30万円借りるならどこがいい?

30万円借りるならどこがいい

キャッシングでお金を借りるとなると、利息と返済が一番気になるものです。利息が高いという事は、日常生活においても「高い買い物をした」という事になります。

 

30万円を借りたい時は、申し込み前に30万円を借りた場合の利息の計算や、月々いくら返済してどの位の期間で返済が終わるのかということを計算してみる必要が有ります。

 

事前に返済シミュレーションなどで、返済計画を立ててから借りると、後々返済に行き詰まって失敗する可能性も低くなります。

 

キャッシングは消費者金融や信販会社、銀行カードローンで申し込みが出来ますが、30万円借りるとなると、消費者金融の審査より銀行カードローンの審査は厳しくなります。

 

消費者金融は総量規制の影響を受けるので30万円借りるには年収90万円以上が必要ですが、この程度の年収ならパートやアルバイトをしていれば得られる収入だと思います。

 

そこで、「プロミス」「アコム」「モビット」大手消費者金融3社を比較してみました。

 

3社の基本スペック

消費者金融 年利 融資限度額
プロミス 4.5%~17.8% 最大500万円
アコム 3.0%~18.0% 最大800万円
モビット 3.0%~18.0% 最大800万円

 

申し込み条件は、満20歳以上69歳までの方で、安定した収入が有ればパートやアルバイト、派遣社員、自営業の方でも申し込みが出来るので心配ありません。

 

 

「プロミス」「アコム」「モビット」は総量規制の対象になるので、本人に収入がなければ融資は受けられません。従って、パートやアルバイトをしている兼業主婦は申し込みが可能ですが、無収入の専業主婦は申し込みが出来ないので、注意が必要です。

 

 

30万円借りた時の返済シミュレーション

「プロミス」の場合、金利17.8%、毎月返済額は30万円×3.61%=10,830円→11,000円になります。

       

回数 返済額 元金 利息 残高
1 11,000 6,550 4,450 293,450
2 11,000 6,648 4,352 286,802
3 11,000 6,746 4,254 280,056
4 11,000 6,846 4,154 273,210
5 11,000 6,948 4,052 266,262
6 11,000 7,051 3,949 259,211
7 11,000 7,156 3,844 252,055
8 11,000 7,262 3,738 244,793
9 11,000 7,369 3,631 237,424
10 11,000 7,479 3,521 229,945
30 11,000 10,040 960 54,734
31 11,000 10,189 811 44,545
32 11,000 10,340 660 34,205
33 11,000 10,493 507 23,712
34 11,000 10,649 351 13,063
35 11,000 10,807 193 2,256
36 2,289 2,256 33 0
累計 387,289 300,000 87,289 0

 

返済回数は36回、利息87,289円、総返済額は387,289円になります。

 

「アコム」「モビット」の場合は金利18.0%、毎月返済額を「プロミス」と同じ11,000円とした場合

       

回数 返済額 元金 利息 残高
1 11,000 6,550 4,500 293,500
2 11,000 6,598 4,402 286,902
3 11,000 6,697 4,303 280,205
4 11,000 6,797 4,203 273,408
5 11,000 6,899 4,101 266,509
6 11,000 7,003 3,997 259,506
7 11,000 7,108 3,892 252,398
8 11,000 7,215 3,785 245,183
9 11,000 7,323 3,677 237,860
10 11,000 7,433 3,567 230,427
30 11,000 10,011 989 55,980
31 11,000 10,161 839 45,819
32 11,000 10,313 687 35,506
33 11,000 10,468 532 25,038
34 11,000 10,625 375 14,413
35 11,000 10,784 216 3,629
36 3,683 3,629 54 0
累計 388,683 300,000 88,683 0

 

返済回数は36回、利息88,683円、総返済額は388,683円となります。

 

この結果から、「プロミス」の金利が0.2%低いので、1,394円利息を安く借りられます。

 

比較する時は会員サービスの比較も忘れずに

 

利息を比較した場合、当然「プロミス」の金利が低いので利息は少なくなりますが、3年間で1,394円安くなるだけです。キャッシング会社と契約する時は、金利以外に「会員サービス」なども比較しておくことが重要です。

 

キャッシングは一度契約すると、解約するまで関係が続きます。お金を借りた時、サービス内容が充実していなければ、途中でストレスを感じたりするようになる事が有ります。そのためにも「充実した会員サービスがあるか」という事が重要になります。

 

会員サービスが充実していれば、ストレスを感じる事もないので、「会員サービス」も比較検討に含める事をおすすめします。

 

おすすめの会員サービス

「プロミス」には利用者の立場に立った様々な会員サービスが利用できます。

 

「瞬フリ」は指定口座へ振り込みをして貰うサービスですが、三井住友銀行やジャパンネット銀行に口座を持っていれば、24時間何時でも振込が可能と言うサービスがあります。

 

特におすすめなのが「ポイントサービス」で、ポイントがたまれば無利息期間が利用できる事や、40ポイントたまれば一定期間提携ATMの利用手数料が無料で利用できるというサービスも受けられます。

 

また「口フリ」や「インターネット返済」は手数料0円で返済が出来るという、大変お得なサービスも用意されています。

 

「アコム」の会員サービスでおすすめなのは、インターネットで振込を依頼すれば24時間最短1分で振込が完了します。楽天銀行に口座が有れば365日24時間何時でも振込が可能で、しかも手数料無料で利用できるサービスが有ります。

 

返済方法として、Pay-easyを使ったインターネット返済などは、手数料無料で返済が可能というサービスが用意されています。その他、限度額の変更や各回の返済金の変更なども電話による申し込みが可能です

 

「モビット」の会員サービス「Myモビ」は振込キャッシング(*申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。)が可能で、三菱東京UFJ銀行に口座が有れば、手数料無料振込が可能です。

 

また、領収書や利用明細書はネットからダウンロードできるので、自宅に書類が送られてくることはありません。ただ「モビット」の会員サービスは、パソコンから利用する場合とスマホから利用する場合で利用できるサービスが違ってきます。

 

サービス内容はパソコンから利用できるサービスが多いので、出来ればパソコンからの利用おすすめします。

 

アコム・プロミス・モビット利便性で選ぶなら?

大手消費者金融へ申込をする時、金利は限度額はもちろん、借入方法や返済方法も含めた利便性を比較してみる必要があります。

 

基本スペックは「3社の基本スペック」に記載してあるのでそちらで比較してみてください。

 

アコム プロミス モビット
審査時間 最短30分 最短30分 最短30分
無利息期間サービス 契約後30日間 借入後後30日間 利用できません
借入方法
  • 銀行振込
  • アコムATM
  • 提携ATM
  • 店頭窓口
  • 振込キャッシング
  • プロミス有人店舗
  • 自動契約機
  • 三井住友銀行ATM
  • 提携コンビニATM
  • 振込キャッシング
  • 提携ATM
返済方法
  • インターネット返済
  • ATM返済
  • 店舗窓口
  • 口座振替
  • インターネット返済
  • ATM返済
  • 店舗窓口
  • 口座振替
  • 口座振替
  • 銀行振込
  • 提携ATM

 

「アコム」の借入をインターネットから申込をし、振込をして貰うには受付時間が違うので、確認しておく必要があります。

 

金融機関 曜日 受付時間 振込実施の目安
楽天銀行 月曜 〜 日曜・祝日 0:10 〜 23:50 受付完了から1分程度
ゆうちょ銀行 月曜 〜 金曜 0:10 〜 9:00 当日 正午頃
9:00 〜 14:00 当日 17:00まで
14:00 〜 23:50 翌営業日 正午頃
土・日・祝日 0:10 〜 23:50 翌営業日 正午頃
銀行・信用金庫 月曜 〜 金曜 0:10 〜 9:00 当日 9:30頃
9:00 〜 14:30 受付完了から1分程度
14:30 〜 23:50 翌営業日 9:30頃
土・日・祝日 0:10 〜 23:50 翌営業日 9:30頃

 

プロミスは会員サービスに「瞬フリ」があります。

 

「瞬フリ」は三井住友銀行かジャパンネット銀行に口座を持っている必要があれば、申込をすれば最短10秒で振込が完了します。

 

金融機関 曜日 受付時間 振込実施の目安
三井住友銀行 月~金

0:00~24:00

24時間受付

受付完了最短10秒
土・日・祝日
ジャパンネット銀行 月~金

0:00~24:00

24時間受付

受付完了最短10秒
土・日・祝日
その他の銀行0 月~金 0:00~9:00 当日9:30頃
9:00~14:50 受付完了最短10秒
14:50~24:00 翌営業日9:30頃
土・日・祝日 0:00~24:00 翌営業日9:30頃

 

利便性を比較する時、使い勝手の比較をする必要があります。

 

借入方法の利便性は「アコム」「プロミス」ともほぼ互角で、24時間遅くとも1分以内にか振込が完了します。また、返済についても、ほとんど同じです。

 

ただし、「プロミス」の場合は借入返済とも全国にある三井住友銀行のATMが利用できる事や、手数料無料で利用できるというメリットがあります。「モビット」の利便性は借入・返済方法とも「プロミス」や「アコム」比較すると、利便性において一歩遅れているという感じがあります。

 

会員サービスで選ぶならプロミス

 

各社それぞれに会員サービスの充実に努力をしているようですが、使いやすさを考えると「プロミス」のサービス内容が充実しています。

 

特に返済方法は他社と比べて充実しており、「口フリ」以外に「インターネット返済」は、三井住友銀行や三菱東京UFJ銀行、ジャパンネット銀行、みずほ銀行、楽天銀行に口座が有れば利用手数料無料で振込が可能です。

 

返済回数が増えれば増えるほど、無駄な手数料を支払う事になるので、出来ればこういった費用は無料で利用したいものです。


×