未成年でもお金を借りたい!19歳でも借りる方法はある?

19歳の未成年でもお金を借りる方法はあるの?

高校を卒業して社会人になると、同僚や会社関係の付き合いで、お金が必要になることがありますし、大学生なら、サークル活動や友達の付き合いなど、思わぬお金が必要になります。

 

成人していればカードローンを利用する事が出来るのですが、高校を卒業したばかりの18,歳19歳の未成年はそんな時どうすればよいのでしょうか?

 

実は、18歳や19歳でもお金を借りる方法はあります。ただし「どこでも貸してもらえる」というものではなく、限られた方法になりますが、未成年でもお金が借りられる方法があるので紹介したいと思います。

 

 

≪目次≫

  1. 未成年がお金を借りられない理由
  2. 収入が有れば学生ローンで借りられる
  3. クレジットカードでお金を借りる
  4. 未成年の社会人なら「ろうきん」がおすすめ
  5. まとめ

 

 

未成年がお金を借りられない理由

になっています。あくまでも「基本的」なので100%借りる事が出来ないという事ではありません。20歳に満たない年齢の方のことは「未成年」と呼ばれ、法律では「責任能力が低い者」とみなされています。

 

多くのカードローンの融資対象者は「20歳以上」となっていて、未成年は対象外になっていますが、20歳以上という条件があるのには理由があります。カードローン商品というのは、貸す側と借りる側が契約を結びます。借りる金額や金利、返済方法や返済期日など、詳細な項目においてお互いが同意し、法律に基づいて契約を結びます。

 

ここで重要になるのが「契約を結ぶ」という法律行為を行う事です。日本の法律では未成年者が「法律行為」を行うことが認められておらず、未成年者は単独で契約を結ぶ事はできないとされています。ただし、未成年者であっても法定代理人の同意があれば法律行為を行うことができます。

 

法定代理人というのは通常は親権者になりますので、ほんとんどの未成年者の場合には両親などの保護者ということになります。

 

では未成年者とカードローンの契約を結んだ時はどうなるのでしょう。法定代理人(親)の同意を得ずに未成年と契約した場合、その契約は無効となってしまいます。

 

貸す側の金融機関にしてみれば、法定代理人(親)から申し出が有れば、いつでも契約の破棄が出来るリスクの多い未成年者への貸し付けはしないという事で、利用条件から未成年は対象外としています。

 

収入が有れば学生ローンで借りられる

カードローンが利用できる条件は「年齢20歳以上で安定した収入がある事」が最低条件になります。成人で収入が有ればどこのカードローンでも利用できますが、未成年の学生がお金を借りる方法として「学生ローン」があります。

 

「学生ローン」は消費者金融なので、アルバイトなどで収入を得ている必要がありますが、未成年の学生でも融資が受けられる方法として「学生ローン」があります。但し、学生ローンは貸金業法の総量規制により、借入出来る金額に制限があります。

 

総量規制では「融資限度額は年収の3分の1以下」と制限しているので、満年齢20歳以上の学生の場合は、アルバイト代の年収が120万円なら、融資限度額は40万円が最大となります。ただし、未成年でも年収が有れば10万円を上限として融資が受けられます。

 

学生と言っても、お金を借入するには、返済能力を身に付けることは最低限の条件です。なお、学生ローンも、未成年者が借入を行う際には、親権者の同意書を求められるところもあります。

 

クレジットカードでお金を借りる

 

18歳19歳の未成年がお金を借りる方法として、クレジットカードがあります。

 

クレジットカードには、

  • ショッピング機能
  • キャッシング機能

があります。

 

ショッピング機能というのは普段クレジットカードを利用する時に使われる枠のことで市ショッピングに利用したり、食事をしたりした時に「カード払い」で使われる機能の事です。キャッシング機能というのは、そのクレジットカードでATMから現金を引き出せる機能の事で、クレジットカードにもカードローンのような機能が備わっています。

 

参照:クレジットカードとカードローン、お金を借りるならどっち?

 

 

未成年の場合は親の同意が必要ですが「家族カード」を作ってもらえれば、そのカードでお金を借りる事が出来ます。

 

未成年の社会人なら「ろうきん」がおすすめ

ろうきんは、労働組合や生活協同組合の働く仲間が、お互いを助け合うために資金を出し合ってつくった協同組織の金融機関です。キャッシングの申込先は消費者金融や信販会社、銀行だけと思っている方もおられますが、これら以外にテレビコマーシャルで見かけるようになった「ろうきん」のカードローンがあります。

 

ろうきんカードローンとは、労働金庫が提供するカードローンで、労働金庫は労働者のための金融機関なので、働いてさえいれば、18才、19才という未成年であっても、成人した人と同じように融資が受けられます

 

 

ろうきんは

種類 概要
会員組合員 こ会社がその地域のろうきんに出資・加入している労働組合に所属している組合員
生協組合員 その地域のろうきんに出資・加入している

生活協同組合(生協)の組合員、及び同一生計の家族

一般勤労者 会員組合員以外で、地域のろうきんの営業エリア(中央ろうきんであれば首都圏)に住んでいる、あるいは勤務している

の3つの区分に別れているので、自分がどの区分に該当するかのチェックが必要です。

 

また、ろうきんは全国13か所のろうきんがあるので、自分がどのろうきんのエリアになるのかも調べる必要があります。

 

ろうきんのカードローン「マイプラン」でお金を借りるための条件は

  • 年齢が18才以上である事
  • 年収150万円以上ある事
  • 勤続1年以上である事

などが最低条件となっています。

 

そのため、正規雇用の会社員やOL、公務員でなくても、パートやアルバイト、フリーターなどの非正規雇用として働いている18才・19才の方であっても親の同意が必要になりますが、年収150万円以上あれば借入が可能です。

 

ろうきんがおすすめなのは、銀行カードローンの平均金利は14.0%なのに対して、「マイプラン」の金利は3%~9%とかなりの低金利で利用できるという事です。もっと詳しくろうきんカードローンの金利を書くと、たとえば「中央労働金庫」の場合3.875%~8.475%となっています。

 

労働金庫は全国で13ヶ所ありますが、どこのろうきんカードローンでも、大体このくらいの金利で借りることが出来るので、未成年がお金を借りる方法の中でも、低金利でお金が借りられるおすすめの方法です。

 

まとめ

このように、未成年でお金を借りる方法は限られています。とはいえ、成人となれば一気に選択肢が広がるので、借りなくてもよいのなら、出来るだけ成人するまで待つ事をおすすめします。

 

また、借りられるようになると、返済を考えずに借りてしまったり、借りる事が癖になったりする事もあるので、出来るだけ利用は控えて、あくまでもピンチになった時の一時的な対処法として利用する事が重要です。


×