40万円借りるならどこがいい?

40万円借りるならどこがいい?

めったにある事ではないと思いますが、日常生活において、どうしても40万円用意しなければならないという事があります。

 

もちろん、貯金をしていれば何の問題もありませんが、貯金がなければお金を用意する方法を考えなければなりません。身内に頼む、知り合いに頼むという方法もあるでしょうが、40万円はかなり厳しい金額になります。

 

お金を借りる方法として、キャッシングで借りるという方法もあります。キャッシングなら、保証人も不要で、自分の信用だけでお金が借りられるので、人に迷惑を掛ける事はありません。

 

キャッシングは消費者金融や信販会社、銀行で申し込みが出来ますが、それぞれに特徴が有ります。

 

たとえば、消費者金融は即日融資が可能で、銀行と比べると融資が受けやすい、銀行カードローンは消費者金融と比べて金利が低いですが、即日融資が可能なカードローンは限られてしまうというような特徴が有ります。

 

40万円のお金をすぐに用意しなければならないという場合は、大手消費者金融へ申し込みめば、今日明日中にお金を借りる事が可能です。

 

金利を比較

お金を借りる時は、いくら急いでいても金利を比較して申し込み先を決める必要が有ります。今すぐお金が必要と言う場合、大手消費者金融がおすすめです。

 

消費者金融の金利は「プロミス」と「アコム」や「モビット」、「アイフル」ではいくらか違いが有ります。

 

消費者金融 年利 融資限度額
プロミス 4.5%~17.8% 最大500万円
アコム 3.0%~18.0% 最大800万円
モビット 3.0%~18.0% 最大800万円

 

金利で比較すると、「プロミス」の17.8%が最も低く「アコム」「モビット「」は18.0%と同じ金利設定になります。

 

 

40万円を「プロミス」「アコム」「モビット」で借りた場合の利息がどれくらい違ってくるのかを比較してみます。

 

借入残高を40万円、「プロミス」の金利17.8%「アコム」「モビット」は18.0%、毎月返済額を11,000円とします。

           

プロミスで40万円借りた場合 アコムで40万円借りた場合
回数 返済額 元金 利息 返済額 元金 利息
1 11,000 5,067 5,933 11,000 5,000 6,000
2 11,000 5,142 5,858 11,000 5,075 5,925
3 11,000 5,219 5,781 11,000 5,152 5,848
4 11,000 5,296 5,704 11,000 5,229 5,771
5 11,000 5,375 5,625 11,000 5,307 5,693
50 11,000 27 574 11,000 10,372 628
51 11,000 28 420 11,000 10,527 473
52 11,000 29 263 11,000 10,685 315
53 7,111 7,008 103 10,494 10,339 155
累計 579,111 400,000 179,111 582,494 400,000 182,494

 

返済回数はどちらも53回、「プロミス」の利息合計は179,111円、総返済額は579,111円、「アコム」の利息合計は182,494円、総返済額は582,494円になります。

 

利息は「プロミス」の方が3,383円安く借りる事が出来ます。

 

金利以外に比較する事

このように、金利の比較をすると「プロミス」で借りる方が、利息を低く借りる事が出来ます。しかし、比較する事は金利だけではなく、取引を続けるために、比較しておきたいことが事あります。

 

 

返済方法を比較しておく

返済方法は「プロミス」「アコム」で若干違いが有ります。一般的に、キャッシングの返済は、毎月指定された日に口座引き落としされるか、提携ATMからカードを使って返済します。

 

「プロミス」は毎月の指定日に返済を行いますが、アコムは毎月指定日の他に「35日」サイクル」と言う返済方法が有ります。「アコム」で無利息期間を利用する時は、この返済方法を選択しなければなりません。この方法は、返済期間が通常より長くなるので、お金が無い人にとっては負担が軽くなります。

 

しかし、35日ごとの返済になると、返済期間が長くなり、その分利息を多く支払う事になります。少しでも安くお金を借りたい時は「プロミス」の通常返済で返済する方が無駄な利息が発生しません。

 

 

無利息期間を比較する

「プロミス」「アコム」とも30日間無利息期間サービスが利用できます。ただし、同じ30日間無利息サービスでも、サービス内容が違うので注意が必要です。

 

プロミスの無利息期間

プロミスの無利息期間は、初回契約時に、Eメールアドレスの登録と、あわせて書面の受取方法を「プロミスのホームページから書面(Web明細)を確認」すれば、初回借入の翌日から30日無利息期間が利用できます。

 

このサービスは「アコム」の場合初回契約時だけになりますが、「プロミス」の場合は会員サービスの「ポイントサービス」を使えば一定のポイントがたまれば、ポイント数によって再度利用できるというメリットが有ります。

 

たとえば、250ポイントなら7日間、400ポイントなら15日間、さらに700ポイントなら改めて30日間の無利息期間が利用できるという大きな違いが有ります。

 

また「プロミス」は初回借入時の翌日からになりますが、「アコム」の場合は初回契約時の翌日からになります。ですから、契約を済ませた後、20日後に借入を行った場合、「プロミス」の無利息期間は翌日からまるまる30日が対象になります。

 

しかし「アコム」の場合は、契約した翌日から始まっているので、無利息期間が適用されるのは10日間だけになるので、注意が必要です。

 

 

その他の比較項目

金利や無利息期間以外に比較しておくべき項目は、即日融資の方法で、それほど大きな違いはありませんが、いくらか「プロミス」の方が即日融資を受けやすいと言えます。

 

どちらの場合も当日振り込みをしてもらうには14時までに契約完了していなければなりませんが、契約手続きは「プロミス」の無人契約機だけでなく、三井住友銀行のローン契約機からでも利用できるので、ATMを利用する時は「プロミス」の方に利便性があります。

 

消費者金融の店舗へ出入りする事に抵抗のある方や、近くに「プロミス」の無人契約機が無い人でも、三井住友銀行のローン契約機が使えるので、人に見られても安心して利用できるのも「プロミス」のメリットです。