【即日】お金を借りる方法まとめ|今すぐお金借りたい!おすすめは?

あなたのお金を借りる状況は?

とにかく今すぐお金を借りたいなら?

即日お金を借りる!人気消費者金融ランキングをチェック

 

「プロミス」「アコム」は、CMでも特に有名です。また、即日融資も可能で消費者金融からお金を借りる口コミランキングサイトでも人気があります

 

とにかく今すぐお金を借りたいなら、大手消費者金融からお金を借りることがおすすめです。大手消費者金融からお金を借りると言っても、金利や限度額、即日融資のサービス内容はよく似ているので、「プロミス」「アコム」などどこを選んでも同じような気がしますが、細かいところまで見ていくと、それぞれに特徴があります。

 

消費者金融からお金を借りる場合は、総量規制で融資限度額は年収の3分の1以内と言う制限が有る事と、無職では申し込みが出来ないので、今すぐお金借りたい時でも注意が必要です。お金を借りるなら、審査申し込み方法から返済方法まで全ての環境が整っている大手消費者金融からお金を借りることをおすすめします。

 

低金利でお金を借りるには多少時間を要するかもしれませんし、審査についても不安なところはあるかもしれません。数社からお金を借りている状況で借り換えが必要になる状況もあるでしょう。あなたの今の状況に合ったお金を借りる方法が下記から見つかるかもしれませんので、チェックしてみましょう。

 

即日お金を借りる!人気消費者金融ランキングをチェック

 

お金を借りる方法一覧表

 

安心度 金利 速さ 限度額 備考
公的貸付制度 × 生活福祉資金制度、年金担保融資制度、教育ローン、奨学金など
銀行 都市銀行、地方銀行、信用金庫、労働金庫が扱う目的ローン、カードローンなど
消費者金融 大手消費者金融、中堅消費者金融、学生ローンなど
信販会社 クレジットカードのキャッシング枠、カードローンなど
生命保険 生命保険の解約払戻し金を担保にお金を借りる
質屋 × × 品物を預けてお金を借りる、不要な商品を買い取ってもらうなど
おすすめできない借り方
  • 闇金
  • クレジットカードの現金化
  • 身近な人から借りる

 

はじめに

基本的にカードローンやキャッシングは満20歳以上で安定した一定の収入があればお金を借りられるところが多いのですが、借主の職業によっては「お金を借りやすい人とそうでない人」が存在していたり、また借主の職業によって「借りやすいローンとそうでないローン」とがあったりします。

 

ここでは、様々な職業別に、どのようなお金を借りる方法があり、お金を借りやすく金利が安いのか、そしてその借主がお金を借りる際に、どのような点に注意してお金を借りるべきなのかを解説しています。

 

また、貸付残高が多い大手消費者金融であれば、即日融資も可能です。今すぐお金借りたい方は、消費者金融ランキングや上記のお金を借りる方法一覧表を参考に、探してみてください。

 

お金を借りる目次

 

今すぐお金を借りるには

 

今すぐお金を借りる方法としてもっともおすすめの方法は、カードローンの即日融資です。これは、申し込みをした時間(主に14時まで)によっては、その日にお金が借りられるシステムです。

 

即日融資は、大手消費者金融や、銀行カードローンで申し込みが出来ます。

消費者金融 カードローン 金利 融資限度額 審査時間
プロミス 4.5%~17.8% 500万円 最短30分
アコム 3.0%~18.0% 800万円 最短30分
モビット 3.0%~18.0% 800万円 最短30分
アイフル 4.5%~18.0% 500万円 最短30分
銀行 三井住友銀行カードローン 4.0%~14.5% 800万円 最短30分

三菱東京UFJ銀行
カードローン「バンクイック」

1.8%~14.6% 500万円 最短30分
新生銀行カードローン 4.5%~18.0% 500万円 最短30分
ソニー銀行カードローン 2.5%~13.8% 800万円 最短60分

申し込みの曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

 

即日融資が可能なカードローンの審査時間は基本的に最短30分で審査が完了するので、契約が銀行の営業時間内に終わっていれば、その日の内に指定口座へ振込してもらえます。

 

即日融資が可能な大手消費者金融や銀行はそれぞれで名前が違いますが、全国に無人契約機を設置しています。無人契約機は、ほとんどが365日午前9時から午後10時までの営業時間となっているので、銀行の営業時間外や、土日、祝日といった日でも、インターネットから申し込みを済ませ、無人契約機でカードを受け取る方法なら365日即日融資が可能になっています。

 

今すぐ即日お金を借りるときに用意するもの

本人確認書類

カードローンの申し込みには用意しなければならない本人確認書類が有ります。審査で必ず必要になるのがこの本人確認書類で、本人書類は申し込み者が本人である事を確認するための書類なので、どこへ申し込むにしてもこの書類だけは用意しておく必要があります。本人確認書類は、運転免許証や健康保険証、パスポートなどの写しが必要になります。

 

また転勤や結婚などで、申し込み書に記入した現在の住所と、運転免許証に記載されている住所が異なる場合は、納税証明書や社会保険料の領収証、公共料金の領収証(電気、都市ガス、水道、固定電話、NHKなど)が別途必要になります。

 

借入希望額によって必要になる書類

消費者金融へ融資を申し込む時、借入希望額が50万円を超える場合や、他社にも借り入れがある場合、その借入残高と借入希望額の合計が100万円を超える場合は「収入証明書類」が必要になります。

 

収入証明書類が必要になるのは、消費者金融の融資限度額は総量規制で年収の3分の1以内と制限されているので、その制限を越えていないかを確認するために収入証明書類の提出を求められます。

 

収入証明書類として利用できるのが、直近1~2カ月分の連続した給与明細や源泉徴収票、所得証明書、納税証明書などの写しが必要になります。

 

銀行カードローンの場合は総量規制の制限を受けないので、年収に左右されません。ですから、銀行カードローンの場合、借入希望額が100万円以下や200万円以下、300万円以下は不要というように、それぞれの銀行が独自の基準を決めていますが、2017年11月現在、総量規制対象外の過剰貸付問題によって、自主的に消費者金融と同じ基準である総量規制の範囲内の貸付基準とする銀行カードローンが増えてきております。

 

申し込み書の提出前に再確認

必要書類が用意できたとしても、注意しなければならないのが、申し込み書に記入した内容が確認書類と違っている場合、審査に落とされる事もあります。

 

事実、申し込み書の記入ミスがあって審査に通らなかったという事も多いので、提出する前に、必ず申し込み書と提出書類に相違がないかを再確認してから提出しましょう。

関連記事
即日融資カードローンで今すぐお金を借りたい!!即日借りれる大手3社徹底比較!

 

今すぐお金を借りるときの注意点

 

急いでいる時は特に「どこでもいいから借りられたらいい」という気持ちになりますが、いくら急いでいると言っても、最低限確認しておかなければならない事があります。

 

  1. 即日融資が可能なキャッシング会社かどうか。

    キャッシングのネット広告や雑誌の広告に「即日融資可能」とか「即日審査可能」という言葉を見る事があります。どちらも「即日」という言葉が使われています。よく似た言葉ですが、内容がまったく違うので注意が必要です。

     

     

    「即日融資可能」という書き方は、申し込みをした当日でも融資が受けられる。「即日審査可能」は、申し込みをした当日中に審査結果が出る事になります。つまり、「即日審査」はお金を貸しても良いかどうかの審査をするだけなので、当日中に融資が実行されるわけではありません

     

     

    「即日融資」と「即日審査」この違いを知っておく必要が有ります。

  2.  

  3. お金を借りる先を慎重に選ぶ

    即日融資でお金を借りたい時は、いくら急いでいても、借入先は慎重に選ばなければなりません。お金を借りる時は、少しでも低い金利でお金を借りたいものですが、金利ばかりに気を取られていては、審査スピードの確認が疎かになります。どうしても今すぐお金が必要な時は、迷わず審査スピードの早い大手消費者金融へ申し込む事をおすすめします。
    即日お金を借りる!人気ランキングをチェック

     

    消費者金融の審査は業界トップクラス。申し込みから借り入れまでを1時間程度で全てを完結することが可能です。

  4.  

  5. 24時間受付可能

    また「24時間申し込みの受付可能」という宣伝文句にも注意が必要です。24時間いつでも受付をしているので、申し込みすればいつでも審査が始まり、審査に通ればお金が借りられると思っている方もいます。

     

    「24時間受付」と言うのは、あくまでも受付をしているだけで、24時間審査が受けられる事ではありません。申し込み時間は何時でも可能ですが、審査は営業時間内でないと受けられないので、即日融資で借りるには、いつまでに申し込みをすればよいのかという事も重要です。

  6.  

  7. 即日融資でお金を借りるための条件を調べる

    即日融資に対応しているキャッシング会社の中には、一定の条件を満たしていないと申し込みが出来ないカードローンもあります。

     

    たとえば、即日融資に対応しているイオン銀行カードローンの場合、既にイオン銀行に口座を持っている人に限られますし、申し込み時間によっては即日融資が出来ない事があります。加えて、銀行カードローンの場合は即日融資をしてもらう為に、保証会社の保証を受ける必要があります。

 

こうやって見ていくと、即日融資を受けるには、申し込み先によっては、それなりに事前の下調べと準備が必要です。

 

今すぐお金を借りるメリット・デメリット

即日融資のメリット

即日融資の最大のメリットは当然ですが、申し込みから融資までの時間が短時間で終わるという事です。多くのキャッシング会社は、パソコンやスマホを使い、インターネットで申し込みをすれば、最短30分で審査回答が得られるところがほとんどです

 

その後、必要書類をメールやスマホアプリで送れば、審査手続きは完了し、契約が終われば、指定口座への振込みで融資を受けるまで、早ければ1時間程度で完了します。いったん契約が完了すれば、その後は限度額内で自由に借入ができますし、大手消費者金融なら即日振込が当たり前になっています。

 

また、キャッシングの即日融資は、用意する書類が少ない事です。お金を借りる希望額で違ってきますが、キャッシングでお金を借りる申し込みは、50万円以下の場合必要書類は免許証やパスポートだけあれば申し込みが出来るので、書類を揃えるというような時間は必要ありません。

 

銀行の金融商品なら保証人や担保設定が必要になりますがキャッシングは、担保や保証人が必要ありません。申し込みは、本人の信用度だけでお金が借りられるので、人に迷惑を掛ける事もありません。

 

即日融資のデメリット

即日融資はある程度のリスクを覚悟しなければならないので、少し高めの金利設定となっています。たとえば銀行カードローンの平均金利が14%~15%なのに対して、消費者金融の金利は18%近くになります。数字だけ見ると大差ないように思えますが、借入額が増えれば支払う利息も多くなるので、金利は低いにこしたことはありません。

 

即日融資で借りる時、短期借り入れで借りるつもりなら、多少の金利差は問題になりませんが、長期で借りる場合は金利を優先して申し込み先を決める必要が有ります。
即日融資については、即日融資カードローンで今すぐお金を借りたい!!即日借りれる大手3社徹底比較!でより詳しく解説しております。

 

キャッシングの落とし穴と言えるのが、簡単に借りられるので借り過ぎてしまう事です。審査が緩く、手軽に借入れができるので、慣れてくると、まるで自分の預金を引き出すかのように借入をしてしまう人がいます。

 

気が付けば返済が出来ないくらいまで借金が膨らんでいたという事もあるので、借入前には必ず返済計画を立て、借り過ぎないように注意する事が重要です。

 

どこでお金を借りるのがベスト?

「即日融資」は消費者金融のお家芸のように言われていましたが、最近の銀行でも即日融資が可能なカードローンが増えているので、消費者金融、銀行カードローンで選ぶ事が出来ます。

 

「即日融資」といっても一般のカードローンと変わりはないので、

  • 金利が低い。
  • 専業主婦でも借りられる。
  • 安心感がある。

という事から考えると、銀行カードローンの「即日融資」が良さそうですが、銀行カードローンの過剰融資が問題視されておりますので、大手消費者金融から総量規制の範囲で借りることをおすすめしております。

 

「銀行カードローンの中には、事前に口座を作っておく必要が有るカードローンが有りますが、「即日融資」を申し込む時は、口座の指定がないカードローンへ申し込む事がポイントです。

 

口座が必要なカードローンの場合、口座を作るだけで1週間~10日が必要になるので、今すぐお金が必要と言っても間に合いません。

 

たとえば、三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」や新生銀行カードローン「レイク」三井住友銀行カードローンなどは、どこの口座を使っても問題ありません。

 

また、無収入の専業主婦も一時的にお金を借りなければならない時が有ります。消費者金融は総量規制で収入のない専業主婦は申し込みが出来ません。銀行カードローンなら、総量規制の対象外なので、年収に左右される事が無いので、審査に通れば無収入の専業主婦でもお金が借りられます。

 

専業主婦だからといって「即日融資」をあきらめる必要もありませんし、銀行によっては専業主婦専用のカードローンも用意されています。

 

カードローン名 金利(年) 融資限度額 毎月返済額
イオン銀行カードローン 13.8% 50万円まで 3,000円~
楽天銀行カードローン 14.5% 50万円まで 2,000円~
ソニー銀行カードローン 13.8% 50万円まで 2,000円~
三菱東京UFJ銀行カードローン 14.6% 30万円まで 2,000円~
みずほ銀行カードローン 14.6%~ 30万円まで 2,000円~

 

専業主婦が利用できる主な銀行カードローンですが、中でも三井住友銀行カードローン「バンクィック」や「ソニー銀行カードローン」「楽天銀行カードローン」など専業主婦でも「即日融資」で申し込みが出来るカードローンがあります。

 

お金を借りるQ&A

 

銀行でお金を借りるならどこがいい?

キャッシングは消費者金融や信販会社、銀行で申し込みができますが、

 

一般的に消費者金融は

  • 「今日明日中にお金を借りたい」
  • 「融資が受けやすい」

 

銀行カードローンは

  • 「お金を借りる時は低金利で」
  • 「専業主婦でも融資が可能」

といった特徴があるので、目的に応じた申し込み先を決める必要があります。

 

金利で決めるのなら銀行カードローン

最近の銀行はメガバンクから信用金庫まで、ほとんどがカードローンを取り扱っています。大手消費者金融の金利を見てみると「プロミス」の上限金利は17.8%、アコムやアイフル、モビットなどは18.0%と、ほとんど同じ設定になっています。

 

銀行カードローンの場合、上限金利が14%台のところが多い中、新生銀行カードローン「レイク」のように上限金利が18.0%と、消費者金融と変わらない金利設定のカードローンもあります。銀行カードローンの中でもそれぞれに基準が違うので同じカードローンを選ぶにしても、違いがあります。

 

即日融資が可能なカードローン

即日融資と言えば、消費者金融が得意としていますが、銀行カードローンでも即日融資が可能なカードローンがあります。

 

カードローン 金利 融資限度額 審査時間
三井住友銀行カードローン 4.0%~14.5% 800万円 最短30分
みずほ銀行カードローンコンフォートプラン 3.5%~14.0% 1,000万円 最短当日中
新生銀行カードローン 4.5%~18.0% 500万円 最短30分
ソニー銀行カードローン 2.5%~13.8% 800万円 最短60分
三菱東京UFJ銀行カードローン 1.8%~14.6% 500万円 カード発行まで40分

 

即日融資が可能な銀行カードローンの中には、事前に口座を持っている必要があるカードローンや、カードローンの申し込み時に口座の手続きをするカードローン。申し込み先で口座が不要なカードローンがあるので、即日融資でお金を借りる時の条件を調べておく必要があります。

 

在籍確認なしでもお金借りれるの?

「キャッシングを始めたいけれど、在籍確認の電話が会社にかかってくるのは困る」という人も少なくありません。在籍確認はどこへ申し込みをしても避けて通れませんが、在籍を証明する書類を提出する事で「会社への電話連絡なし」で審査が行われるところがあります。
詳しくは・・・在籍確認なしでお金を借りることはできる?

 

在籍確認の電話とは

在籍確認は申し込み書に記入した勤務先に、担当者の個人名で「□□と申しますが、○○様はいらっしゃいますか?」というような電話を掛けてきます。

 

掛かってきた電話に、必ず本人が出なければならないという事ではなく、本人が外出中の場合は「○○はただいま外出しております」とか、会議中の時は「○○は会議中で電話を取り次げません」

 

と言うように、在籍している事が確認できれば在籍確認は終了します。

 

電話連絡を回避する方法

在籍確認は、ほとんどの場合は電話による確認になりますが、電話でなく、書類の提出で代替えしてくれるキャッシング会社が有ります。銀行カードローンの場合は、電話での確認は避けられませんが、大手消費者金融の「モビット」は書類の提出による在籍確認を行っています

 

モビットの在籍確認

会社への電話なし」で申し込みめるのは「WEB完結申し込み」になります。「WEB完結申し込み」には申し込み条件があり、基本的に正規雇用の会社員や公務員の方が対象になります。

 

申し込みは

  1. 事前に三井住友銀行または三菱東京UFJ銀行に普通預金口座がある事
  2. 社会保険証または組合健康保険証をお持ちの方

この2つの条件をクリアしていれば「WEB完結」の申し込みが出来ます。

 

借入希望額が50万円以下の時、一般的には本人確認書類の提出だけでよいのですが。「WEB完結申し込み」は、

  • 本人確認書類として、運転免許証・健康保険証・パスポート・住民基本台帳カード(顔写真付き)などの写し
  • 現在の収入を証明する書類として源泉徴収票や税額通知書、所得証明書、確定申告書、直近2か月分の給与明細書などのどれがひとつの写し

が必要です。

 

併せて勤め先を確認するための健康保険証(社会保険証または組合保険証のいずれか)と最近1か月分の給与明細書(収入証明書類を提出に給与明細を提出していれば不要)の書類を用意する必要があります。

 

申し込み方法は「WEB完結申し込み」のボタンをクリックし、必要事項を入力して送信すると審査結果の連絡があります。審査完了のメールに記載されているURLから、審査結果の照会ページへ行き、そこで審査結果を確認したあと、入会手続きページへ進みます。入会手続きを済ませて、入会完了メールが届けば、キャッシングが可能になります。

 

「会社への連絡が困る」という方は「モビット」の「WEB完結申し込み」をおすすめします。

モビットの詳細は:モビットでお金を借りるには?審査は?口コミは?特徴まとめ

 

どうしてもお金を借りたいならどうするべき?

日常生活の中で「お金を借りなければならない」という事があります。

 

たとえば「子供の将来の事を考えて住宅を建てたい」「子供の学費を用意しなければならない」日常生活においては給料日前にお金が足らなくなり「一時的に借りたい」などのように、お金を借りたい事があります。

 

お金の借り方には身内や友人にお金を借りる方法や公的制度を利用する方法、銀行の金融商品を申し込む方法などが一般的ですが、中でも最も手軽にお金を借りる方法にキャッシングがあります。キャッシングは無担保・無保証人でお金が借りられるので、自分だけの責任を担保にお金を借りる事が出来るので誰にも迷惑を掛ける事がありません。

 

目的を決めれば借入先が探しやすい

では「キャッシングを始めたいけど、どこへ申し込みめばよいのかわからない」と言う方もおられますが、どこでお金を借りるかを決める場合は、ざっくりとした目的を決める事です。

 

たとえば

  • 「今日明日中にはお金を用意しなければならない」
  • 「お金が必要になった時に、対処が出来るようにしておきたい」

と言うような目的を決める事が申し込み先を決めるためのポイントになります。

 

「すぐにお金が必要」な時は大手消費者金融や、銀行カードローンの即日融資が可能なキャッシング会社から選べばよいでしょうし、「今すぐと言うわけではないけど将来に備えて」と言う場合は、銀行カードローンの中から低金利のカードローンを探せばよい事になります。

 

即日融資は今すぐお金が必要と言う場合でも安心

キャッシングのサービスに、今日申し込みみをして今日中にお金が借りられる「即日融資」というサービスがあります。即日融資を実現するには、即日融資が可能なキャッシング会社を選び、申し込みをすれば申し込みをしたその日にお金が借りられます。

 

 

最近ではスマホやPCを使ってインターネットから申し込みが可能で、必要書類もメールに添付して送信したり、スマホアプリでそのまま送ったり出来るので、来店不要のキャッシングが始められます。

 

キャッシング審査は、平日だけではなく土日祝日でも平日同様に即日審査を行っていますので、休日でも即日融資が可能です。「今日明日中にお金が必要」と言う場合でも、安心してお金が借りられます。

 

将来に備えてゆっくり検討したい

「今すぐお金が必要という訳ではないけれど、将来利用するかもしれない」という方は、銀行カードローンをおすすめで、銀行カードローンなら利息を少なく借りられるというメリットがあります。

 

高額借入になればなるほど金利が大きく影響するので、時間をかけてでも低金利のカードローンを探す事をおすすめします。

 

お金を借りる時の言い訳は何が良い?

お金を借りる理由は人それぞれで、お金を借りる時にどんな理由付けをして借りるのがよいかで悩む人もいますが、お金を借りる時に理由付(言い訳?)は必要なのでしょうか

 

お金を借りる理由がなければ借りられない?

しかし、よく考えてみると、「お金を借りる時に理由付けが必要か」という事ですが、親子の間ならお金を借りる理由はそれほど重要になりませんし、友人に貸してもらうにしてもすぐに返せる程度のお金なら理由付けに悩む事もないと思いますが、ただ「お金を貸して」と言うだけでは誠意が伝わらないという事もあります。

 

かといって正当な理由でなければ「騙された」とも取られかねません。一番よい方法は、言い訳せずにお金が借りられる事ではないでしょうか

 

フリーローンを利用する

お金を借りる方法で一般的な借り方は銀行の金融商品を申し込む事を思いつきます。金融商品には住宅ローンやマイカーローン、教育ローンなど目的に応じた商品が有ります。ただ、それらで借りる時は多くの書類を用意し、担保や保証人も付ける必要があります。

 

融資を受けるまでに厳しい審査があるので時間がかかるというのが一般的です。最近は金融商品以外にカードローンの顧客獲得に力を入れています。カードローンの利用目的は何に使ってもよく、限度額内の借入なら何度でも借りられるというメリットがあります。

 

お金を借りるための言い訳は必要ありませんし、担保や保証人が不要なので、人に頭を下げて保証人になってもらう必要もありません。人に頼らず、すべて自己責任で完結するというのがカードローンのメリットでもあります。

 

消費者金融、銀行どちらがよい?

カードローンの申し込みは消費者金融や銀行で申し込みできます。消費者金融は「融資が受けやすい」「申し込みをしたその日に借りられる」というメリットがありますが「銀行カードローンに比べて金利が高め」というデメリットがあります。

 

銀行カードローンは消費者金融と比べて金利が低いという事がメリットで、審査が厳しく、ある程度の属性が必要と言うのが銀行カードローンのデメリットです。

 

申し込みは目的を決める事がポイント

このようにどちらもメリットデメリットがあるので、自分はどう利用したいのかをまず決める事をおすすめします。急いでいる時は消費者金融がおすすめですし、少しでも金利を低く借りたい時は銀行カードローンがおすすめです。

 

いずれにせよ、言い訳を考えずとも利用できるのが、カードローンのメリットです。

 

お金を借りることができるのはいくらまで?

お金を借りるという事については、個人的な資産や信頼などによって借りる事が出来ます。お金を借りる方法は、身内や知人から借りる方法、公的機関、消費者金融や銀行などで借りる人がほとんどでしょう。

 

いくらまで借りられるかは、その人の信用度や資産によって変わってくるので、具体的にそれぞれについていくらまでとは決められません。

 

キャッシングでお金を借りる

お金を借りる方法のひとつにキャッシングがあります。キャッシングは消費者金融や銀行カードローンでお金を借りる事ですが、現在日本で1.400万人以上の方が利用している、人気のあるお金を借りる方法です。

 

キャッシングのメリットは、

  • 担保や保証人は必要がなく、自分の責任だけで借りられるので人を頼る必要がない。
  • 借入限度額が決まればその範囲内なら何度でも利用できる。
  • 希望すれば申し込みをしたその日に借りられる。

など、キャッシングの利便性に人気があり、多くの人が利用しています。

 

お金を借りる時の限度額

たとえばお金を貸す側の条件としては「金利○○%最大○○万円まで」というように、お金を貸す側は、「金利はいくらで、いくらまでなら貸します」という表現をしているので、借入目的に合わせて商品を選び、申し込みをして審査を受けます。

 

審査に通れば希望通りのお金が借りられますが、条件を満たしていない場合は減額されたり、融資を断られたりする事もあります。

 

総量規制という限度額

キャッシングでお金を借りる場合、消費者金融や信販会社、銀行でも小口融資としてカードローンを扱っています。

 

銀行が扱うカードローンについては、顧客獲得のために銀行それぞれで基準を決め、金利や融資限度額を設定しています。

 

たとえば、メガバンクのカードローン

銀行カードローン 金利 融資限度額
三井住友銀行カードローン 4.0%~14.5% 最大800万円
三菱東京UFJ銀行カードローン 1.8%~14.6% 最大500万円
みずほ銀行カードローン 3.5%~14.0% 最大1,000万円

 

のように、金利と融資限度額が設定されていて、審査でいくらお金を借りられるのかが決まります。

 

一方消費者金融や信販会社は、貸金業法に基づいて事業を行っており、融資限度額は「総量規制」という法律で決まります総量規制では「ノンバンク(消費者金融や信販会社)がお金を貸す時の限度額は年収の3分の1以内」という制限を受けます。

 

たとえば、年収300万円の人は最大でも100万円は借りられない事になります。

 

キャッシングでお金を借りる時、いくらまで借りられるのかは、消費者金融、銀行によって基準が変わるという事を覚えておきましょう。

 

延滞中でもお金を借りることはできる?

キャッシングを長く続けていると、返済が続けられなくなり、延滞や債務整理をした方も少なくありません。そういった人が新たな借入をしたくても、大手消費者金融や銀行カードローンは過去に金融事故を起こしている人は審査に通る可能性はまずありません

 

では、延滞を起こしたり、債務整理をしたりした人は新たな借入が絶対できないのかというと、そうでもなく、いわゆる金融ブラックと呼ばれる人でも、中堅消費者金融なら融資をしているところがあるので、絶対できないという訳ではありません。

 

ただし、結論から先に言うと、現在延滞中の人が借入先を探す事はかなり厳しくなります。

 

中小堅消費者金融とは

消費者金融の中にはテレビCMなどは流し、名前のよく知られた大手消費者金融や、あまり知られていませんが、地方都市には地元を中心に貸金業を営んでいる正規の消費者金融があります

 

大手の金融機関に比べると企業の規模は小さいかもしれませんが、きちんと貸金業登録をしている貸金業者で、法に基づき運営されています。最近は地元だけでなく、インターネット申し込みが可能になり、振込キャッシングと併せて全国展開をしている中小消費者金優が増えています。

 

中堅消費者金融の金利は大手の金融機関と比べて、特別高いということはありませんが、借入限度額は大手金融機関の借入限度額に比べると、比較的低めに設定されています。出来る事なら大手金融機関に申し込みをする事をおすすめしますが、中堅消費者金融も優良な貸付を行っているので、大手消費者金融からお金を借りられなかった人は検討してみるのもひとつの方法です。

 

中堅消費者金融の審査

大手消費者金融の審査は、マニュアル通りに進めるので、少しでも条件から外れると、その場で審査に落ちてしまいます。

 

大手消費者金融と比較して、リスクの高いユーザーを対象にしている中堅消費者金融は、顧客拡大に向け、さらにリスクを負っている会社も多いため、大手消費者金融で審査が通らなかった人でも、中堅消費者金融の審査なら通る可能性は高いです。

 

中小消費者金融は、過去に延滞や債務整理などの金融事故があったとしても、現在の収入状況や生活状況から今後の返済がしっかりと続けていけるかどうかを担当者自身が見極めて判断するという、実情にあわせた審査を行っています。ただ、いくら審査が緩いと言っても、信用情報等はしっかり確認をします。

 

大手消費者金融でお金を借りられなかったからとあきらめずに、審査の申し込み先を中堅消費者金融まで広げれば、借り入れ先がきっと見つかるはずです。

 

ブラックでもお金を借りる方法ってある?

お金を借りる時「ブラックだから無理」と思っている人もいますが「ブラック」だからと言ってお金が借りられないわけではありません

 

ブラックとは

「ブラックってブラックリストの事?」と思っているかもしれませんが、実はブラックリストと言うものは存在しません。

 

消費者金融や銀行、クレジットカードなどでお金を借りると、信用情報機関の個人情報に利用状況が記載されます。本来は、どこでいくら借りているとかの記載はありますが、残りは白紙のままの状態になっています。ところが、借りているお金の延滞が続いたり、債務整理をしたりした時は、其の事が記載されます。

 

「ブラック」と言うのは事故情報を起こした人の事を言うので、「ブラックリスト」というものは存在しません

 

2種類のブラック

「ブラック」にはお金を借りたけれど返済が続けられず、自己破産などで債務整理をした場合と、1か月の間に3社以上のキャッシング会社へ審査申し込みをした人の2種類の「ブラック」があり、前者は「金融ブラック」
後者は「申し込みブラック」と呼ばれています。

 

それらの事はすべて個人情報に記載されていて、それらの記載が消えるのは、「申し込みブラック」の場合6ヵ月以上、「金融ブラック」の場合は内容によって違いますが5年から7年が必要です。

 

ブラックでもお金が借りたい

では金融ブラックになった場合、5年~7年は事故履歴が消えないので、大手消費者金融や銀行へ借入の申し込みをしても、まず審査に通る事はありません。しかし、事故履歴が消えるまで待てないという人も中にはいますが、ブラックになった事がある人でも融資をして貰える方法があります。
関連記事
ブラックでもお金を借りることはできる?

 

中小消費者金融へ申し込むには?

消費者金融には全国的に名前のよく知られた大手消費者金融や地元を中心に事業展開をしている中堅消費者金融があります。大手消費者金融や銀行へ申し込みをしても事故履歴が記載されていると、即審査落ちになります。

 

中堅消費者金融の融資対象は大手で借りられなかった人や、金融事故を起こした事のある人にも貸し出しをしています。中堅消費者金融は、本来地元中心に貸金業をしていましたが、現在はインターネットを使い、振込キャッシングが可能になったため、全国展開をしている中堅消費者金融が増えています。

 

中堅消費者金融は過去の出来事にはとらわれず、現在の収入状況や生活状況から返済が可能と判断すれば融資を行っています。そう多くは期待できませんが、どこへ申し込みをしても借りられなかった人は、中堅消費者金融へ申し込みをしてみるのもひとつの選択肢です。

 

初めてお金を借りる選び方はどうすべき?

キャッシングを始めようと思った時、心配なのが

  • 「審査に通るか心配」
  • 「思い通りのキャッシング会社が見つかるか」

というような不安が有るものです。

 

キャッシング会社を探す時は、ざっとでもよいので、目的を決めて捜せば思っているようなキャッシング会社が見つかりやすくなります。

 

キャッシング会社を探すもう一つの方法は、口コミやランキングサイトなどの情報サイトを利用するという事で、これらのサイトで自分の目的に近いキャッシング会社を見つける事も出来ます。

 

キャッシングをどう使いたいかを決める

キャッシングの申し込み先は消費者金融や信販会社、銀行などで申し込みが出来ます。

 

その中でどこへ申し込みめばよいのかを決める時、たとえば「急な出費があり、今日明日中にもお金を用意しなければならない」という時は、消費者金融の即日融資を利用すれば、申し込みをしたその日にお金を借りることが出来ます。

 

「お金を借りる時は利息を抑えて借りたい」と思う時は銀行カードローンがおすすめです。

 

このように、ざっくりでもよいので目的を決めてさがせば、自分の希望するキャッシング会社が見つけやすくなります。

 

公式サイトだけでなく、情報サイトを利用する

消費者金融系で借りるのか銀行系で借りるのかが決まったら、その中からキャッシング会社を決めなければなりません。どこで借りるかを決める時は、キャッシング会社のホームページから、金利や融資限度額、利用条件や返済方法などを調べ、その条件が自分の思いと一致している事を確認します。

 

ただ、ホームページの情報は、商品説明だけになっているので、使い勝手が良いのか悪いのかが解りません。口コミやランキングサイトでは、融資までどれくらいの時間がかかったとか、担当者の対応はどうだったなど、実際に申し込みをした人や、利用している人の感想を知る事が出来ます。

 

調べてみたい金融機関についても、利用者の生の声が反映されているので、それらの書き込みを参考にして、申し込み先を決めるのもひとつの選び方です。

 

お金を借りる時は使い勝手も考える

キャッシング会社を決める時のポイントは、使い勝手が良いかどうかも検討する必要があります。

 

たとえば、契約をしたけれど借入や返済用のATMが近くになければ、その都度ATMまで出かけなければならないという事になると、不便さでストレスを感じるようになります。じぶんの生活圏内に利用できるが有るかどうかという事も、キャッシング会社を決める時の大切な条件になります。

 

お金を借りる際に会社に連絡はくる?

お金を借りる時、出来るだけ人に知られず借りたいと誰もが思うものですが、キャッシングでお金を借りる時は、審査で在籍確認があります。

 

在籍確認は・キャッシング申し込み者が、申し込み書に記入した会社に勤めているかを確認する作業で、消費者金融のキャッシングや信販会社のクレジットカード、銀行のカードローンでお金を借りる時は、在籍を確認するための電話が必ずかかってきます。

 

しかし、他の書類などの代替で「在籍確認」を済ませることのできる業者もありますので、そちらを利用するのも一つの方法です。
参照→モビットでお金を借りるには?審査は?口コミは?特徴まとめ

 

親にばれないでお金を借りることって可能?

「キャッシングでお金を借りたいけれど、親にばれるのでは?」と言う心配から、申し込みに踏み切れない方もいますが、キャッシングを利用している事を親や家族に知られる事はほとんどありません。ただ、使い方によっては親や家族に知られてしまう事があります。

 

親にばれずにお金を借りる

キャッシングの利用を「親や家族に内緒で借りたい」という方が非常に多く、利用していることが親にバレないか気になるところです。しかし、消費者金融でも銀行でもカードローンの利用については「人に知られたくない」という事は解っているので、電話がかかってくることが有っても、連絡先を自分の携帯電話にしておけば、バレる心配はありません。

 

契約書や利用明細書などは自宅へ送らなくてもよいシステムをと入れているキャッシング会社もありますが、ローンカードの郵送や契約書などが送られてくる時は、差出人名を変えて送ってきます。たとえばアコムなら「ACサービスセンター」という名前の郵便物が届きます。

 

アイフルの「配達時間エラベール」というサービスは、指定時間にローンカードが受け取れる宅配サービスがあり、送られてきたカードは本人限定サービスなので家族や親にばれる心配はないというサービスがあります。

 

書類が郵送されないようにする

郵送物をなくす確実な方法は、店舗または無人契約機で申し込む方法です。店舗や無人契約機で契約すると、その場で契約書の作成や、カードを受け取れるので、自宅への郵送物はありません。

 

また、WEB申し込みの場合契約の方法を

  • 「来店契約」
  • 「Web契約」
  • 「郵送契約」

と言うように、契約方法を選択できる場合があります。

 

契約方法を「来店契約」を選択すれば契約やカードの受け取りが無人契約機からの受け取りになるので、郵送物を無くす事が出来るので、親や家族にばれる心配はありません。

 

使い方次第で親や家族にばれる

契約段階でばれなくても、利用中にばれてしまう事があります。

 

ひとつは、返済方法を「口座振替」「口座振込」などにしていると、通帳に記録が残ってしまうので、通帳を見られてバレると言う事があるので、返済方法を提携ATMからするようにしましょう。

 

二つ目は、あってはならない事ですが、返済遅れが原因でばれる事があります。返済が遅れるとまず、携帯に電話がかかってくるので、この段階で処理できれば何の問題もありませんが、連絡が取れないとなれば督促状が自宅に届いてバレると言うケースもあります。

 

もし、返済遅れが生じた時は、電話がかかってくる前に自分から電話を掛けるとか、かかってきた電話には必ず出るという事が重要になります。

 

お金を借りる癖が抜けない時はどうすべき?

お金を借りるという行為について、良い場合と悪く言われる場合があります。たとえば、住宅ローンやマイカーローン、教育ローンでお金を借りたとしても、誰も悪くは言いません。

 

しかし、キャッシングでお金を借りたり、友人からお金を借りて返せなかったりすると悪く言われます。

 

問題は借りる癖より返せない事

お金を借りる事より、返せないのが問題で、お金を借りる癖がついていても、返済が出来ていれば何の問題もありません。

 

普通の人は借金をしても、返済出来る額の借金しかしない人が大半ですが、借金を繰り返す人は、浪費癖のある人がほとんどです。中には本当に生活費の不足が原因で借金を重ねてしまう人もいますが、そういう人はあまり多くありません。

 

多くの人が返済を考えず、衝動的に「つい買ってしまった」とか「何とかなる」という理由で浪費をしてしまう人が多いようです。また、競馬やパチンコなどのギャンブルも同様で、借り癖のついた人は痛い目にあっても、一時的に反省はするものの、すぐに借りる事を考えてしまいます。

 

借りる癖を治すには

借金生活が続けられるという事は、何らかの形でお金が借りられる状況にある事が原因で、原因を断ち切らなければ、借りる癖は抜けないとも言えます。

 

お金を借りる癖を治すには、よほどの決心が必要で、少額の借入なら生活費を少し切り詰めるだけで解決しますが、簡単に返せないほどのお金を借りてしまうと、返済の為に新たな借入をするという、自転車操業に陥ってしまいます。そうなってしまうと、借金を返す事自体が難しくなり、債務整理をする事で解決するしか方法はありません。

 

信用情報機関の個人情報に金融事故を起こした事が記載されるので、新たな借入は一切出来なくなります。このように、借入が出来ないようにするのもひとつの方法で、債務整理をすると、5~7年間は、カードローンはクレジットカードも使えなくなり、住宅ローンや自動車ローンも組めなくなります。

 

債務整理をする事で借入先を遮断し、自分の収入だけで生活しなければならないので、今までのように足りないから借りるという生活は出来ません。そうする事によって、改めてお金の大切さもわかるのではないでしょうか。

 

結婚式代としてお金を借りるならどうすべき?

 

結婚式の費用と言ってもその内訳は様々で、地域性や結婚式の規模によって大きく変わってきます。結婚式の費用が二人で用意出来ればそれに越した事はありませんが、費用が用意できない時はブライダルローンで借りる事もひとつの方法です。

 

結婚費用をどうやって工面するか

結婚式の費用は原則前払いのところが多く、半分は自分たちの貯金でまかない、残りは親からの援助やご祝儀で、という方法が一番多いようです。

 

事前に費用を用意しなければならないので、自分たちの貯金以外は、事前に用意しなければなりません。不足分を補うためには「ブライダルローン」がおすすめです。

 

ブライダルローンとは

ブライダルローンは結婚にかかわる費用を賄うために組むローンで、結婚式だけにかかわらず、結婚する際に必要なお金が借りられます。

 

ブラダルローンは銀行や信用金庫、労働金庫、信用組合、クレジットカードなどで扱っています。融資限度額は借入先それぞれで違いますが、300万円~500万円、適用金利は3~15%が平均的で、融資額、金利は審査で決まります。

 

申し込み方法

ブライダルローンの申し込み条件は満20歳以上というのが基本条件で、未成年者の場合は親の名義で申し込む事になります。

 

申し込み条件としてそのほか「年収」「勤続年数」などで制限があります。「年収」については「前年度の年収がいくら以上」というように明確なところや、「安定した収入がある方」だけしか書かれていないところもありますが、勤続年数が長くても年収が少ない方や収入が安定しない方が審査に通るのは厳しくなります。

 

必要書類

基本的に必要な書類は、

  • ローン申し込み書
  • 本人確認書類(運転免許証や健康保険証、パスポートなどのどれか1点)
  • 結婚式費用の見積書、請求書、予約表)など
  • 収入証明書類(直近の源泉徴収票、給与明細書、課税証明書など)

が必要になりますが、申し込み先によって違いがあるので事前に確認しておく必要があります。

 

またブライダルローンは、理由目的を明確にする必要があり、挙式費用や新婚旅行の費用、新居への引っ越し費用など目的が限られているのでそれに関する見積書や請求書なども提出しなければなりません。

 

ブライダルローンを利用する時注意しなければならない事

「ブライダルローン」はあくまでもお金を借りているという事を忘れないようにする事が大切で、借りたお金の返済をどうするかも考えておく必要があります。「借りたらなんとかなる」という事ではなく、借りる前に「返済シミュレーション」などを利用して、借りた後の事も考えて利用する事が重要です。

 

個人同士でお金を借りることは危ないの?

最近インターネット上で「個人間融資サイト」をよく見かけます。

 

主に掲示板を使い、貸し手と借り手が掲示板を通じて連絡を取り合うという方法で、お金の貸し借りが出来るというものですが、多くの利用者は簡単に「借りたい」とか「貸したい」と書いていますが、これらの掲示板には「闇金業者」の書込みが多いので注意が必要です。

 

個人間融資の特徴

個人間融資は

  • 相手の素性を知ることなくお金の貸し借りが出来る。
  • 審査がないので、簡単にお金が借りられる。
  • 自己責任でお金の貸し借りをするので、人に迷惑が掛からない。

というような特徴があり、これらの条件をぱっと見たところなんの問題もないように見えます。

 

消費者金融や銀行で借りられなくなった人は、「何とかここで借りなければ」と思い、「危険ではないのか?」という心配などせずに、連絡をしてしまう人もいるようです。

 

個人間融資での貸し借りに違法性はない?

消費者金融や銀行カードローンは、貸金業者の登録をしていますが、個人間融資は貸金業の登録なしでもよいのか?

 

という事ですが、たとえば友人と旅行に行って小遣いが足らなくなりお金を借りるとか、飲み会でお金が足りなくなったのでその場で借りたという時のような個人間の貸し借りは違法ではありません

 

ですから、個人間掲示板も相手が知り合いという事にすれば問題はありません。ただ、お金の貸し借りには守らなければならない法律があります。

 

それが「利息制限法」という法律で、

  • 10万円以下は上限金利20%
  • 10万円以上100万円以下は上限金利18.0%
  • 100万円以上は上限金利15%

と決まっています。

 

お金の貸し借りをする時はこれ以上の金利設定をすれば法律で罰せられる事になっているので、個人間融資でもこの法律だけは守らなければなりません

 

個人間融資のトラブル

「闇金業者」の手口として、初めは低い金利で持ち掛けられますが、徐々に高利になり「トイチ」というように10日で1割の利息や「トゴ」のように10日で5割の利息で提案してきます。

 

お金を借りる時は、このような危ない橋を渡らずに、まずは正規の中小消費者金融で融資してくれるところを探す事をおすすめします。中小消費者金融は、大手で借りられなかった人や、ブラックの人でも貸付を行っているところがあるので、時間をかけて探せばきっと見つかるはずです。

 

恋人からお金を借りることはやっぱりダメ?

 

彼女や彼に「お金を貸してほしい」と頼まれた時、「困っているのなら」と簡単に貸してしまう人がいます。

 

しかし、お金を貸す時は身内であれ恋人であれ、お金を貸す事は注意が必要で、お金の貸し借りが原因で、人間関係に亀裂が生じたと言うトラブルになる事も多く、お金を借りなければならない時は、別の方法で工面する事を考えましょう。

 

なぜお金を貸してほしいのか

「恋人に頼まれたので何も言わずに貸してあげる」と決めているのなら貸してもいいですが、一度貸すとそのあと何度でも「お金を貸してほしい」と言われるようになる事もあるので、恋人同士だからと言って簡単にお金を貸すのは、やめておきましょう。

 

いつでも近くにいるから頼みやすい、という理由だけではなく、他にも理由があるかもしれません。身近な存在なら親や兄弟がいるでしょうし、一定条件が揃っていればキャッシングで簡単に借りることができます。なのに、そこから借りないで、あえて恋人から借りるというのは「何故だろう?」と不思議に感じるはずです。

 

もしかして、恋人の事を「金のなる木」と思っているのか、トラブルなどで他から借りる事ができない状況なのか、頼れるのは自分しかいないのだろうかなどと考えてしまいます。頼られた事は嬉しい事かもしれませんが、なぜ自分のところに借りに来たのかを聞いておきましょう。

 

貸す時は返ってこないものと思って貸す

お金について昔から言われている言葉に「金の切れ目が縁の切れ目」と言う言葉があります。恋人同士ならそんな事はないと思いたいのですが、お金が無くなった時は、人間関係が終わる時だと言われていることわざです。

 

恋人同士だから迷惑を掛けたくないと思うのが普通ですが、それをあえて貸してほしいと言われたので「よほど困っているのだろう」と思って、断れなくなってしまう事もあります。また、恋人同士だからいつ返してもらえるのかなど、なんの取り決めもせずに貸してしまい、返してほしくても返してもらえないという事もあります。

 

ですから、どんな理由であっても「お金を貸す時は返ってこないもの」「最悪別れる事になるかもしれない」という事を覚悟して貸す、という気持ちがないと貸してはいけません。恋人同士なら出来れば今後も関係を続け、ゴールを目指したいですが、相手がお金にルーズな人なら思い切って別れる事を考えた方がよいかもしれませんね。

 

債務整理後にお金を借りることは可能?

債務整理をした後や、債務整理中にお金を借りなければならなくなった時、大手消費者金融や銀行で借りる事が出来ません。

 

では、そんな時どうすればよいのかという事ですが、消費者金融には大手消費者金融だけでなく、地方で地元密着型の営業を続けている中堅消費者金融が有り、それらの中堅消費者金融が顧客対象としているのが、大手で借りられなかった人や、ブラックになっている人です。

 

これらの中堅消費者金融なら、お金が借りられる可能性は高いです。

 

大手消費者金融と中堅消費者金融の違い

大手消費者金融でも中堅消費者金融といってもそんなに大きな違いはありません。最近では中堅消費者金融も地元だけでなく、インターネットを使って全国からの申し込みを受け付けています。

 

ですから、申し込みをするために店舗へ出向く必要がなくなっているので、利便性から見ても、大手企業と中小企業にはさほど差はなくなってきています

 

大手と中堅消費者金融の違いは、借入れの際の審査方法です。大手消費者金融はコンピューターを使い、スコアリングシステムで審査を行い、融資が可能か、融資が可能ならいくらまで貸せるかという判断をわずか数分で出せるようなシステムを使っています。

 

たとえば、申し込み者の収入や年代や勤務状況などのデータが、これまで蓄積されたデータの中で、優良顧客のデータに近ければ、融資の可能性は高くなり、延滞を起こした事が有るような顧客のデータに近ければ、借入は厳しくなります。大手の審査方法はスピーディですが、マニュアル通り進められるので、データにそぐわなければ、その場で断られます。

 

生活費としてお金を借りることもできる?

お金を借りる方法として、身内や知人に頼む方法や、高額になると銀行で借りるなど、様々な借り方があります。中でもキャッシングは、手軽にお金が借りられる便利なシステムです。

 

利用目的で多いのが生活費の補てん

キャッシングは多くの人が利用しています。申し込みも簡単で、本人確認書類の運転免許証や健康保険証、パスポートなどが手元にあれば、すぐに申し込みができます。

 

キャッシングはフリーローンと呼ばれるように、利用目的を決める必要はありません

 

利用目的で一番多いのが、娯楽や生活費の補てんに利用する人が多く、総量規制の完全施行後は消費者金融で専業主婦の貸付は厳しくなっていますが、兼業主婦がいざという時のためにキャッシングの契約をしている人が増えています。

 

業者選択のポイント

キャッシングは消費者金融や信販会社、銀行などで申し込みができますが、何を目的に借りるのかが決まれば、キャッシング会社は探しやすくなります。

 

たとえば、「給料日前に財布の中身が心細くなり、今日明日中にお金が必要」とか「公共料金の支払いを明日中に済ませなければならないけどちょっと足りない」といった場合は、即日融資が可能な消費者金融系がおススメです。大手消費者金融ならすべてが即日融資で借りる事が出来ます。

 

また「今すぐ必要という訳ではないので、できるだけ金利を少ないところを選びたい」という場合は、銀行カードローンがおススメです。銀行カードローンは消費者金融より金利が低いという事がメリットで、メガバンクから信用金庫までほとんどがカードローンを扱っています。

 

高額融資を受けたい場合は、じっくりと時間をかけて、金利の低いカードローンを探す事がポイントです。

 

どれくらいまで借りられる?

「キャッシングで借りたくても、いくらまで貸してもらえるのか」というのが気になるところですが、限度額は審査によって決まるので実際は申し込みをしてみないと解りません。ただ、消費者金融は総量規制で貸付限度額は、年収の3分の1以内と決まっているので、それを越えた融資は受けられません。

 

銀行カードローンは総量規制の対象外になるので、年収制限による制限はありません。銀行カードローンの場合は審査に通れば年収に関係なく融資が受けられます。

 

銀行カードローンは消費者金融と比べて、審査が厳しくなるので、生活費の不足分を補う程度のお金なら、消費者金融で借りてもそれほど差はありません。
関連記事
銀行カードローンでお金を借りるのに向いているのは?
銀行でお金を借りるときの注意点

 

生活保護でもお金を借りることはできる?

生活保護を受けている方の中には「生活保護を受けていてもお金が借りられるのか」という事を考える人もいますが、結論から言うと、生活保護を受けている方は、基本的にキャッシングでお金を借りる事は出来ません。

 

生活保護者は審査が通らない

消費者金融や銀行カードローンでお金を借りる時は、審査を受けなければなりません。審査で重要なのは「お金を貸しても、返してもらえるのか」という確認をする事で、そのために、勤務先へ電話を入れて勤めているかどうかを確認します。

 

キャッシングでお金を借りるためには、安定した収入を得ている事が条件ですが、生活保護者は、何らかの正当な理由が有って働けないから、生活費の支給を受けているはずです。ですから、働いているという事が証明できないので、キャッシングでお金を借りる事は出来ません。

 

絶対に借りられないわけでもない

基本的にはお金を貸す側は「生活保護費以外の収入がなければ返済能力がない」と判断して、お金を貸してくれることはほとんどありません。

 

このため生活保護を受けている人は借金を出来ない、借金をしにくい状況にあります。ただ、生活保護を受けているからといって、お金の貸し借りが全くできないという訳でもありません

 

どうしても借りたい時どうすればよい?

キャッシング会社から絶対に借金ができないかというと、そうでもありません。実際に生活保護を受けていても「融資可能」という金融機関がいくつかあります。

 

ただ、注意が必要なのは、それらの多くが闇金融業者である可能性が高く、借金ができても法律で定められた以上の利子がつくこともあり、一度手を出すと自分の力だけでは解決できない状態に陥るので、闇金には絶対に使用しないでください。

 

どうしても借入が必要な時は、自分でどうにかしようと思わずに、まずはケースワーカーへ相談してみましょう。生活保護の担当者に「どうしてもお金が足りない」という事を伝えると、市町村役場にある社会福祉協議会の「生活福祉資金」でお金が借りられる事もあります。

 

ただし、借りたお金の返済は生活保護費以外のお金から返済しなければならないので、収入の100%が生活保護費で、それ以外に返済に充てる資産が存在しない世帯などの場合は、借入が出来ない事が多いようです。

 

ただし、生活費の半分は生活保護から、残りの半分はパートやアルバイトで、という世帯であれば、生活保護費外の収入によって返済できるので、場合によっては借入れの可能性が出てきます。また、事情や利用目的によって、生活保護100%の世帯でも福祉事務所で許可された例もあるので、まずは正直にケースワーカーに相談してみる事をおすすめします。

 

他社借入があってもお金借りれるの?

キャッシングを申し込む時、申し込みフォームに「他社借入」という項目があります。「他社借入」は申し込み先以外に、何件の会社から借入をしているのかを記入しますが、借入すべてを記入するわけではありません。
関連記事
おまとめローンを低金利で借りる!おすすめはズバリここ!その理由とは?
消費者金融VS銀行カードローンまとめるならどっちが良い?徹底比較!

 

他社借入件数にカウントされるのは

初めてキャッシングの申し込みをする方でも借入件数には注意が必要です。他社借入件数に含まれるのは、消費者金融やクレジットカード、銀行カードローンなどの借入先が「他社借入件数」になるので、クレジットカードのキャッシング枠を設定していれば借入件数は1と数えます。

 

ただし、無担保ローン以外の借入、例えば住宅ローンやマイカーローン、教育ローンなどはこの借入件数に含まれないので、カウントする必要はありません

 

嘘の記載をしてもすぐばれる

キャッシングの申し込みをする時、この借入件数が重要で、借入件数が多いと「複数の金融機関に申し込みみをしなければならないほど、追い込まれている」と思われてしまい、審査にも悪影響が出てきます。

 

既に複数社から借入をし、審査を受ける時に借入件数を少なく申告する人もいますが、すぐにばれてしまい、信用を落とす事になり審査に通る事はありません。

 

キャッシングの申し込みをしたリ、契約が出来れば信用情報機関の個人情報に「どこでいくらの限度額で借りた」と言う事がすべて記載されます。審査は申し込み書に記入した内容と、信用情報機関の個人情報を基に審査を行うので「借入件数」を誤魔化したとしてもすぐにばれてしまいます。

 

他社借入は何件まで大丈夫?

消費者金融でお金を借りる場合は、総量規制で年収の3分の1以内と言う制限があるので、借入件数が1社でもこの金額に近ければ、新たな借入は出来ません。

 

可能な借入件数は、年収や就業形態によって違ってくるので一概に何件とはいえませんが、一般的に言われているのが3件以上借りている場合、新たな借入が厳しくなります。

 

件数を減らす事も可能

消費者金融や銀行カードローンで新たな借入をする場合、借入件数が少ないに越した事はありません。借入件数を減らす方法として「ぷちおまとめ」と言う方法があります。

 

この方法は、現在利用中のキャッシング会社へ電話を入れて「借入件数を減らしたい」事を相談してみましょう。もしそれに応じてもらえれば、4件の借入件数を3件に減らす事も出来るので、新たな借入もできる可能性が出てきます。

 

お金借りたいけど審査通らないなら次に取るべき行動は?

キャッシングの審査に通る人と、通らない人が有ります。キャッシングの審査基準は公表されていないので、何が原因でそうなるのかははっきりとはわかりません。

 

ただ、審査に通らなかった人の口コミなどである程度、落ちた理由がわかります。落ちた理由が解れば、審査に通る方法も見えてきます。

 

審査に通らない原因は

審査に通らない最も多い理由が、申し込み書の記入ミスや記入漏れです。審査は対面形式ではなく、書類だけを見て審査するので、そこで間違いがあると、悪くすれば嘘をついていると誤解される場合もあります。

 

また、電話番号などの記入ミスがあると、連絡を取りたくても取れないので、審査結果が伝えられないという事もあります。申し込み書を提出する時は、再度確認して送信する事が重要です。

 

総量規制の制限である年収の3分の1までをすでに借りている

既に消費者金融で総量規制の3分の1までの融資を受けている人は、新たな借入は期待できません。繰り上げ返済などをしながら、借入残高を減らすように努力する必要があります。

 

また銀行カードローンは総量規制の対象外になるので、銀行カードローンへ申し込みをしてみるという方法もあります。

 

銀行カードローンの保証会社は同じグループ内の大手消費者金融が保証会社になっているので、例えばアコムへ申し込みをして断られた人は、三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」へ申し込みをしても、審査に通る可能性は薄いので、他のカードローへ申し込む必要があります。

 

債務整理をした

基本的に大手消費者金融や銀行カードローンは過去に債務整理をしたことがある人はまず審査に通りません。しかし、申し込み先を中小消費者金融まで範囲を広げれば、債務整理をした人でも融資が受けられるという可能性があります。

 

中堅消費者金融の融資対象は大手で借りられなかった人や、債務整理などをしたブラックの人でも融資しているところがあるので、大手で断れても借りられる可能性はあります。中堅消費者金融はインターネット申し込みが可能なところも増えているので、地域だけでなく全国からの申し込みを受け付けています。

 

他社借入件数が多い

既に4~5社からの借入をしている人は、新たな借入は期待できません。借入件数が多い人は、まず借入件数を減らす事を考えましょう。借入件数を減らす方法として、現在利用中のキャッシング会社の中で3社程度までまとめる事を考えましょう。

 

その方法は、現在借りているキャッシング会社へ電話を入れ「借入先を減らしたい」と申し出てみましょう。それに応じてもらえれば、借入件数が減らせるので新たな借入も可能になります。

 

産休中にお金借りたいならどうすべき?

産休中にお金が必要になり「どうしても借りなければならない」と言う時、どうすればよいか不安になりますが、お金を借りる方法はあるので心配する必要はありません。

 

専業主婦が借りるには

産休中は仕事をしていないので、お金は借りられないと思っている主婦もいますが、キャッシングは無職の専業主婦でも申し込みができるので、心配する必要はありません。

 

消費者金融で借りる

消費者金融は総量規制の制限で年収がなければ融資が出来ませんが、総量規制の対象外になる「配偶者貸付」が利用できるところなら申し込みができます。

 

ただ、「配偶者貸付」で借りるには、本人名義で申し込みができない事や、申し込みには配偶者の同意が必要になります。審査の在籍確認も配偶者にかかってくるので、あまりよい返事はもらえないようです。

 

また大手消費者金融のほとんどが大手消費者金融は「本人に収入がある事」が条件になっているので、現状は専業主婦が消費者金融でキャッシングすることは、厳しいと言えます。

 

ただ、この制度を取り入れている中堅消費者金融もあるので、絶対に借りられないという訳ではありませんが「配偶者の同意を得なければならない」というところがネックになっているようです。

 

安心なのは銀行カードローン

銀行カードローンは、銀行法が適用されるので、貸金業法の総量規制の影響は受けないので年収による制限はありません。

 

基本的に銀行カードローンも収入が有る事が条件となっていますが、専業主婦専用のカードローンを扱っている銀行もあり、それらのカードローンなら専業主婦でもキャッシングが可能です。

 

申し込み条件

専業主婦専用の商品は、配偶者に安定した収入があれば申し込みが可能で、必要書類は本人確認書類の運転免許証や、健康保険証、パスポートなどあれば申し込みが可能で、配偶者の所得証明書を提出する必要はありません。

 

自己破産後でもお金借りたいならどうする?

大手消費者金融や銀行はコンピューターを使い、スコアリングシステムという方法で審査を行います。スコアリングシステムとは過去に借入れをした人たちのデータから「融資が可能かどうか」という判断をするシステムです。

 

たとえば、これまで蓄積されたデータの中で、優良顧客のデータに近ければ、融資の可能性は高くなり、延滞などの金融事故を起こした事が有るような顧客のデータに近ければ、融資をしてもらえません。

 

大手の審査はマニュアル通り進められるので、少しでもデータにそぐわなければ、断られます。

 

貸金業法の改正以後は、大手消費者金融のほとんどが銀行グループの傘下に入った事で、大手消費者金融の審査が厳しくなり、無理な貸付はしないので、自己破産の経験をしていれば、まず借りる事は出来ません。

 

しかし、全国からの申し込みを受け付けてい中堅消費者金融なら融資の可能性もありますので、一度相談されると良いでしょう。

 

留学資金としてお金を借りたいなら?

「海外留学をしたいけれど、費用が調達できない」と言う場合、公的機関や銀行などでお金を借りる方法があるのでお金が無いからと言って、あきらめる必要はありません。

 

留学のためのローン

留学を目的として借りられるローンは、大きく4種類から選ぶ事になります。

 

  1. 国の教育ローン
  2. 日本学生支援機構の奨学金
  3. 教育ローン
  4. フリーローン

で借りられます。

 

国の教育ローン

日本政策金融公庫には学生の保護者向け、または社会人がお金を借りるためのローンがあります。

 

申し込み者は保護者になりますが、借入限度額は海外留学資金の場合一定条件を満たせば最大で450万円、年1.81%の固定金利(世帯状況により金利の優遇があります)。

 

融資対象となるのは、修業年限が原則6ヵ月以上で、大学、大学院(法科大学院など専門職大学院を含みます。)、短期大学、専修学校、各種学校、予備校、デザイン学校、高等学校、高等専門学校、特別支援学校の高等部、外国の高等学校、高等専門学校、短期大学、大学、大学院(原則6ヵ月以上の留学に限ります。)
その他職業能力開発校などの教育施設へ就学する事が条件になります。

 

「国の教育ローン」は他のローンに比べ低利ですが、融資条件が厳しいという面もありますし、に限定的な部分があります。

 

日本学生支援機構の奨学金で借りる

日本学生支援機構の奨学金は借与型と給付型がありますが、留学で奨学金を利用する場合は借与型になります。

 

第二種奨学金(海外)の対象になるのは

  • 勉学意欲がありながら、経済的理由により進学に困難がある。
  • 学位取得を目的として積極的に海外の大学に進学を希望する。
  • 海外の大学を卒業する能力を有することについて在学学校長の推薦がある。

海外留学の目的が、学位取得を目的としているので、留学先は大学、または大学院になります。

 

申し込み資格は、国内の高校や大学から海外の大学へ進学(入学又は編入学)を希望している人で、優れた資質を有し、経済的理由により修学に困難があると認められる人が対象になります。

 

奨学金は、留学している期間毎月一定額が借与されます。金額は留学先の学位によって違ってきますが、大学の場合は3、5、8、10、12万円の中ら選択できます。

 

一般金融機関の教育ローン

「国の教育ローン」や「財形ローン」の対象にならなかった場合は、一般金融機関の「教育ローン」を検討する必要がありますが、各金融機関によって融資条件が異なるので、それぞれのローンを比較検討してから借入先を決めるのがポイントです。

 

母子家庭でお金借りたいときにベストな選択肢は?

「母子家庭の人は審査に通りにくい」と書かれている事が有るようですが、母子家庭だからと言って審査が厳しくなるという事があるのでしょうか。

 

「キャッシングの申し込み条件に該当すれば問題なし」

一般的に、キャッシングの申し込み条件として「満年齢20歳以上の方で、安定した収入のある方」という一言が必ず付け加えられているので、収入があれば借入するのに何の問題もありません。

 

消費者金融の融資条件

消費者金融も2010年の総量規制で「融資限度額は年収の3分の1以内」と言うように、年収がなければ融資が受けられなくなっています。母子家庭の場合、ほとんどの母親が正社員やパートやアルバイトで収入を得ていると思えるので、収入がある事で審査が受けられない事はありません。

 

消費者金融の場合「年収の3分の1以内」と制限されているので、たとえば年収が300万円の方は最大で限度額100万円まで借りる事が出来ます。

 

銀行カードローンの融資条件

銀行カードローンのメリットは何といっても金利が低いというところです。ただ、金利を低く借りられる代わりに、審査が厳しいというデメリットもあります。

 

大手消費者金融に人気があるのは、銀行に比べて比較的審査は緩いところと言われていましたが、銀行カードローンは、消費者金融系の保証会社が審査をおこない、保証会社が保証する事で融資が受けられるので、審査はほとんど変わらないものになっています。

 

ただ、大手消費者金融の場合、正社員やパート、アルバイトというように就業形態が審査に影響する事は少ないですが、銀行カードローンの中には正社員でなければならないカードローンや、パートやアルバイトの場合、審査が厳しくなるというカードローンもあります

 

母子家庭でも安心して申し込み可能

キャッシングでお金を借りたい時、「母子家庭」だからといって審査に落とされる事はありません。女性の社会進出が当たり前になっている時代になってきているので、自分の力で生活費を稼ぎ、日々の暮らしをしている女性が増えています。

 

繰り返しになりますが、基本的にキャッシングは安定した収入が有れば申し込みが可能で、パートやアルバイトで生活をしていてもキャッシングの申し込みは可能なので、母子家庭と言う理由で審査に通らない事はありません。

 

日本政策金融公庫でお金を借りたいならどうする?

日本政策金融公庫は、個人事業主や中小企業に対して、積極的に融資を行っている事から事業を対象にした融資をしている事でよく知られています。
しかし、融資対象は事業者だけでなく、個人が申し込み出来る融資制度もあります。

 

教育ローンを利用する

日本政策金融公庫の教育ローンは、高校や大学、大学院、専修・各種学校などに通う際の費用として融資している教育資金のためのローンです。

 

教育ローンには銀行などの金融商品もありますが、日本政策金融公庫が貸し出している「国の教育ローン」は、公的融資として、他の金融機関より金利が低めに設定され、全国どの地域でも申し込みみやすいというメリットがあります。

 

大学などの学費を奨学金で賄うことを考えている方も多いのですが、奨学金は入学後に月払いで支給されるものが大半なので、入学前に納める初年度納付金が用意できない時は、入学前に受け取れて、奨学金との併用も可能な「国の教育ローン」を選択肢のひとつとして考えてみてはどうでしょうか。

 

現在、子どもの教育資金で困っている方なら、いつでも申し込めます。来春、進学する子どもがいる家庭は、入学費用が必要な日の3カ月前から申し込みが可能です。申し込みみから審査、融資の実行までは少し時間がかかるので、早めに申し込みする事をおすすめします。

 

年金を担保にお金を借りる

日本政策金融公庫の融資制度として「年金担保融資制度」があります。

 

この制度は、国民年金、厚生年金保険または労働者災害補償保険の年金を担保として融資することが法律で唯一認められた制度で、申し込みが出来るのは独立行政法人「福祉医療機構」と日本政策金融公庫になります。

 

利用目的は、保健や医療、冠婚葬祭、住宅改修、介護福祉、生活必需物品の購入などで必要な費用を、年金を担保に一時的に融資が受けられる制度があります。

 

融資条件は、国民年金証書や厚生年金保険年金証書などの年金証書を持っている方が対象で、融資限度額は10万円~200万円までの範囲内、生活必需品の購入は10万円~80万円の範囲で融資が受けられます。

 

返済方法は年金支給機関から直接、日本政策国民金融公庫に支払われる事になっていて、年金の支給は、年金支給額から返済額を差し引いた金額を 「返済剰余金」 として指定した預金口座に振り込まれる事になります。

 

土日祝日でもお金を借りることはできる?

土日や祝日にお金が必要になることが有りますが、手持ちのお金では足らないという時は、一時的にキャッシングで借りる事をおすすめします。

 

キャッシングで土曜日に借りて月曜日に返済すれば、借入金額で違ってきますが、ATMの利用手数料より安い利息で借りられます。

 

休日にお金を借りるには

すでにキャッシングの契約を済ませている人なら、土日や祝日でも、限度額の範囲内でカードを使って提携ATMからお金が引き出せるので心配ありません。

 

また、ネット銀行と提携しているキャッシング会社の場合も、申し込みみをすればいつでも口座へ振込をしてもらえるので、土日祝日でも安心です。

 

「土日や祝日にお金を借りたいけれど契約はまだ」という方も、大手消費者金融や銀行カードローンの即日融資で借りる事が出来ます。

 

確実に借りたいのなら無人契約機で

大手消費者金融や、一部の銀行は全国的に無人契約機を設置しています。

 

ほとんどの無人契約機は365日午前9時からおおよそ午後10時まで営業しているので、無人契約機から申し込みすれば土曜日や日曜日、祝日であっても即日融資でお金が借りられます。無人契約機から申し込みをすれば約1時間程度で審査が終わるので、契約が完了すれば、カードを受け取り提携ATMからお金を引き出せるようになります。

 

インターネット申し込みと無人契約機を併用する

インターネット申し込みは365日24時間いつでもどこからでも申し込みみが出来ます。休日前にパソコンや携帯、スマホを使ってインターネットから申し込みみを済ませ、仮審査まで終了させておきます。

 

仮審査を終えた後、休日に無人契約機へ出向き、無人契約機で本審査を受けて契約する方法なら時間を無駄にしなくても契約が出来ます。ネット環境が整っていない方でも、電話で申し込みを済ませておき、無人契約機へ行き、本審査を受けるという方法もあるので心配ありません。

 

時間外手数料より安い金利で借りられる

月曜日に返す予定で土日に借りても、キャッシュカードの利用手数料より安い利息で借りられます。コンビニATMの利用手数料は5万円の場合216円必要ですが、土曜日に5万円を借りて月曜日に返済すれば、金利はわずか50円で借りられます。

 

ATMの利用手数料が無料の消費者金融なら、キャッシングの金利のほうがはるかに安く借りられます。提携ATMの利用手数料が無料という消費者金融や銀行カードローンが有るので、そちらを利用すれば無駄な経費を支払う必要がありません。

 

お金を借りるトラブルに巻き込まれないために準備すべきこととは?

キャッシングは満20歳以上で安定した収入があれば、誰でもが手軽に申し込みができます。手軽に申し込みができるので、お金が足りない時はついつい頼ってしまう人も少なくありません。

 

しかし、手軽に借りられるという事が原因で、トラブルになる事もあるので、キャッシングの利用は注意が必要です。

 

最も多いのが返済トラブル

キャッシングを始めた頃は、お金の管理がしっかり出来ているので、トラブルなる可能性は少ないですが、少し慣れてくるとトラブルが起こりやすくなります。

 

トラブルで多いのが、「借りてしまえば何とかなる」と思って、返済できるめどが立たないのに借りてしまい、ついには返済が続けられなくなる事です。返済が出来なくなれば、新しいキャッシング会社へ申し込みをし、返済の為のお金を借りるという、いわゆる自転車操業に陥ってしまいます。

 

自転車操業で借りられるうちはまだよいのですが、いずれ借りて先がなくなり、解決するには「闇金」で借りるか、債務整理しかないという状況になってしまいます。

 

最も危険なのは闇金で借りる事

 

「闇金」はテレビドラマやコミック誌で知られていますが、実際のところドラマのように甘くはなく、一度かかわってしまうと、取立てや嫌がらせで精神的に落ち込んでしまい、冷静な判断が出来なくなっていきます。

 

闇金に手を出すと、自力で解決する事は不可能で、解決するためには、警察や弁護士などの法律家に依頼しなければ解決できない、という事態になってしまいます。
「闇金」に手を出すと、さらに状況が悪化するので絶対に手を出してはいけません。

 

債務整理も選択肢のひとつ

返済トラブルに陥ってしまった時は、債務整理を考えるのもひとつの選択肢です。債務整理は借金を減額したり、支払いを待ってもらったりする事で、借金生活から解放される手続です。

 

債務整理には、

  1. 過払い金請求
  2. 任意整理
  3. 民事再生
  4. 自己破産

という4つの手続があります。

 

手軽に行えるのが任意整理で、本人もしくは弁護士などが借金の減額や金利の引き直しなどを交渉することによって毎月の返済金額を減額してもらう方法です。任意整理をした結果、過払い金が発生していたという事が判明することがあります。

 

その場合は、払い過ぎていたお金を過払い金請求で取り戻すことができます。他の手続と違って、裁判所を通さずに貸金業者と交渉できるというメリットがあります。

 

返済トラブルに陥った時は、自分で何とかしようとせずに、専門の弁護士などに相談する方が賢明です。

 

まとめ

今日明日中にお金を用意しなければならない時は、大手消費者金融の「即日融資」を申し込むのが最も確実です。

 

貸金業法の改正後、プロミスアコムなどの銀行グループの傘下に入った大手消費者金融や、銀行に吸収された大手消費者金融など、以前あったような悪いイメージはなく、現在の大手消費者金融なら安心して申し込みが出来ます。

 

銀行カードローンは金利が低い事がメリットですが「即日融資」が可能な銀行カードローンは限られていますし、リスクを避ける為に銀行カードローンの中でも金利は高めの設定になっています。

 

「即日融資」に関していえば、プロミスアコムといった大手消費者金融でも銀行カードローンでもほとんど差が有りませんので、急ぎでお困りの方は活用してみることをおすすめしております。

 

職業別!お金を借りる方法

 

正社員がお金を借りる

カードローンなどの融資審査の際に金融機関が重視するのは貸したお金をきちんと返してくれる人物かどうか、という点です。それには収入の安定性が非常に重要となってきます。正社員の場合、安定した収入が毎月見込めますからカードローンなどの審査には通りやすいです。

 

ただし正社員といっても一律で同じ評価というわけではなく、やはり上場企業や有名企業のほうが評価が高くなります。注意したいのは勤続年数です。いくら正社員といっても、転職したての場合には審査に通るのが厳しい可能性があります。1年以上がベストですが、せめて少なくとも半年以上の勤続年数は欲しいところです。

 

 

派遣や契約社員がお金を借りる

非正規雇用である派遣や契約社員の場合、やはり職業の安定性ということでいいますと安定した収入が毎月見込める正社員と比べ、属性の評価は低くなります

 

正社員であれば、万が一病気や怪我などで会社を休むことになったとしても、基本給が最低限保証されていますが、非正規雇用の派遣や契約社員の場合にはそうした保証がありません。

 

また正社員であれば同じ職場にこれからも勤め続ける可能性が高く、それゆえ今後も継続して返済を続けていいけるだろうと判断できますが、派遣や契約社員の場合、契約期間がありますのでその保証もありません。そうした理由から、派遣や契約社員の場合には正社員と比べると属性評価が低くなるというわけです。

 

ただし属性の評価が正社員より低いからといってお金を借りられないわけではありません。安定した一定の収入がありある程度の勤続年数があれば十分借りられる可能性はあります。

 

お金借りたい時おすすめなのは消費者金融

今すぐお金借りたいときにおすすめなのは、銀行カードローンなどと比べて審査が早く、最短でお金を借りられるのは消費者金融です。少額で短期間の借入なのであれば特におすすめです。金利が高い印象がありますが、少額の借入であれば低金利なカードローンと比べてもさほど利息の差はありませんし、プロミスなど無利息期間のあるところもありますし、融資スピードが速いので即日融資を希望するという方にもオススメです。

 

高額の借入なら銀行カードローン

年収の3分の1を超えるような高額な借入であれば総量規制対象外である銀行カードローンがいいでしょう。金利も低金利ですから高額でおまとめローンとして長期な借入になるような方にはおすすめです。しかし、銀行カードローンは審査が厳しい印象がありますよね。確かになかには厳しいところもありますが、即日借りれて、審査なしとは行きませんが、融資を行っている銀行カードローンもあります。口コミなどを参照してそうしたところを選ぶようにするといいでしょう。

 

派遣社員は派遣会社の情報を記入する

申し込みの際には勤務先を記入する欄がありますが、派遣社員の場合、派遣元と実際に働いている場所に違いがありますよね。もし派遣元の連絡先を書いたとして、そこに在籍確認の電話がかかってきても本人はそこにはいませんが、在籍確認の電話は本人が「在籍はしているが不在である」ということの事実確認さえできれば完了なのです。詳しくは、在籍確認なしでお金を借りることはできる?を参照ください。

 

ただ、派遣会社に登録している人の数は非常に多く、また個人情報の観点から電話がかかってきたとしても在籍している事実をかんたんに公表しないところもあります。そのため派遣会社の在籍確認をクリアするには、事前に連絡がくることを伝えておくことです。カードローンなどというのが抵抗があるようでしたら、「クレジットカードを作るのでその在籍確認がある」などと伝えておきましょう。

 

 

公務員がお金を借りる

公務員がお金を借りるという場合、他の職業の方にはない方法があります。それは共済組合の貸付事業です。ひとくちに共済組合といっても地方職員や国家公務員、公立学校共済などさまざまな種類がありそれによって詳細が異なりますが、代表的な地方職員共済組合についてみてみましょう。

 

地方職員共済組合の融資を受ける

臨時の資金やマイホーム、医療費や結婚、出産などさまざまな種類の貸付け事業があります。

・普通貸付
自動車や家電などを購入するなど臨時の資金を必要とするときの貸付で、限度額200万円、返済期間は120月以内となっています。特筆すべきはその金利で、貸付け金利率はなんと年2.66%となっています。

 

・住宅貸付
住宅を新築、増築、改築し、修理しもしくは購入し乳宅の敷地を取得するため臨時に資金を必要とするときの貸付で、限度額は組合に加入している期間によって上限が決まってきます。返済期間は360月以内で貸付利率は年2.66%です。

 

・医療貸付
組合員又はその被扶養者の療養により資金を必要とするときの貸付で、限度額100万円、返済期間120月以内で金利は年2.66%となります。

 

・葬祭貸付
葬祭により資金を必要とするときの貸付で、限度額200万円、返済期間は120月以内で金利は年2.66%となります。

 

挙げたのは一例ですが他にも様々な貸付があり、一般の業者と比べるとかなり有利な金利設定になっています。目的が決まったある程度まとまった額の借入であればまず間違いなくこちらがおすすめですが、日数もかかりますし手軽な借入ではありませんので、その点は注意しましょう。

 

便利なのはやっぱりカードローン

急ぎの借入や手軽な借入の場合、便利なのはやはりカードローンです。公務員であれば属性評価は高いですから、審査が通らないということはあまり考えられないですし、低金利な銀行カードローンを検討するのもいいでしょう。また、急ぎでお金借りたいなら審査の速い消費者金融がおすすめです。

 

公務員の場合にはこのように選択肢が多い分、お金を借りる目的やいつまでにお金が必要なのか、そうしたことを加味してどこで借りるのがベストなのかを考えましょう。

 

 

学生がお金を借りる

学生でもお金を借りることは可能です。学生がお金を借りる場合には次のような方法があります。

 

学生ローンを利用する

学生ローンは学生専用のローンであり、アルバイトなどで収入があり学生証があれば無担保・保証人なしで借りることができるため学生にとって非常に便利なローンです。小規模の貸金業者になりますので借りられる額も学生向けということで限度額は低めです。最高でも50万円程度というところが多くなっています。

 

カードローンなどと同様、一般的に年齢は20歳からのところが多いですが、なかには18歳、19歳など高校卒業後の大学生が利用できるようなところもあります。

 

申し込みはインターネットからが主流となっており、融資方法は振込または来店となっているケースが多いです。ただし、大手のカードローンのように店舗展開をしているわけではありません。また返済についても振込や来店してATMを利用するなど、コンビニATMで手軽に返済できる大手カードローンなどと比べると利便性は劣ります。
関連記事
学生ローンVSカードローン、学生がお金を借りるならどっちが良い?徹底比較!

 

キャッシングやカードローンを利用する

一般の消費者金融などのカードローンでも、アルバイトなどで収入があれば学生でも利用が可能なところは多いです。サラリーマンなどと比べますと審査は厳しくなってしまいますが、ネットで手続きが完結するなど利便性の高さは非常に魅力的です。特に大手の消費者金融は融資スピードも速いので、急ぎでお金が必要な方にはおすすめです。

 

お金借りたいけど、銀行カードローンは厳しい?

銀行カードローンは低金利ですし、何より銀行の貸付ということで安心感がありますが、銀行によっては学生不可としているところもあります。申し込み前に利用条件をしっかりと確認しておきましょう。審査は消費者金融などと比べてさらに厳しくなりますが、口コミを見てみますと借入に成功している学生もいるようです。しかし、短期借り入れなら大手の消費者金融の方がおすすめです。

 

主婦がお金を借りる

主婦がお金を借りる場合には、「パートなどで自身に収入のある主婦」の場合と「自身に収入のない専業主婦」の場合とで借りられるところが違ってきます。

 

無職ではない、パートなどで自身に収入のある主婦

パートやアルバイトなどで自身に収入のある主婦の場合には、ご自身の収入によりお金を借りることができます。ただし消費者金融など貸金業者からお金を借りる場合には総量規制がありますので、自身の年収の3分の1までしかお金を借りることができませんから注意してください。

 

カードローンのなかにはパート・アルバイトでも申し込みますとしているところはわりとあります。急ぎで借りたいという場合にはやはり大手消費者金融がおすすめです。WEB完結で誰にも知られずにお金を借りることもできます。

 

また「できれば金利が低いほうがいい」「消費者金融は少し抵抗がある」などという場合には、銀行カードローンという手もあります。銀行カードローンは基本的には審査が厳しいですが、なかには審査が柔軟であったり、融資に積極的な銀行もありますのでそうしたところを選ぶようにするといいでしょう。

 

自身に収入のない無職の専業主婦

自身に収入のない専業主婦の方の場合にはほとんどの消費者金融では貸付自体を行っていません。そのため、専業主婦がお金を借りられる可能性があるのは銀行カードローンとなります。配偶者に安定収入があれば、限度額は30万円や50万円までと低めではありますが、専業主婦でも借入は可能です。

 

ただし、すべての銀行カードローンで専業主婦への貸付が可能なわけではありません。銀行によっては専業主婦NGのところもありますので、銀行カードローンの利用条件を確認しましょう。

 

より詳しくは:専業主婦でもお金を借りることはできる?を参考

 

女性がお金を借りる

女性がお金を借りる場合、特に初めてお金を借りるという方の場合にはいろいろと抵抗がある方もいらっしゃるでしょう。申し込みに際していろいろ相談したいことがある場合でも、電話応対が男性オペレーターだと緊張してしまいいろいろ相談しにくい…なんてこともあるかもしれません。そうした方におすすめなのが、レディースキャッシングです。

 

レディースキャッシング

レディースキャッシングというのは基本的に通常のキャッシングと内容は変わりません。電話対応が女性オペレーターになっているため女性がキャッシング利用をしやすくなっています。レディースキャッシングのサービスを提供しているのはごく一部の消費者金融や銀行カードローンですので希望する方はそうしたサービスを提供しているところを選びましょう。

 

 

個人事業主がお金を借りる

個人事業主でも安定した収入があれば借入は可能です。ただし、個人事業主の方がお金を借りる場合には、資金使途によって借入可能なところが違ってきます。個人利用の場合と、事業性資金としての借入の場合です。

 

一般の個人向けカードローンを利用

個人向けカードローンの場合には、事業性資金の利用が不可なのものと資金使途がまったく自由なものとがあります。

例えば大手消費者金融のカードローン、プロミスの場合には、フリーキャッシングの資金使途について「生計費に限ります。(ただし、個人事業主の方は、生計費および事業費に限ります)」となっており、個人向け融資の範囲内で事業費としての利用も認められていることがわかります。使途について特に規制がない場合には、限度額の範囲内で事業性資金としての利用も可能と考えていいでしょう。

 

一方で、利用条件に「事業性資金は利用できません」と書かれているところも少なくありません。銀行カードローンはそうした記載をしているところが多いですね。この場合には、個人事業主の利用は可能なものの、事業性資金としては使えず、個人向け利用のみということになります。

 

個人事業主・自営者専用のローン

個人事業主の方が事業性資金としてお金を借りる場合には、大手消費者金融などで用意されている自営者専用のローンを利用するといいでしょう。金利については一般のカードローンと変わらない程度ではありますが、事業性資金としての借入になりますと総量規制の対象外となりますので借入額の法的な規制は受けません。総量規制というのは個人向け貸付に対して規制されるものだからです。

 

日常生活で「思ってもいなかった事で出費があり、給料日まで財布のお金だけでは足りない」という事は誰もが経験していると思いますが、そんな時に利用したいのが、カードローンです。

 

カードローンの即日融資なら、申し込みをしたその日にお金が借りられるので、今すぐお金が必要と言った時でも心配する事はありません。ただ、即日融資を受けるには、誰が申し込みをしても借りられるというものではなく、それなりの条件があります。

 

注意が必要なのは、慌てて申し込みをしてしまい、後悔する事もあるので、いくら急いでいると言っても業者を選ぶ時は、慎重に選ばなければなりません。