総量規制対象外カードローン!大手4社徹底比較!借りるならココ!

総量規制とは?

カードローンの商品説明の中で「総量規制」という言葉がよく出てきます。この「総量規制」はキャッシングの申し込みをする時、大変重要な規制で、総量規制の対象なのか、それとも対象外なのかによって大きな違いが有ります。

 

 

2010年の貸金業法の改正で、総量規制追加され、総量規制が完全施行となりました。総量規制とは消費者金融や信販会社に適用される法律で、業者がお金を融資する時の限度額は、年収の3分の1以内と制限し、返済ができなくなるほどの過剰融資を防止するために総量規制が追加されました。というのも、改正前の消費者金融、は融資限度額が定められておらず、貸せる人にはいくらでも貸すということが頻繁に起こりました。

 

返済を考えずに借りた人は返済が続けられなくなり、やがて返済に行き詰まり、自己破産や、闇金から借入する消費者が増えたことから、金融庁は消費者を守るという立場から貸金業法の改正を行い、この総量規制で融資限度額を規制するようになり、基本的に総量規制の制限で融資限度額は、年収の3分の1以内になります。

 

この法律は、消費者金融や信販会社が融資をする時に守るべき法律で、借入希望額が50万円を超える場合や、他社で借入が有る時は、その借入残高と借入希望額の合計が100万円を超える場合は、収入証明書類(源泉徴収票や納税証明書、直近の給与明細書など)の提出を求めて、収入の確認をする事が義務付けられています。

 

なお、消費者金融のカードローンのすべてが総量規制の対象ではなく、一部「おまとめローン」や「配偶者貸付制度」「事業主ローン」などは規制の対象外になります。これらのローンについては、総量規制の対象になりません。


 

銀行カードローンなら総量規制の対象外

キャッシングは消費者金融や信販会社だけでなく、銀行でも申し込みが出来ます。銀行は銀行法が適用されるので、貸金業法の影響は受けません。そのため銀行は、独自の審査基準を設け、その基準でお金を貸出すので、審査で貸してもよいと判断すれば、年収に関係なく融資が受けられます。また、消費者金融は収入のない専業主婦が本人名義で融資を受ける事が出来ません。

 

しかし、一部の銀行カードローンは、無収入の専業主婦でも個人名義で申し込みができる商品を扱っている銀行もあるので、専業主婦がキャッシングを始めたい時は、専業主婦専用の商品が用意されている銀行カードローンへ申し込みめば安心してキャッシングが始められます。

 

チェック

このようにキャッシングは、総量規制によって申し込み先や借入方法、金利、融資限度額など、総量規制の対象なのか、対象外になるのかで、大きく違ってきます。

 

年収による借入制限や融資限度額、収入証明書類の提出の有無、専業主婦が申し込みめるかなど、消費者金融系と銀行系では大きな違いがあるので、自分にとってどちらが有利かを比較してから申し込み先を決めるのが重要です。

 

総量規制対象外カードローンの審査は厳しいの?

 

総量規制対象外カードローンの審査は厳しい

以前はカードローンと言えば消費者金融の代名詞のように使われていましたが、消費者金融が小口金融で莫大な利益を上げているのを見て、2007年以降銀行もカードローンに小口金融に積極的になり、銀行それぞれが独自の審査基準を設け、顧客獲得に向けて努力を続けるようになり、今では大手銀行や都市銀行、信用金庫までほとんどの銀行が小口金融に参入しています。

 

消費者金融でも銀行カードローンでも、お金を借りる時は審査が有ります。一般的に言われているのは、銀行カードローンの審査は消費者金融に比べて審査が厳しいと言われています。

 

ご存知のように、マイホームローンやマイカーローンなどの金融商品でお金を借りる時は、多くの書類を用意し、担保や保証人を付けて初めて審査が行われます。審査は時間がかかり、厳しい審査を受けるのが一般的ですが、銀行カードローンの審査基準が厳しいのかどうかは、申し込み者の負債状況や、属性によって変わるので、具体的には申し込みをしてみないとはっきりした事はわかりません。

 

口コミなどを見ても、審査を受けた人が審査に通らなければ「審査が厳しい」と書込みするでしょうし、審査に通れば「審査が緩い」という書き込みを見るはずです。

 

ただ、例を上げると、現在の借入が年収の3分の1を超えている場合、総量規制の対象になる消費費者金融や信販会社へ申し込みしたとしても、借り換えやおまとめ等の例外貸付以外は100%断られます。それは総量規制という法律があるからで、いくら返済能力が高いとしても一律3分の1以上は融資が受けられません。

 

そう考えた時、銀行カードローンで断られる可能性は100%ではありません。なぜなら、銀行カードローンは総量規制が適用されない為、返済能力があれば融資は受けられる可能性があります。また、これからキャッシングを始めたいという人ならなおさら融資が受けられる可能性は高くなります。このように銀行カードローンが一般金融商品と比べて審査に通りやすいのは、保証会社の保証が受けられるという事が融資条件になっているからです。

 

銀行カードローンの審査は、銀行の審査とは別に保証会社の審査を受けて、保証会社に保証してもらわなければなりません。保証会社の保証必要なのは、万一、利用者が延滞や返済不能となった時に保証会社が利用者に代わり、代位弁済をします。代位弁済をする事で、債権は保証会社に移ります。そうなると、銀行に代わって保証会社から「残っている債務を払ってください」という督促や書類が届くようになります。

 

銀行はカードローンの窓口ですが、保証会社をつけることによって、審査の最終判断から延滞している顧客の管理まで、すべてを保証会社がおこなうようになります。保証会社を付けることは、銀行にとって損失がなくなるので、保証会社の存在は銀行にとって大きなメリットになります。審査はほとんど保証会社の消費者金融や信販会社に任せているので、カードローンの審査は、銀行独自の審査に比べて審査に通りやすくなっていると言えます。

 

総量規制対象外ローンは即日借りられる?

 

即日融資は大手消費者金融ならどこへ申し込みをしても、即日融資で借りる事が出来ます。

 

銀行カードローンでも、即日融資が可能な銀行カードローンが有りますが、銀行カードローンの中ではごく一部のカードローンになります。銀行カードローンで即日融資が可能になったのは、申し込み者の保証を同じグループ内の消費者金融や、信販会社が保証する事で即日融資が可能になったと言われています。

 

銀行カードローンは申し込み窓口だけを担当し、それ以外は保証会社へ丸投げ、というのが実情で、保証会社が審査をする事で銀行カードローンも即日融資ができるようになりました。

 

三井住友銀行カードローンはSMBCコンシュマーファイナンス㈱㈱が保証会社で、三菱東京UFJ銀行の「バンクイック」が即日融資可能なのも、大手消費者金融の「アコム」が保証会社になってからと言われています。

 

新生銀行カードローン「レイク」は大手消費者金融の「レイク」がシステムやノウハウ、店舗、人員など、すべてを新生銀行に譲渡し、そのままのかたちで銀行カードローンとして事業を引き継いだからと言われています。

 

銀行カードローンは即日融資で借りたい時、申し込み先に銀行口座がある場合に即日融資が可能というカードローンもあれば、特に口座を作る必要がないカードローンもありますが、即日融資で借りるなら口座指定をしていないカードローンがおすすめです。

 

口座指定のない即日融資が可能な銀行カードローンは、

  • 三井住友銀行カードローン
  • 三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」
  • 新生銀行カードローン「レイク」

などは、口座がどこにあっても申し込みが出来るので、すぐにお金が必要な時は、口座を作る必要がないのでおすすめです。

 

即日融資で借りたい時、インターネット申し込みなら24時間居ながらにして申し込みができるので人気があります。申し込みを済ませ、審査に通り、契約が終わればすぐに自分の口座へお金が振り込まれます。ただし、振込先が一般銀行を指定した場合は、時間的な制約があります。銀行の営業時間内に契約や手続きが完了していなければ振込が翌日になってしまいます。しかし、即日融資に対応している銀行カードローンは、ほとんどが無人契約機を設置しています。

 

無人契約機があれば365日即日融資が可能で、土日・祝日といった休日や銀行の営業時間外になっても審査が受けられます。申し込みをしたその日の内に、お金を借りたい時は、無人契約機が有る銀行なら心配する事はありません。

 

銀行カードローンは、金利の低さにメリットが有るのですが、即日融資が可能な銀行カードローンの平均金利ギリギリの金利設定になっています。

 

先ほどの三井住友銀行カードローンの金利は4.0%~14.5%、三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」は1.8%~14.6%、新生銀行カードローン「レイク」は4.5%~18.0%という金利設定になっています。

 

銀行カードローンの平均金利が15.0%と言われているので、それほど高くはないのですが、最も低金利と言われている住信SBIネット銀行の「プレミアムコース」の金利0.99%~7.99%という低さのカードローンと比べると高めの設定になっています。ただ、このカードローンは即日融資に対応していません。

 

即日融資は通常の審査以上に時間をかけられないので、そのリスクをカバーするために少し高めの設定になっているのは仕方のない事かもしれません。

 

いくらまで借りられるの?

キャッシングの申し込みをする時「いくらまで借りられるか」と言うところが気になりますが、総量規制のカードローンと総量規制外の対象外カードローンとでは大きく違ってきます。

 

たとえば大手消費者金融の場合プロミスは500万円、アコムは800万円、アイフルは500万円、モビットは800万円が最大融資限度額になっています。

 

ところが、消費者金融の融資限度額は年収の3分の1以内と言う制限が有るので、最大融資限度額で借りるにはそれぞれ、500万円借りるには年収が1,500万円以上、800万円借りるには2,400万円の年収が必要になります。ただし「おまとめローン」や「借り換えローン」は総量規制の例外になるので、年収の3分の1を超えても審査に通れば融資が受けられるので「いくらまで借りられるか」と言う質問に対してはこういう答えになります。

 

いくらまで貸してもらえるかは審査で決まりますし、初回申し込み時の融資限度額は、いくら年収が多くても50万円以下になると思っておいた方がよいでしょう。基本的に消費者金融は最大で年収の3分の1まで借りられるので、増額申請を続ければ、限度額を年収の3分の1近くまで増やす事は出来ます。

 

一方銀行カードローンの場合は総量規制の対象外になるので、年収による融資制限はありません。ですから、銀行カードローンの融資限度額が500万円や800万円になっていても、査に通れば年収の3分の1以内と言う制限は受けずに融資が受けられます。特におまとめローンなどで多額の借入をする場合は、低金利で高額融資の銀行カードローンがおすすめです。

 

総量規制対象外大手4社のスペック徹底比較

 

総量規制対象外のカードローンとしておすすめなのが、

  • 三井住友銀行カードローン
  • 三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」
  • ソニー銀行カードローン
  • オリックス銀行カードローン

はそれぞれに、特徴があり、カードローンの利用を考えている人に、おすすめの銀行カードローンで、それぞれのスペックは、

 

おまとめローン比較

 

となっています。

 

<三井住友銀行カードローンの特徴>

三井住友銀行カードローンの申し込み条件は、

  1. 申し込み時の年齢が満20歳以上満69歳以下の方
  2. 原則安定したご収入のある方
  3. 三井住友銀行指定の保証会社(SMBCコンシュマーファイナンス株式会社)の保証を受けられる方となっていて、まずは上記の最低限の申し込み条件をクリアすることが最初の関門です。

 

申し込み条件は、普通に働いて毎月の給料で生活をしていれば、特に注意する事はありません。

 

最後の三井住友銀行指定の保障会社とはSMBCコンシュマーファイナンス㈱の事で、銀行の審査ももちろんありますが、このSMBCコンシュマーファイナンス㈱の審査に受かり、保証を受ける必要があります。

 

三井住友銀行カードローンの申し込み方法は、インターネットからの申し込み方法はもちろん、スマホ、三井住友銀行のインターネットバンキングからの申し込み、店頭のローン契約機、郵送による申し込み、電話で申し込み、窓口から申し込みむ方法が有り、自分に適した申し込み方法が選べます。

 

最も便利な申し込み方法は、三井住友銀行に口座がある方で、インターネットバンキングからの申し込みなら、本人確認がすでに済んでいるので簡単に申し込みが出来ます。審査結果の連絡は9:00~21:00までとなっているので、その間に申し込みをして、契約が完了すれば即日融資も可能で、ローン契約機ならカードもその場で発行されます。

 

土日や祝日もほとんどの設置場所で21時まで申し込みが出来るので、用事を済ませた後や、出かける前日でも、申し込みを行うことができます。どうしてもカードが早くほしい場合はローン契約機がおすすめです。カードローンの審査は最短30分ですが、申し込みをした曜日や時間帯、申し込み者の属性や、他社借り入れ状況なども審査されるので、30分では審査が終わらない事もあります。

 

三井住友銀行のカードローンは比較的低金利で借入れができることで人気です。もし三井住友銀行カードローンを利用したいと思った時は、貸付条件をよく確認し、自分に適したカードローンかどうかを確認してから申し込みを行いましょう。

 

<三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」の特徴>

銀行カードローンの中でも借り易いと人気の「バンクイック」ですが、やはり銀行カードローンなので、ある程度厳しく感じられるところもあり、申し込みをしたからと言って必ず借りられるものではなりません。

 

「バンクイック」の申し込み条件は、

  1. 年齢が20歳以上65歳未満の国内に居住している方で、安定した収入が有る方
  2. 保証会社(アコム㈱)の保証が受けられる方。

※学生の方や本人に収入がなく、配偶者に収入が有る専業主婦(夫)も申し込みが可能です。
※外国人の方は永住許可証を受けている方になります。

 

「バンクイック」の申し込み方法は、インターネット申し込みやテレビ窓口から申し込みむ方法と、郵送、電話の4つの申し込み方法から選べます。バンクイックの「WEB完結」は、口座が持っている方と口座を持っていない方とでは、申し込みアイコンが違います。口座ありと口座無しの違いは、口座ありの場合は本人が特定できるので、本人確認書類の提出が不要と言う程度の事だけです。

 

とはいっても、三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」は「WEB完結」で申し込みをされる方が多いようです。やはりインターネット上からの申し込みは便利で、申し込みは24時間受け付けが可能なので、自分の都合のいい時間帯に申し込みが出来るメリットがあるからです。勿論店頭での申し込みや郵送でも受け付けはしていますが、今日中にお金を借りたい方にはやはり「WEB完結」が一番便利な申し込み方法です。

 

どの申し込み方法を選んでも、カードの受け取りはテレビ窓口か郵送になります。テレビ窓口はカードローンの契約以外にも様々な用途があり、契約手続きからカード発行まで行う事も可能ですが、数十分以上待っていなければならないのが、ちょっと気になるところです。WEB完結なら契約手続きまでネット上で済ませてしまうことができるので、テレビ窓口での時間を最短で済ませられます。

 

「バンクイック」は総量規制の対象外になっているので、年収がなくても審査に通れば融資が可能なので、無収入の専業主婦でも申し込みが出来る銀行カードローンです。専業主婦専用と言っても、基本的に審査内容は一般のカードローンと同じです。用意するものは本人確認書類として、運転免許証または健康保険証、パスポートなどを用意するだけです。ご主人に安定した収入が有れば申し込みが可能で、収入証明書類の提出も不要なので簡単に申し込みが出来ます。

 

専業主婦専用の銀行カードローンも増えてきましたが、口座はどこの銀行口座でもよく、即日融資が可能という便利なカードローンです。

 

<ソニー銀行カードローンの特徴>

ソニー銀行は、ジャパンネット銀行やイオン銀行と同じ、店舗を持たないネット銀行です。ソニー銀行カードローンは4年間も新規申し込み停止していましたが、2015年の夏から申し込み受付が再開しています。

 

再開したソニー銀行カードローンは金利や限度額、その他以前のスペックと比べて大幅に改善されています。また、消費者金融「アコム」が保証会社になった事で、以前なら1週間以上かかっていた仮審査は最短60分間に短縮、これによって当日融資も可能になっています。これからキャッシングを始める方は、ソニー銀行カードローンも視野に入れてはどうでしょうか。

 

ソニー銀行の申し込み条件は、

  1. ソニー銀行に円普通預金口座を開設いただけるかた
  2. お申し込み時のご年齢が満20歳以上65歳未満のかた
  3. 原則、安定した収入があるかた
  4. 日本国籍のかた、もしくは、外国籍のかたで永住権をお持ちであるかた
  5. ソニー銀行指定の保証会社(アコム株式会社)の保証を受けられるかた

となっているので、申し込みは安定した収入があれば、パートやアルバイトの方でも申し込みは可能です。

 

また、新しいソニー銀行カードローンは、専業主婦でも申し込みが可能になり、他の銀行カードローンでも、専業主婦を対象としたローンは50万円以下のところもありますが、生活費の不足を補う程度のお金なら、この金額で十分ではないでしょうか。

 

<オリックス銀行カードローンの特徴>

オリックス銀行カードローンはテレビCMも流していますが、インターネット上でも数多くのサイトで紹介されている、人気のあるネット銀行カードローンです。以前のオリックス銀行カードローンは保障会社がオリックス・クレジット㈱だけでしたが、新たに申請フィナンシャル㈱が保証会社に加わり、保証会社が2社になったので、これまで以上に審査を通る可能性が高くなっています

 

インターネットでオリックス銀行カードローンの口コミなどを見ると、中には審査が厳しいと書かれている書込みもありますが、実際はそれほど厳しくはありません。厳しくないという理由のひとつに、下限金利は低いですが、上限金利は消費者金融なみの17.8%と高めの設定になっています。こ

 

れは大手消費者金融の「プロミス」と同率で、上限金利が高いと言うことは、ある程度リスクがあっても貸出しをしているという事の裏付けになります。仮に上限金利が14%~14.6%に設定されているとしたら、審査は非常に厳しくなると予想できます。あえて17.8%に設定していることで、フリーローンやおまとめローン、借り換えローンも含め、銀行カードローンの中でも審査に通りやすいカードローンと言われる所以です。

 

もうひとつの理由は、オリックス銀行カードローンはオリックス・クレジット㈱と、新生フィナンシャル㈱が保証会社になっています。銀行カードローンは消費者金融と違い、保証会社の保証が受けられなければ借入をすることができません。

 

一般的に銀行カードローンの保証会社は消費者金融や信販会社が保証会社になり、保証会社は1社のみのところが多いのですが、オリックス銀行は2社の保証会社があることによって、どちらかの保証審査が通れば融資が受けられる事になります。これは申し込み者にとっては非常にメリットがあるという事です。

 

以前のオリックス銀行カードローンの保証会社はオリックス。クレジット㈱だけで、年収が200万円以上なければ申し込み出来ませんでしたが、新生フィナンシャル㈱が保証会社になったことで、多少リスクのある方でも融資が受けられるようになり、年収制限は撤廃されました。銀行カードローンの一番のネックは保証会社の審査ですが、その保証会社が2社あることで、他の銀行カードローンよりも審査が有利になったのは間違いありません。

 

おまとめならオリックス銀行カードローンがおすすめ!その理由は

 

おすすめ

カードローンは借入件数が1件の時は、気軽に返済出来るのですが、契約先が何件も増えてしまうと、もちろん返済金額は増え、毎月どこへいくら払うかを常に気にしなくてはならず、そのためストレスが貯まり、生活そのものが苦痛になります。

 

そのような状況から脱却するために複数社の借入を1社にまとめる「おまとめ」と言う方法が有ります。オリックス銀行カードローンは口コミなどでもおまとめに最適なカードローンとして人気があります。

 

「おまとめを考える時とは」

 

借入件数が増えると、何らかのきっかけで返済のリズムが壊れ、全ての返済が滞ってしまい、一部の借入先には返済すら出来ない事になる場合があります。すでに遅延を起こしていたり、現在進行形で返済が不足していたりする状態では、オリックス銀行を含め、借入れ先へ申し込みをしても審査を通すのは難しくなります。

 

おまとめは、そうなってしまってからでは手遅れで、まだ何とか返済が出来ているうちに、まとめてしまう事が重要になります。

 

まとめる事で生まれるメリット

メリット

 

複数社から借入をしていると、それぞれの返済日が違う為、返済日に支払する事や、それぞれの返済金額を用意する事に追われる毎日が続きます。借入が1本化できれば返済日は1日だけになり、精神的にも返済日に追われるという心配がなくなります。

 

複数社からの借入は返済総額が増えるため、それぞれへの返済の手間や、振込みの場合は手数料も大きな負担となってきます。そのため、返済もなかなかすすまず、ますます悪い流れになってしまいますが、借入先を1社にまとめれば、金利を下げることも可能で、金利が下がれば返済総額が下がります。

 

また、複数社から借入をしている場合、提携ATMなどから返済をしている場合、利用手数料が発生しているはずです。オリックス銀行カードローンは全国95,000台の提携ATMがすべて何度でも無料で利用できます。オリックス銀行カードローンでまとめた場合は、これらの経費が不要になります。

 

おまとめに最適なオリックス銀行カードローン

実質年利 3.0%~17.8%
借入限度額 最大で800万円
所得証明有無 300万円まで不要

 

オリックス銀行カードローンは年利3.0%~17.8%、借入限度額は最大で800万円、所得証明は300万円まで不要というハイスペックな銀行カードローンです。高い限度額と低い金利が魅力のオリックス銀行カードローンなら、おまとめや他社からの借り換えにも最適なカードローンです。

 

カードローンの申し込みも来店や口座開設は不要で、すべてがインターネット上で完結します。

 

また、希望額が300万円までなら所得証明も不要なので手軽に申し込みが出来ます。保証会社の保証が得られれば担保や保証人も用意する必要がなく、申し込みは本人確認書類だけで申し込みが出来ます。おまとめを検討している方は、借り換え先の候補としてオリックス銀行カードローンも選択肢の一つに入れる事をおすすめします。

 

豆知識

住宅ローン、自動車担保ローンは総量規制対象外?

銀行金融商品としてよく利用されるのが、住宅ローンや自動車ローンです。これらのローンは総量規制外になるのか、ならないのかという事ですが、総量規制には対象外になる「除外の貸付」と「例外の貸付」が有ります。

 

「除外貸付」とは総量規制の対象にならない貸付で、その中に、

  • 不動産購入または不動産に改良のための貸付け(そのためのつなぎ融資を含む)
  • 自動車購入時の自動車担保貸付け

は総量規制の対象外として取り扱われ、これらの貸付高があっても総量規制の貸付残高には含まれません。

 

キャッシングの申し込み書には必ず「他社借入」や「他社借入残高」を記入する項目が有りますが、たとえば住宅ローンの借入残高が500万円とか自動車ローンの借入残高が100万円あったとしても、これらの借入残高は含まれません。ただし、消費者金融の借入残高や、クレジットカードのキャッシング枠は「他社借入残高」に含まれ、ショッピング枠は「割賦販売法」の摘要になるので、総量規制の対象外になります。

 

基本的に総量規制は、消費者金融や信販会社の借入についての法律なので、借入先が銀行の場合は考える必要はありません。

 

ビジネスローンは総量規制対象外?

ビジネスローンで融資を受ける場合、法人向けのビジネスローンと、個人向けのビジネスローンがあります。結論から言うと「、法人向けビジネスローン」「個人向けのビジネスローン」のどちらも総量規制の対象外になります。総量規制の対象になるのは、「個人向け貸付け」のみなので、「法人向けの貸付け」は総量規制の対象にはなりません

 

また、総量規制の「例外貸付」には「個人事業者に対する貸付け」も総量規制の例外になります。総量規制の「例外貸付」は貸付けの残高として含みますが、例外的に年収の3分の1を超えている場合でも、その部分について返済の能力があるかを判断したうえで、貸付けしても良いという決まりです。

 

たとえば、年収600万円の個人事業主が借りられるのは年収の3分の1以内なので、融資限度額は200万円以内になりますが、仮に借入希望額が300万円だったしても、超えた分の100万円について、審査で貸しても大丈夫という判断が出来れば貸付けてもよいという事になっています。ですから、ビジネスローンは法人貸付け、個人貸付とも総量規制の対象外になります。

 

まとめると|総量規制対象外で借りるならズバリこのカードローン!!

まとめると

 

ここまで、総量規制対象外のカードローンについて、どこが一番おすすめなのかを比較してみましたが、使い易い銀行カードローンとしてオリックス銀行カードローンがおすすめです。

 


オリックス銀行カードローンのメリットは、

オリックス銀行に口座がなくても、すぐに利用できる。

オリックス銀行カードローンの指定口座はどこでもよく、オリックス銀行以外の口座が利用できます。オリックス銀行カードローンを利用するのなら、ジャパンネット銀行に口座を作っておくと、24時間何時でも借入が申し込みめるので安心です。

 

オリックス銀行は「おまとめ」や「借り換え」に最適なカードローン。

金利は3,0%~17.8%、融資限度額は800万円と高額融資が可能です。金利面から考えると100万円以下の借入は、それほどメリットがあるとは言えませんが、100万円以上になると、とたんに利率が下がるのがよくわかります。

 

オリックス銀行カードローンの借入限度額ごとの金利

 

さらに、300万円までの借入限度額なら収入証明が不要なので、300万円以下の申し込みなら本人確認書類だけを用意すれば、手軽に申し込みが出来ます。

 

全国95,000代以上の提携ATMが手数料無料で何度でも利用できる。

オリックス銀行カードローンの提携ATMは、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、セブン銀行、イオン銀行、西日本シティ銀行、ローソンATM、E-net、ゆうちょ銀行など全国95,000台以上が設置されているので、カードキャッシングをする時でも不便という事は感じません。消費者金融ならATM利用手数料が必要ですが、オリックス銀行カードローンの場合は、借入・返済とも何度使っても手数料無料なので、無駄な経費が発生しません。

 

これらの理由からカードローンを利用したいと思っているなら、オリックス銀行カードローンをおすすめします。