円
モビット 3.0%~18.0% 800万円
アイフル 3.0%~18.0% 500万円
銀行 新生銀行カードローン 4.5%~18.0% 500万円
オリックス銀行カードローン 1.7%~17.8% 800万円

 

この表から「プロミス」の金利が最も低く、銀行カードローンの「レイク」やオリックス銀行カードローンと比較しても優れていることが解ります。

 

50万円借りた時の返済シミュレーション

実際に「プロミス」の17.8%で借りた場合と、金利18.0%で借りた場合をシミュレーションしてみます。

 

毎月返済額は「プロミス」の場合、50万円×2.53%=12,650円→13,000円でシミュレーションしてみましょう。

 

プロミスで50万円借りた場合 アコムで50万円借りた場合
回数 返済額 利息 返済額 利息
1 13,000 7,416 13,000 7,500
2 13,000 7,333 13,000 7,417
3 13,000 7,249 13,000 7,333
4 13,000 7,164 13,000 7,248
5 13,000 7,077 13,000 7,162
50 13,000 1,511 13,000 1,591
51 13,000 1,341 13,000 1,420
52 13,000 1,168 13,000 1,246
53 13,000 992 13,000 1,070
54 13,000 814 13,000 891
55 13,000 633 13,000 710
56 13,000 450 13,000 525
57 13,000 264 13,000 338
58 5,160 75 10,057 148
累計 746,100 246,160 751,057 251,057

 

返済回数はどちらも58回、「プロミス」の利息は246,160円、総返済額は746,160円、「アコム」他の利息は251,057円、総返済額は751,057円となり、「プロミス」で借りる方が、4,897円利息が安くなります。

 

 

利息を少なくするには

「プロミス」の毎月最低返済額だけを支払っていると、約5年で250,000円の利息を払わなければなりません。一口に25万円と言えば大金です。

 

出来る事なら、少しでも金利を抑えたいと誰もが考えるでしょうが、その方法として単純に、

  1. 返済回数を少なくする
  2. 毎月返済額を増やす
  3. 繰り上げ返済に努める

と言う方法が有ります。

 

返済回数を減らす

返済回数を48回(4年)とした場合の返済シミュレーションは、

           

回数 返済額 元金 利息 残高
1 14,635 7,219 7,416 492,781
2 14,635 7,326 7,309 485,455
3 14,635 7,435 7,200 478,020
4 14,635 7,545 7,090 470,475
5 14,635 7,657 6,978 462,818
40 14,635 12,819 1,816 109,625
41 14,635 13,009 1,626 96,616
42 14,635 13,202 1,433 83,414
43 14,635 13,398 1,237 70,016
44 14,635 13,597 1,038 56,419
45 14,635 13,799 836 42,620
46 14,635 14,003 632 28,617
47 14,635 14,211 424 14,406
48 14,619 14,406 213 0
累計 702,464 500,000 202,464 0

 

利息は202,464円、総返済額は702,464円となり、毎月最低返済額と比較すると43,696円少なくなります。

 

 

毎月返済額を増やす

今度は毎月返済額を20,000円としてシミュレーションしてみましょう。

           

回数 返済額 元金 利息 残高
1 20,000 12,500 7,500 487,500
2 20,000 12,688 7,312 474,812
3 20,000 12,878 7,122 461,934
4 20,000 13,071 6,929 448,863
5 20,000 13,268 6,732 435,595
25 20,000 17,870 2,130 124,196
26 20,000 18,138 1,862 106,058
27 20,000 18,410 1,590 87,648
28 20,000 18,686 1,314 68,962
29 20,000 18,966 1,034 49,996
30 20,000 19,251 749 30,745
31 20,000 19,539 461 11,206
32 11,374 11,206 168 0
累計 631,374 500,000 131,374 0

 

返済回数32回、利息合計は131,374円、毎月最低返済額と比べると利息は114,786円少なくなります。

 

結論から言えば、毎月最低返済額だけで返すのではなく、出来るだけ返済回数を減らしたり、毎月返済額を少しでも増やしたりすれば利息を少なくする事が出来ます。

 

ただ、毎月返済額を増やす場合、余裕をもって返済が続けられればよいのですが、毎月返済額を増やした事で、生活が苦しくなっては何の意味もありません。そこで、少ない利息で借りるために、もっとも適した方法に「繰り上げ返済」で返していくという方法があります。

 

繰り上げ返済で利息を減らす

繰り上げ返済とは、毎月決まった最低返済額に加え、別に追加して返済する方法です。

 

たとえば、普段は毎月返済額で返済を続け、お金に余裕が出来た時は、追加で返済する方法です。

 

繰り上げ返済で入れたお金は全て元金に充てられるので、元金返済がどんどん進み、返済期間を短くする事が出来ます。返済期間が短くなることで、結果的に支払い利息が少なくなるという方法です。

 

この方法なら、普段は返済しやすい毎月返済額だけを支払い、余裕が有ると思った時は支払額を増やせるので、毎月の生活に無理が生じる事が有りません。返済は指定された日にちはありませんので、いつでもATM・や口座振り込みで支払いが出来ます。

 

無駄な経費を減らせば総返済額が少なくなる

「プロミス」でお金を借りると、翌月から返済が始まります。「プロミス」の返済方法は「口フリ」や「インターネット返済」「提携ATM」を使った返済方法が有ります。

 

インターネット返済は土日でも返済が可能で、利用できる金融機関は三井住友銀行や三菱東京UFJ銀行、ジャパンネット銀行、みずほ銀行を利用している方は、手数料無料で返済できます。

 

また、提携コンビニATMにローソンのLoppi、ミニストップのLoppi、ファミリーマートのFamiポートなら返済手数料が無料で利用出来ます。

 

通常、ATMの利用手数料は1万円以下は108円、1万円以上は216円必要ですが、これらの手数料が無料になれば、これらを含めた総返済額を少なくする事が出来ます。「プロミス」は返済手数料無料の返済方法が豊富なので、返済に無駄な費用を使う事はありません。

 

キャッシング会社を決める時は利息以外に、無駄な経費が必要かどうかも比較検討する必要があります。