【即日】お金を借りる方法まとめ|今すぐお金借りたい!おすすめは?

即日お金を借りたいならおすすめはどこ?

今すぐお金を借りたいならどこがいい?

 

今すぐお金を借りたいなら「プロミス」「アコム」がおすすめ!最短で即日融資が可能で消費者金融ランキングでも常に人気のある最大手の消費者金融です。

 

今すぐどうしてもお金を借りたいなら、「プロミス」「アコム」といった大手消費者金融からお金を借りることがおすすめです。大手消費者金融からお金を借りると言っても、金利や限度額、即日融資のサービス内容はよく似ているので、どこを選んでも同じような気がしますが、細かいところまで見ていくと、それぞれに特徴がありますので、急ぎの場合は下記の簡易表をご参考下さい。

 

消費者金融からお金を借りる場合、総量規制で融資限度額が年収の3分の1以内の制限がある事と、無職やブラックでは申し込みが出来ないので注意が必要です。

 

お金を借りるなら、借入審査や申し込み方法、返済方法まで実績と信頼のあるプロミスやアコムといった大手消費者金融からお金を借りることをおすすめします。

 

今すぐお金を借りるなら!早見表

  おすすめ順 年利 限度額 公式
プロミス
プロミス
4.5%~17.8% 500万円 申し込み
アコム
アコム
3.0%~18.0% 800万円 申し込み
レイクALSA
4.5%~18.0% 500万円 申し込み
SMBCモビット
SMBCモビット
3.0%~18.0% 800万円 申し込み

 

大手から中小消費者金融まで掲載!消費者金融ランキングはこちらから

 

お金を借りる方法一覧表

 

安心度 金利 速さ 限度額 備考
公的貸付制度 × 生活福祉資金制度、年金担保融資制度、教育ローン、奨学金など
銀行 都市銀行、地方銀行、信用金庫、労働金庫が扱う目的ローン、カードローンなど
消費者金融 大手消費者金融、中堅消費者金融、学生ローンなど
信販会社 クレジットカードのキャッシング枠、カードローンなど
生命保険 生命保険の解約払戻し金を担保にお金を借りる
質屋 × × 品物を預けてお金を借りる、不要な商品を買い取ってもらうなど
おすすめできない借り方
  • 闇金
  • クレジットカードの現金化
  • 身近な人から借りる

 

お金を借りたいあなたへ

基本的にカードローンやキャッシングは満20歳以上で安定した一定の収入があればお金を借りられるところが多いのですが、借主の職業によっては「お金を借りやすい人とそうでない人」が存在していたり、また借主の職業によって「借りやすいローンとそうでないローン」とがあったりします。

 

ここでは、今すぐお金を借りる方法を皮切りに、どのようなお金を借りる方法があり、お金を借りやすく金利が安い消費者金融はあるのか、どのような点に注意して消費者金融からお金を借りるべきなのかを職業別に解説しています。

 

また、貸付残高が多い大手消費者金融であれば、即日融資も可能です。今すぐお金借りたい方は、消費者金融ランキングや上記のお金を借りる方法一覧表を参考に、探してみてください。

 

 

今すぐお金を借りる方法

今すぐお金を借りる方法としてもっともおすすめの方法は、カードローンの即日融資です。これは、申し込みをした時間(主に14時まで)によっては、その日にお金が借りられるシステムです。

 

即日融資は、大手消費者金融や、銀行カードローンで申し込みが出来ます。

消費者金融 カードローン 金利 融資限度額 審査時間
プロミス 4.5%~17.8% 500万円 最短30分
アコム 3.0%~18.0% 800万円 最短30分
SMBCモビット 3.0%~18.0% 800万円 最短30分
アイフル 4.5%~18.0% 500万円 最短30分
銀行 三井住友銀行カードローン 4.0%~14.5% 800万円 最短30分
三菱UFJ銀行

カードローン「バンクイック」

1.8%~14.6% 500万円 最短30分
ソニー銀行カードローン 2.5%~13.8% 800万円 最短60分

申し込みの曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

 

即日融資が可能なカードローンの審査時間は基本的に最短30分で審査が完了するので、契約が銀行の営業時間内に終わっていれば、その日の内に指定口座へ振込してもらえます。

 

即日融資が可能な大手消費者金融や銀行はそれぞれで名前が違いますが、全国に無人契約機を設置しています。無人契約機は、ほとんどが365日午前9時から午後10時までの営業時間となっているので、銀行の営業時間外や、土日、祝日といった日でも、インターネットから申し込みを済ませ、無人契約機でカードを受け取る方法なら365日即日融資が可能になっています。

 

今すぐ即日お金を借りるときに用意するもの

本人確認書類

カードローンの申し込みには用意しなければならない本人確認書類が有ります。審査で必ず必要になるのがこの本人確認書類で、本人書類は申し込み者が本人である事を確認するための書類なので、どこへ申し込むにしてもこの書類だけは用意しておく必要があります。本人確認書類は、運転免許証や健康保険証、パスポートなどの写しが必要になります。

 

また転勤や結婚などで、申し込み書に記入した現在の住所と、運転免許証に記載されている住所が異なる場合は、納税証明書や社会保険料の領収証、公共料金の領収証(電気、都市ガス、水道、固定電話、NHKなど)が別途必要になります。

 

借入希望額によって必要になる書類

消費者金融へ融資を申し込む時、借入希望額が50万円を超える場合や、他社にも借り入れがある場合、その借入残高と借入希望額の合計が100万円を超える場合は「収入証明書類」が必要になります。

 

収入証明書類が必要になるのは、消費者金融の融資限度額は総量規制で年収の3分の1以内と制限されているので、その制限を越えていないかを確認するために収入証明書類の提出を求められます。

 

収入証明書類として利用できるのが、直近1~2カ月分の連続した給与明細や源泉徴収票、所得証明書、納税証明書などの写しが必要になります。

 

銀行カードローンの場合は総量規制の制限を受けないので、年収に左右されません。ですから、銀行カードローンの場合、借入希望額が100万円以下や200万円以下、300万円以下は不要というように、それぞれの銀行が独自の基準を決めていますが、2017年11月現在、総量規制対象外の過剰貸付問題によって、自主的に消費者金融と同じ基準である総量規制の範囲内の貸付基準とする銀行カードローンが増えてきております。

 

申し込み書の提出前に再確認

必要書類が用意できたとしても、注意しなければならないのが、申し込み書に記入した内容が確認書類と違っている場合、審査に落とされる事もあります。

 

事実、申し込み書の記入ミスがあって審査に通らなかったという事も多いので、提出する前に、必ず申し込み書と提出書類に相違がないかを再確認してから提出しましょう。

 

 

今すぐお金を借りるときの注意点

 

急いでいる時は特に「どこでもいいから借りられたらいい」という気持ちになりますが、いくら急いでいると言っても、最低限確認しておかなければならない事があります。

 

  1. 即日融資が可能なキャッシング会社かどうか。

    キャッシングのネット広告や雑誌の広告に「即日融資可能」とか「即日審査可能」という言葉を見る事があります。どちらも「即日」という言葉が使われています。よく似た言葉ですが、内容がまったく違うので注意が必要です。

     

     

    「即日融資可能」という書き方は、申し込みをした当日でも融資が受けられる。「即日審査可能」は、申し込みをした当日中に審査結果が出る事になります。つまり、「即日審査」はお金を貸しても良いかどうかの審査をするだけなので、当日中に融資が実行されるわけではありません

     

     

    「即日融資」と「即日審査」この違いを知っておく必要が有ります。

  2.  

  3. 即日お金を借りる先を慎重に選ぶ

    即日融資でお金を借りたい時は、いくら急いでいても、借入先は慎重に選ばなければなりません。お金を借りる時は、少しでも低い金利でお金を借りたいものですが、金利ばかりに気を取られていては、審査スピードの確認が疎かになります。どうしても今すぐお金が必要な時は、迷わず審査スピードの早い大手消費者金融へ申し込む事をおすすめします。
    即日お金を借りる!人気消費者金融ランキングをチェック

     

    消費者金融の審査は業界トップクラス。申し込みから借り入れまでを1時間程度で全てを完結することが可能です。

  4.  

  5. 24時間受付可能

    また「24時間申し込みの受付可能」という宣伝文句にも注意が必要です。24時間いつでも受付をしているので、申し込みすればいつでも審査が始まり、審査に通ればお金が借りられると思っている方もいます。

     

    「24時間受付」と言うのは、あくまでも受付をしているだけで、24時間審査が受けられる事ではありません。申し込み時間は何時でも可能ですが、審査は営業時間内でないと受けられないので、即日融資で借りるには、いつまでに申し込みをすればよいのかという事も重要です。

  6.  

  7. 即日融資でお金を借りるための条件を調べる

    即日融資に対応しているキャッシング会社の中には、一定の条件を満たしていないと申し込みが出来ないカードローンもあります。

     

    たとえば、即日融資に対応しているイオン銀行カードローンの場合、既にイオン銀行に口座を持っている人に限られますし、申し込み時間によっては即日融資が出来ない事があります。加えて、銀行カードローンの場合は即日融資をしてもらう為に、保証会社の保証を受ける必要があります。

 

こうやって見ていくと、即日融資を受けるには、申し込み先によっては、それなりに事前の下調べと準備が必要です。

 

今すぐお金を借りるメリット・デメリット

 

即日お金を借りるメリット

即日融資の最大のメリットは当然ですが、申し込みから融資までの時間が短時間で終わるという事です。多くのキャッシング会社は、パソコンやスマホを使い、インターネットで申し込みをすれば、最短30分で審査回答が得られるところがほとんどです

 

その後、必要書類をメールやスマホアプリで送れば、審査手続きは完了し、契約が終われば、指定口座への振込みで融資を受けるまで、早ければ1時間程度で完了します。いったん契約が完了すれば、その後は限度額内で自由に借入ができますし、大手消費者金融なら即日振込が当たり前になっています。

 

また、キャッシングの即日融資は、用意する書類が少ない事です。お金を借りる希望額で違ってきますが、キャッシングでお金を借りる申し込みは、50万円以下の場合必要書類は免許証やパスポートだけあれば申し込みが出来るので、書類を揃えるというような時間は必要ありません。

 

銀行の金融商品なら保証人や担保設定が必要になりますがキャッシングは、担保や保証人が必要ありません。申し込みは、本人の信用度だけでお金が借りられるので、人に迷惑を掛ける事もありません。

 

即日お金を借りるのデメリット

即日融資はある程度のリスクを覚悟しなければならないので、少し高めの金利設定となっています。たとえば銀行カードローンの平均金利が14%~15%なのに対して、消費者金融の金利は18%近くになります。数字だけ見ると大差ないように思えますが、借入額が増えれば支払う利息も多くなるので、金利は低いにこしたことはありません。

 

即日融資でお金を借りる時、短期でお金をを借りるつもりなら、多少の金利差は問題になりませんが、長期でお金を借りる場合は金利を優先して申し込み先を決める必要が有ります。
即日融資については、即日融資カードローンで今すぐお金を借りたい!!即日借りれる大手3社徹底比較!でより詳しく解説しております。

 

キャッシングの落とし穴と言えるのが、簡単にお金を借りられるので、ついついお金を借り過ぎてしまう事です。キャッシング審査が緩く、手軽に借り入れができるので、慣れてくると、まるで自分の預金を引き出すかのように借り入れをしてしまう人がいます。

 

気が付けば返済が出来ないくらいまで借金が膨らんでいたという事もあるので、借り入れ前には必ず返済計画を立て、お金を借り過ぎないように注意する事が重要です。

 

どこでお金を借りるのがベスト?

「即日融資」は消費者金融のお家芸のように言われていましたが、最近の銀行でも即日融資が可能なカードローンが増えているので、消費者金融、銀行カードローンで選ぶ事が出来ます。

賢いお金の借り方とは?

 

「即日融資」といっても一般のカードローンと変わりはないので、

  • 金利が低い。
  • 専業主婦でも借りられる。
  • 安心感がある。

という事から考えると、銀行カードローンの「即日融資」が良さそうですが、銀行カードローンの過剰融資が問題視されておりますので、大手消費者金融から総量規制の範囲でお金を借りることをおすすめしております。

 

「銀行カードローンの中には、事前に口座を作っておく必要が有るカードローンが有りますが、「即日融資」を申し込む時は、口座の指定がないカードローンへ申し込む事がポイントです。

 

口座が必要なカードローンの場合、口座を作るだけで1週間~10日が必要になるので、今すぐお金が必要と言っても間に合いません。

 

たとえば、三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」や三井住友銀行カードローンなどは、どこの口座を使っても問題ありません。

 

カードローン名 金利(年) 融資限度額 毎月返済額
イオン銀行カードローン 13.8% 50万円まで 3,000円~
楽天銀行カードローン 14.5% 50万円まで 2,000円~
ソニー銀行カードローン 13.8% 50万円まで 2,000円~
三菱UFJ銀行カードローン 14.6% 30万円まで 2,000円~
みずほ銀行カードローン 14.6%~ 30万円まで 2,000円~